08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

今週は、コレ!    《 SEIKO BUJINESS-A 》    (2017年8月14日) 

8月14日

毎週、月曜日に着け変えている腕時計。
今週は、こちら。

      SEIKO BUJINESS -A01

SEIKO BUJINESS-A


SEIKOの自動巻き腕時計です。


高度成長期の昭和のビジネスマン向けに
1965年より製造を開始した腕時計です。
シンプルで重厚、派手さなないけれど当時の多忙なビジネスマンの
良き相棒として活躍してくれていたのでしょう。

実は、この腕時計。
私の父親から譲り受けたもの。
 
『譲り受けた』言えば、聞こえが良いけれど
純正の金属ベルトが壊れてしまって、
箪笥の引き出しの奥に埋もれていた腕時計を
『 要らないなら、頂戴! 』って貰ったモノ。

さすがに年季が入っている。


時刻合わせの時も、ちょっぴり硬くて
長針、短針の動きもシブい。

さらには、文字盤にも何ヶ所かの変色もある。


多分、手元に来たのは20年以上前?

      SEIKO BUJINESS -A02


久しくご無沙汰していた腕時計。

      SEIKO BUJINESS -A03



ケース裏蓋は至ってシンプル。

      SEIKO BUJINESS -A04

個体のLot No.だけがはっきりと認識出来る。



以前の職場でスーツ姿で通勤していた時は
良き左腕の相棒でした。


久しぶりに腕に装着してみます。

      SEIKO BUJINESS -A05


      SEIKO BUJINESS -A06


さすが、日本の高度成長期と共に歩んできた腕時計。
昭和の雰囲気満載。

昭和生まれの父親の時計を
昭和生まれの息子が腕に巻く。


『 俺も頑張る! 親父も頑張れ! 』





2017/09/07 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第114作目 (2017年8月11日) 

8月11日  公休日

犬服作りの師匠である 豆ミルク さんに犬服作りを誘われ
この日、3着の犬服作りにチャレンジ。
その3着目になります。

生地の裁断からスタートすると、色々と時間も掛かるし、
あれやこれやと道具も必要なため、事前準備。
生地を身頃まで仕上げて、リブ生地をカットしておきます。


今回は、こちらのタンクトップを びいすけ のタンクトップにリメイクします。

      20170811犬服11301


大胆に解体したら、型紙を当てて生地取りをします。
先ずは、後ろ身頃から。

型紙を当てて、マチ針で仮固定したら、チャコでマーキング。

      20170811犬服11302

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて前身頃。
同じように型紙を当てて、マチ針で仮固定したらチャコでマーキング。

      20170811犬服11303

チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。


生地取り完了。

      20170811犬服11304



こちらが後ろ身頃。


      20170811犬服11305



そして前身頃。

      20170811犬服11306




ミシン作業に取り掛かりましょう。

前身頃と後ろ身頃を縫い合わせます。
先ずは、胴部分の縫い合わせ。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11307



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11308



続いて肩部の縫い合わせ。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11309



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11310



前身頃と後ろ身頃の縫い合わせ完了。
身頃の出来上がりです。

      20170811犬服11311



次なる工程はリブ作り。
リブはこちらの色を使いましょう。

      20170811犬服11312



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法18cm だから
    リブ寸法は16cmに
袖口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は13.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法34cm だから
    リブ寸法は30.5cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170811犬服11313

ここまでが、自宅での下準備。
この後の工程は師匠宅での予定でしたが
他の2着で悪戦駆動している状態を見かねた師匠が

『貸して〜!』っと手に取り、ロックミシンを取り出し
ちゃちゃちゃ〜っとリブを仕上げてくれました。

あっと言う間に完成です。。

      20170811犬服11318


      20170811犬服11319


      20170811犬服11320


流石、師匠です。
リブの仕上がりも見事です。



自宅に戻ってからの試着と撮影会(?)

      20170811犬服11314


      20170811犬服11315


      20170811犬服11316


      20170811犬服11317



やっぱり、腕の差ってこう言う所に出ちゃうんだなぁ。
一応、リブ付け前までは担当したから、私が作った事にしちゃおう...............(笑)




2017/09/06 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第113作目 (2017年8月11日) 

8月11日  公休日

犬服作りの師匠である 豆ミルク さんに犬服作りを誘われ
この日、3着の犬服作りにチャレンジ。
その2着目になります。

生地の裁断からスタートすると、色々と時間も掛かるし、
あれやこれやと道具も必要なため、事前準備。
生地を身頃まで仕上げて、リブ生地をカットしておきます。



今回は、こちらのタンクトップを びいすけ のタンクトップにリメイクします。

      20170811犬服11401


大胆に解体したら、生地取り。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙をあてて、マチ針で仮固定したらチャコでマーキング。

      20170811犬服11402

チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。


続いて前身頃。
同じように型紙をあててチャコでマーキング。

      20170811犬服11403

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



生地の裁断完了。

      20170811犬服11404



こちらが、後ろ身頃。

      20170811犬服11405



こちらが、前身頃。

      20170811犬服11406


それではミシン作業に取り掛かります。

前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
胴の部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11407



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11408



続いて、肩部の縫い合わせ。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11409



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11410



前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃の完成。

      20170811犬服11411



続いて、リブ作り。
今回は、こちらのリブを使いましょう。

      20170811犬服11412



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法18cm だから
    リブ寸法は16cmに
袖口 縫い合わせ寸法14cm だから
    リブ寸法は12.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法31cm だから
    リブ寸法は28cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170811犬服11413

ここまでは、自宅での作業。


下準備は万全。
身頃とカットしたリブ生地を持参して、師匠宅での作業の続きです。


リブ生地の端を縫い合わせて輪っかを作ります。

      20170811犬服11414



輪っかも完成。

      20170811犬服11415



いよいよリブの縫い付け作業です。

先ずは襟口から。
リブ生地をマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11416



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11417



さらには、袖口のリブも縫い付けます。

マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11418



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11419



襟口と袖口のリブ付け完了。

      20170811犬服11420

残すは裾周りのリブ付け。


苦手な裾周りのリブ付けですが
一気に片付けちゃいましょう。

リブを引っ張りながら伸ばし気味にしてマチ針で仮固定。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11421



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11422



最後に裾周りのリブの浮き上がり防止用に
表面からリブの周囲を直線縫いでぐるっと一回り。

      20170811犬服11423

これでミシン掛けも終了。

すなわち完成です。

出来上がりはこんな感じです。

      20170811犬服11424


      20170811犬服11425


      20170811犬服11426



自宅に戻ってから、恒例の試着と撮影会(?)。

      20170811犬服11427


      20170811犬服11428


      20170811犬服11429


      20170811犬服11430



夏らしい涼しげな色合いとなりました。
リブの色をライトグレーにして大正解かな...............?








2017/09/05 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第112作目 (2017年8月11日) 

8月11日  公休日

この日は、元々は私の犬服作りの師匠である豆ミルクさんに会いました。
って言うか、びいすけ の犬服を作って頂き、
その受け渡しついでに北総のドッグランに行き、
さらには、その後で犬服を作りましょうって言うことになりました。


そんな話が、前夜(8月10日)に決まったモノだから、
朝早くから、下準備。
生地を裁断して、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃状態にして
その寸法に合わせてリブ生地を切っておけば、作業もしやすくなる。
わざわざミシンを持ち込まなくても良いんじゃない?

そんな計画で朝早くから下準備。


今回は、こちらのシャツを
びいすけ のタンクトップにリメイクいたします。

      20170811犬服11201


大胆に解体したら、型紙を当てて生地取りです。

先ずは、後ろ身頃。
型紙をマチ針で固定したら、チャコでマーキング。

      20170811犬服11202

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。
同じように、型紙をマチ針で固定したらチャコでマーキング。

      20170811犬服11203

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



生地取り完了。

      20170811犬服11204



こちらが後ろ身頃。

      20170811犬服11205



こちらが前身頃。

      20170811犬服11206



それではミシン作業に取り掛かりましょう

前見頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
胴部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11207


ほつれ防止のジグザグ縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11208



続いて肩部の縫い合わせ。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11209



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11210


前身頃と後ろ身頃の縫い合わせも完了。

      20170811犬服11211


タンクトップの形も出来上がり。
次なる工程はリブ作り。

今回はこちらのリブを使います。

      20170811犬服11212


リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法18cm だから
    リブ寸法は16cmに
袖口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は13.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33cm だから
    リブ寸法は30cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170811犬服11213



とりあえず、自宅での作業はここで終了。

身頃とカットしたリブ生地を持参して師匠の家でのミシン作業。
師匠のミシンをお借りしてのリブ作りです。

リブ生地の端を縫い合わせて輪っかを作ります。

      20170811犬服11214



輪っかも完成。

      20170811犬服11215



それではリブを縫い付けていきましょう。

先ずは、襟口のリブ。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11216



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11217


続いて袖口のリブ付け。

まち針で仮固定して、直線縫いでカタカタカタ。
ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11218



襟口と袖口のリブ付けも完了。

      20170811犬服11219

残すは裾周りのリブ付け。



リブを伸ばし気味にしてマチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11220



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11221



最後にひっくり返して表面。
リブの周りを直線縫いでぐるっと一回り。

      20170811犬服11222

これで「ミシン作業も終了。



出来上がりは、こんな感じです。

      20170811犬服11223


      20170811犬服11224


      20170811犬服11225



自宅へ戻ってからの試着です。

      20170811犬服11226


      20170811犬服11227


      20170811犬服11228


      20170811犬服11229


とりあえず、これで 犬服作り 第112作目 完成です。











2017/09/04 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

いただきもの  (2017年8月11日) 

8月11日 公休日


ダックの飼い主であり、私の犬服作りの師匠でもある豆ミルクさんに
びいすけ の服を作ってもらいました。

それも2着も作って頂き、恐縮いたします。


1着目がこちら。
タンクトップです。


ダックの型紙を使い、私のこのblogを見て
リブの寸法から、びいすけ のサイズを推測して
裁断してくれたようです。

      20170811頂き物07


さすが!
裾周りのリブの仕上げが...............

お見それいたします。

      20170811頂き物08


      20170811頂き物09



ダック家での試着。

      20170811頂き物10

ぴったりです。






続いて2着目。


袖付きの服。

      20170811頂き物01



今まて、袖付きってラグラン袖しか作ってないから
このデザインはとても新鮮に感じます。


そして、お茶目な柄の生地。

      20170811頂き物02



当初は生地が余っている(?)から、生地要ります?
って言う話だったんですが、
話が進んで服を作ってくれると言うことになっちゃいました。

      20170811頂き物03


やっぱり、裾周りのリブの仕上げが...............
さすが師匠です!


ダック家での試着。

      20170811頂き物04


      20170811頂き物05


      20170811頂き物06

これまた、ぴったりです!








    

自宅に戻って、改めて試着と撮影会(笑)

      20170811頂き物11


      20170811頂き物12


      20170811頂き物13


      20170811頂き物14


      20170811頂き物15


      20170811頂き物16


      20170811頂き物17


      20170811頂き物18



本当にお尻のラインって言うか、裾周りのリブが綺麗に仕上がっていて、
キュッとリブが締まっていて、プルプルプル〜っと体を震わせても
ぺろんチョッと捲れ上がらないから良いなあ。

やっぱり、リブ付けはこうでなくっちゃ!





ありがとうございました。




2017/09/03 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北総花の丘公園ドッグラン   (2017年8月11日)(千葉県印西市) 

8月11日 公休日

個人的な連休2日目。

世間では、『山の日』で祝日。
私が子供の頃と比べると、祝日の数も増えたし
強引に連休になるように、毎年祝日が移動したりで
土日祝日に関係ない仕事をしていると
もう分からなくなってきます。

無理やり作った祝日ですが、
お盆休みのスタートの日でもあります。

朝から高速道路は大渋滞で、こんな時は近場にいるのが正解です。
ましてや、曇りのち雨って言う天気予報だからね。


渡すモノと戴くモノがあるから、
この日は雨が降る前に、ダック家と北総のドッグランに出掛けました。

ドッグランに向かいハンドルを握っていると
フロントガラスにポツリ、ポツリ。
霧雨のような雨が降っては、止む。

連休初日ですが、ドッグランには先着のワンちゃんは3頭。
さすがに雨が降るんだか?降らないんだか?微妙な天気で
足踏みしちゃった人も多いんじゃないかな?


びいすけ は、いつものようにフェンス周りの徘徊から始まり...............

      20170811北総01



そして、ドッグラン内の徘徊となります。

      20170811北総02


最近の びいすけ にとっては、一番良く会うビーグルなんだけど
なぜか? 絡まない。

      20170811北総03


      20170811北総04


      20170811北総05



久しぶりのダック。

      20170811北総06


元気してた?

      20170811北総07



最近の びいすけ にとっては、一番良く会うビーグルなんだけど
なぜか? 絡まない。
お互いが意識しないんだよなぁ。

      20170811北総08


勝手気儘にドッグラン内を徘徊する2頭。

      20170811北総09




この黒い子が びいすけ をロックオン?

      20170811北総10


確か2歳ぐらいの女の子。

      20170811北総11

でも、びいすけ とは絡まなかったなぁ。


この子も びいすけ をロックオン。

      20170811北総12



かなり びいすけ の事をお気に入りの様子。

      20170811北総13


びいすけ も匂いを嗅いで、一応気にはしている模様。

      20170811北総14


      20170811北総15



何度かお会いしている柴犬の りゅう君。

      20170811北総16

仲良く並んだ(?)2頭の後ろ姿。


同じ場所を見ているのか?
表に回ってみると、そうでもない(笑)。

      20170811北総17







そこへ、再び先ほどのワンちゃん登場。

      20170811北総26


      20170811北総18



『 遊ぼう! 』と誘ってくれますが...............

      20170811北総19



あさっての方向を見つめている びいすけ 。

      20170811北総20




業を煮らしたワンちゃん、びいすけ に近寄ります。

      20170811北総23



どうやら、びいすけ に乗り掛かりたいようです。

      20170811北総24



負けずと、 びいすけ も応戦。

      20170811北総21


      20170811北総22


      20170811北総27


      20170811北総28


      20170811北総29

久しぶりに びいすけ のわんプロを見ることが出来ました。






一方のダック。

      20170811北総30




今日は調子が悪いのか?
はたまた、お初のワンちゃんとの相性が悪いのか?

      20170811北総31

目が泳いでない?(笑)


こうなっちゃうとちょっとヤバイよね。

      20170811北総34



飼い主の元へ速攻ダッシュ。

      20170811北総25


 
さらには.................   

      20170811北総32


      20170811北総33


こうなっちゃうと、ちょっとヤバイ。
ドッグランが苦手になっちゃうと大変。

ちょうど時間も1時間。
びいすけ も帰りたいモード全開。

      20170811北総35


雨が降らないうちに、撤収することにいたしました。



ダックゴメンね。洋服を渡すついでにドッグランに来たんだけど、
ダック7歳最後(?)のドッグランは悲惨な思いをさせちゃったかな?






2017/09/02 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第111作目 (2017年8月10日) 

8月10日 公休日


この日は、犬服作りにチャレンジ。
この日2着目に取り掛かかったのは、 びいすけ 用のラグラン袖の服。

とは言っても、知り合いのビーグル犬 ダック とお揃いの服にチャレンジ。
生地から2着分を裁断して、同じように縫い合わせ
リブの色違いにしてみます。


前身頃と後ろ身頃を縫い合わせた上に
両袖を縫い付け、ラグラン袖服の形は出来上がり。

一応、 びいすけ の仮試着。

      20170810犬服11101

問題は無さそうなので、リブ作りに入りましょう。


リブは、ライトグレーにします。

      20170810犬服11102



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は13.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法31cm だから
    リブ寸法は28cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170810犬服11103



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて輪っかを作ります。

      20170810犬服11104


輪っかも完成。

      20170810犬服11105



それでは、リブの取り付けに入りましょう。

先ずは、襟口のリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11106



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11107



続いて、袖のリブ付け。

マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11108



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11109



襟口と両袖のリブ付け完了。

      20170810犬服11110

残すは、裾周りのリブ付けのみ。


苦手なのは百も承知。
気合いを入れて仕上げちゃいましょう。

リブ生地を引っ張り気味に気持ち伸ばして
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11111



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11112



最後に表面から、リブの浮き上がり防止用に
リブの周りをぐるっと一回り、直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11113



これでミシン作業も終了。

すなわち、完成です。

      20170810犬服11114




出来上がりは、こんな感じです。

      20170810犬服11115


      20170810犬服11116


      20170810犬服11117



2着並べてみました。

      20170810犬服11118

上がダック用。リブを水色にしています。
下が びいすけ 用。リブはライトグレー。




恒例(?)の試着。

      20170810犬服11119


      20170810犬服11120


      20170810犬服11121


      20170810犬服11122

今回は、パンダ柄。
こう言ったキャラ物って言うか、
動物柄も見た目が可愛いくて
オシャレに感じます。

動物柄に拘っちゃおうかな...............?


2017/09/01 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第110作目 (2017年8月10日) 

8月10日 公休日

個人的な連休初日。

この日は、茨城県の方に遠征でもしようと思っていましたが
朝5時の散歩の時に、ポツリポツリと冷たいものが顔に当たった。
自宅に戻り天気予報を見たら、どうやら天気はイマイチのようです。
外出は諦め、二度寝を決め込み昼近くまで爆睡。

午後からは急に思い立って、犬服作りにチャレンジです。


以前、日暮里の生地屋で購入したジャガードニットの生地。
ちょうど1m分買ってきたモノ。

      20170810犬服11001

この生地を使って、 びいすけ と ダック用のラグラン袖のシャツを作りましょう。


犬服作り、その第110作目。
ダック用のラグラン袖服となります。


型紙は びいすけ 用を共用。

先ずは後ろ身頃から。
生地にマチ針で型紙を仮固定したら、チャコでマーキング。

      20170810犬服11002

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて前身頃。

同じように型紙をマチ針で仮固定したら
チャコでマーキング。

     20170810犬服11003

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



さらには、両袖。
同じように型紙をマチ針で仮固定。
そして、チャコでマーキング。

      20170810犬服11004

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


これを2着分行います。

生地取り完了。

      20170810犬服11006



こちらが、後ろ身頃。
2着分。

      20170810犬服11007


      20170810犬服11008



こちらが、前身頃。
やはり2着分。

      20170810犬服11009



そして両袖。
当然、2着分。

      20170810犬服11010



それでは、ミシン作業に取り掛かりましょう。

先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
胴の部分を合わせてマチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11011



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11012



続いて、袖作り。
袖用の生地の端を縫い合わせて筒状にします。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11013


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11014



出来上がった筒状の袖を身頃に縫い付けます。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11015



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11016

ここまでの作業を2着分行います。


袖を縫い付けたら、形はほぼ出来上がり。

      20170810犬服11017



続いて、リブ作り。

ダック用には水色のリブを使いましょう。
( びいすけ用は、別記事で載せましょう。)

      20170810犬服11018


      20170810犬服11019



リブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      20170810犬服11020



輪っかも完成。

      20170810犬服11021



いよいよ、リブ付け作業です。

先ずは、襟口のリブ付けから。
輪っか状のリブをマチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11022



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11023



続いて、両袖のリブ付け。
リブをマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11024



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11025



襟口と両袖のリブ付け完了。

      20170810犬服11026

残すは、裾周りのリブ付け。

裾周りのリブ付けは苦手ですが、一応人に渡すモノなので
苦手なんて言ってられません。
リブを伸ばし気味に引っ張りながら、マチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタ。

ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。
(緊張していたのか? 裾周りのリブ付け作業の写真を撮り忘れていた...............。)

最後にリブの浮き上がり防止用に
表面からリブの周りをぐるっと直線縫いで一回り。


ミシン作業も無事終了。
すなわち、完成です。


出来上がりは、こちら。

      20170810犬服11027


      20170810犬服11028


      20170810犬服11029







8月11日。
ダック家にて試着。

      20170810犬服11030


      20170810犬服11031


      20170810犬服11032


なかなか良いんではないかい?


まぁ、8月13日がダックの誕生日だから
誕生日のプレゼントに間に合ったから良かったぁ。






2017/08/31 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第109作目 (2017年8月9日) 

8月9日

8月10日〜11日は、個人的な連休。

すなわち、この日は個人的な休日前夜。
この日、16時に仕事を終え、帰りに日暮里の生地屋に寄って
リブ生地を買ってきた。
意外にリブ生地って結構無くなるのか早い。


自宅に戻って、犬服を1着作り終えると
テンションは乗ってくる。

勢いに任せて、犬服作り その第109作目にチャレンジです。


以前、びいすけ 用の服を作る時に、失敗した時の為に
2着分裁断した生地が有りました。
手付かずのままにしていたんですが、
今回、知り合いビーグル犬ダック用の服として仕上げましょう。
タンクトップに仕上げます。

体型は、ほぼ近いから(ダックの方が多少小さい。)
びいすけ の昔の型紙から裁断しましたが、問題はないでしょう。


こちらが、後ろ身頃。

      20170809犬服10901


こちらが前身頃。

      20170809犬服10902



後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて、身頃にします。

先ずは、胴部分からの縫い合わせ。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10903


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10904



続いて、肩部分の縫い合わせ。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10905



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10906


前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃の完成。

      20170809犬服10907

この時点でタンクトップの形は、ほぼ出来上がり。



続いて、リブ作り。

せっかく同じ生地を使ってお揃いのタンクトップを作るわけですが
リブの色を変えて、一味違ったものにいたしましょう。

びいすけ は黄色のリブにしましたが
ダック用には、水色のリブを使ってみましょう。

      20170809犬服10908



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法19cm だから
    リブ寸法は17cmに
袖口 縫い合わせ寸法14.5cm だから
    リブ寸法は13cmに
丈裾 縫い合わせ寸法35.5cm だから
    リブ寸法は32cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170809犬服10909



リブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      20170809犬服10910



輪っかも完成。
  
      20170809犬服10911



それでは、リブ付けです。

先ずは、襟口から。
マチ針で輪っかを仮固定したら、
直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10912



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10913



続いて、両袖口のリブ付け。

マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10914


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10915



襟口と両袖口のリブ付け完了。

      20170809犬服10916

残すは、裾周りのリブ付け。

苦手意識端なかなか払拭出来ないから
タバコでも吸って一息入れましょう...............






いよいよ、難関である裾周りのリブ付け。

リブを引っ張りながら、伸ばし気味にして
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10917


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10918


最後に表面して、リブ生地の浮き上がり防止用に
リブの周りを直線縫いでぐるっと一回り。

      20170809犬服10919



これにてミシン作業も完了。

      20170809犬服10920

すなわち、完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

      20170809犬服10921


      20170809犬服10922


      20170809犬服10923





8月11日。
ダック家にお邪魔した時に試着してもらいました。

      20170809犬服10924


      20170809犬服10925


      20170809犬服10926


手前味噌ですが...............
良く似合っていると思うんだよなぁ。







2017/08/30 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第108作目 (2017年8月9日) 

8月9日


先日、ダックの飼い主の豆ミルクさんから
『 びいすけ 用の服を作ってみました! 』と写真付きのメールを頂いた。

ありがとうございます。


そう言えば、今年の春に一緒にドッグランに行った時、
ダックに びいすけ の服を着せてみたら、ぴったり(?)だった。
そのとき勢い(?)で、
『 今度、 びいすけ の型紙を使って、ダックの服を作ってみますよ!』
って言っておきながら、そのまま月日は流れました...............。

やっ、やばい。


以前、失敗した時の為に生地から余分に裁断したまま
手付かずの状態のタンクトップ生地がある。
この記事を使えば、びいすけ と揃いの服になる。


と言うことで、犬服作り その第108作目にチャレンジです。


こちらが、後ろ身頃。

      20170809犬服10801


こちらが前身頃。

      20170809犬服10802


後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて、身頃にします。

胴の部分から縫い合わせます。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10803



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10804



続いて肩の部分の縫い合わせ。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10805



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10806


これで、身頃の出来上がり。
ほぼ、この時点で形は決まります。

      20170809犬服10807



続いては、リブ作り。
以前作った びいすけ のタンクトップは、リブをピンクにしたから
あえて、ここはリブを色違いにしてみましょう。

今回、リブはライトグレーにしてみましょう。

      20170809犬服10808


リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法18.5cm だから
    リブ寸法は16.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は13.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法36.5cm だから
    リブ寸法は33cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170809犬服10809



リブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      20170809犬服10810



輪っかも出来上がりました。

      20170809犬服10811



それでは、リブ付けに取り掛かりましょう。

先ずは、襟口のリブ付け。
マチ針でリブを固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10812



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10813



続いて、袖口のリブ付け。

リブをマチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10814



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10815


襟口と両袖口のリブ付け完了。

      20170809犬服10816

残すは、裾周りのリブ付け。
これが1番苦手。


最後の難関、裾周りのリブ付けです。


リブ生地を伸ばし気味にして、マチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10817



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10818



最後に表面から、リブの浮き上がり防止用に
リブの近くを直線縫いで、ぐるっと一回り。

      20170809犬服10819



これで、ミシン作業も完了。

      20170809犬服10820

すなわち、完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

      20170809犬服10821


      20170809犬服10822


      20170809犬服10823



いつもなら、ここで びいすけ の仮試着ですが
今回は、ダック用なので試着は無し。







8月11日、ダックに会った時に試着してもらいました。

      20170809犬服10824


      20170809犬服10825



とりあえず、良し! と言うことにしておきましょう(笑)。





2017/08/29 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今週は、コレ!    《 RICOH MEDALLION 》    (2017年8月7日) 

8月7日


毎週、月曜日に着け変えている腕時計。

今週は、こちら。

      RICOH MEDALLION01




RICOH MEDALLION


RICOH(リコー)の時計?
ピンとこない人も多いはず。

かく言う私も17〜8年近く前まではそうでした。


あの複写機で有名(?)なRICOHが、RICOH ブランドで
腕時計を作って、販売しています。


そもそも、RICOHの時計の歴史は高野時計の歴史と言っても過言ではありません。

1899年に掛け時計製造のために設立されたのが高野時計製造所。
後に高野精密工業となり、タカノシャトー、プライム、プレシジョンなどの時計を製造、販売しました。

1959年9月に伊勢湾台風に被害をうけて、
工場の一時停止が原因で莫大な借金を抱えて倒産の危機に直面します。

そこに救済に入ったのがリコー。
リコーに助けられて、会社名もリコー時計株式会社になりました。
工場は伊那にあり、以前の職場の先輩が18歳〜20歳まで2年間、
時計の製造ラインに入っていたそうで、
彼からRICOHが時計メーカーでもあることを教えてもらいました。



ROLEXの代表作DATE JUSTのデザインをパクったようなベゼル。

      RICOH MEDALLION02



フルーテッドベゼルと呼ばれ、「縦縞(たてじま)」を意味します。
縞々のようなデザインに見えますが、厳密にはいくつもの山型カットが施されて、
連続的に見ると「ギザギザ」に見えるデザインのベゼル。

      RICOH MEDALLION03


メダリオンと呼ぶわりには、ケース裏蓋にはメダリオンが無い。

      RICOH MEDALLION04

取れてしまって無い訳ではなく、
最初からメダリオンが付いていないようです。

私の手元に来るまで、どのような経緯があったのかは分からないが
ケース裏蓋の刻印も掠れ、かなり使い込まれているようです。



早速、腕に装着いたしましょう。

      RICOH MEDALLION05


      RICOH MEDALLION06


文字盤がシルバーで派手さは無いけれど、
その分だけ落ち着いた雰囲気があり、大人の時計?


さてさて、今週も頑張りましょう!!








2017/08/28 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第107作目 (2017年8月5日) 

8月5日  公休日

夏本番の8月ですが、迷走台風5号の影響で
午前中はポツリポツリと雨が降っていましたが
関東地方に高気圧が張り出したのか?
午後からは陽射しの強い天気。

結局、朝と夕方の散歩以外は、外出もせず大人しくしていました。
まぁ、こんな天気の時は、クーラーの効いた部屋で、
犬服作りに励むのが無難かも?

と言うことで、犬服作り その第107作目です。



今回は、こちらのパーカーをリメイクして
びいすけ のラグラン袖の服を作りましょう。

      20170805犬服10701



大胆にハサミで解体したら、生地取りです。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を作り当てて、チャコでマーキング。

      20170805犬服10702

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。
同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170805犬服10703

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


さらには、両袖の生地取り。
こちらも型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170805犬服10704

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


必要な生地取りも完了です。

      20170805犬服10705


こちらが後ろ身頃。

      20170805犬服10706



前身頃に両袖。

      20170805犬服10707




それでは、ミシン作業に入りましょう。

前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
胴の縫い合わせ部分わマチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10708



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170805犬服10709



続いて、袖作り。
袖生地の端を縫い合わせて筒状にします。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10710



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170805犬服10711



縫い上がった袖を身頃に縫い付けます。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10712



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170805犬服10713



袖を身頃に縫い付けたら、ほぼ形は出来上がり。

      20170805犬服10714



確認の仮試着。

      20170805犬服10715




続いて、リブ作り。

今回リブは、こちらの色にいたしましょう。

      20170805犬服10716



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は14.cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法30cm だから
    リブ寸法は27cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170805犬服10717



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて輪っかを作ります。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10718


輪っかも出来ました。

      20170805犬服10719



それでは、リブの縫い付けです。

まずは、襟口から。
リブ生地をマチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10720


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170805犬服10721



続いて、袖のリブ付け。

同じようにマチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10722



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170805犬服10723



襟と袖のリブ付け完了。

      20170805犬服10724

残すは、 裾周りのリブ付け。

実は、これが1番苦手。
この苦手意識は、いつまでたっても無くなりません。


リブを引っ張りに気味に伸ばしながら、
バランスを取りながらマチ針で固定します。

リブ生地を引っ張り気味にして直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10725



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170805犬服10726


最後にリブの浮き上がり防止のために、
表側からぐるっと一回り、直線縫いで縫い付けます。


これで、ミシン作業も終了です。

      20170805犬服10727


すなわち、完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

      20170805犬服10728


      20170805犬服10729


      20170805犬服10730



恒例の びいすけ の試着。

      20170805犬服10731


      20170805犬服10732


      20170805犬服10733


      20170805犬服10734



なかなか、お洒落?
パーカー生地だから、この時期には着せられないけれど
涼しくなったら、この服を着せてお出掛けいたしましょう。







2017/08/27 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

爪切り、肛門腺絞り、その他諸々 (2017年8月1日) 

8月1日  公休日

基本的には毎月行くことにしている びいすけ の爪切りと肛門腺絞り。
いつものお店が、最近は予約で混んでいるようで
なかなか休みの日に予約が入れられません。

本当は7月に行きたかったんですが
やっと予約が取れたのか、この日の17時。

外は雨が降っていますが、気にしていられません。
車でさぁ〜っと駐車場に入り、
やってきました、カインズホーム佐倉店。
今回も5点セットをお願いしました。

      20170801爪切り01



この紙を持って料金をレジで支払います。

      20170801爪切り02


レジに行くと、結構並んでいる。

レジで支払いを済ませ、急いでペットコーナーに戻ると
既に びいすけ は台の上。

      20170801爪切り03



爪切りの最中でした。

      20170801爪切り04


顔を合わせると、興奮して担当のお姉さんに迷惑を掛けちゃうから
出来るだけ顔を合わせないようにしているんだけど、
どうしても、目が合っちゃったりします。

      20170801爪切り05


急いで場所を、商品棚の陰から様子を伺います。

      20170801爪切り06


      20170801爪切り07


      20170801爪切り08


      20170801爪切り09

爪切りは、無事終了したみたいです。
爪切りと並行して肉球マッサージもしてくれていたみたい。




尻尾を掴んでいると言うことは、校門腺絞りですね。

      20170801爪切り10


      20170801爪切り11

いっぱい出たかなぁ?



さて、次は何かな?
なんて思っていたら...............

      20170801爪切り15


      20170801爪切り16

      20170801爪切り12



びいすけ を抱き抱えました。

      20170801爪切り13


      20170801爪切り14


    
レジで並んでいる間に、耳掃除やデンタルケアは終わっていたみたい。


今月の爪切り、肛門腺絞りも無事終了。
お世話になり、ありがとうございました。



2017/08/26 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第106作目 (2017年8月1日) 

8月1日  公休日

午後から雨が降ると言う天気予報を信じ、
ドッグランから11時前には自宅に戻り
手を伸ばしたのは犬服作り。

犬服作り、その第106作目です。


今回は、こちらのタンクトップを びいすけ のタンクトップにリメイクします。

      20170801犬服10601



実は、7月14日に仕掛かり途中で未完成の状態。
それを本日、完成させたと言うのか本音です。

では、ちょっぴり遡って...............

7月14日。

大胆に解体した生地から、型紙を当てて生地取りします。
先ずは、後ろ身頃から。

      20170801犬服10602

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて前身頃。
同じくように型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170801犬服10603

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



生地取り完了。

      20170801犬服10604


こちらが後ろ身頃。

      20170801犬服10605



こちらが前身頃。

      20170801犬服10606


ここまでで、7月17日は終了。



さて、その続きが始まります。

ミシン作業です。
前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
胴の部分に合わせ目を直線縫いでカタカタカタ。

      20170801犬服10607



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170801犬服10608



続いて、肩口の合わせ目の縫い合わせです。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170801犬服10609



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170801犬服10610


タンクトップだから、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせれば
ほぼ形は出来上がり。

      20170801犬服10611



一応、確認の仮試着。

      20170801犬服10612




それでは、次の工程(リブ作り)です。


今回は地色に合わせて、こちらの色にしてみましょう。

      20170801犬服10613



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法19cm だから
    リブ寸法は16.cmに
袖口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は13.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33cm だから
    リブ寸法は30cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170801犬服10614


リブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作りましょう。

      20170801犬服10615


輪っかも完成。

      20170801犬服10616


いよいよ、リブの縫い付けです。

先ずは、襟口から。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170801犬服10617



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170801犬服10618


続いて、袖口のリブ付け。

同じようにマチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      20170801犬服10619



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170801犬服10620



襟と袖のリブ付け完了。

      20170801犬服10621

残すは裾周りのリブ付け。
実は、これが大の苦手。

リブを引っ張り気味にして、でも生地は引っ張らないようにして
マチ針で固定します。
リブ生地を伸ばすような感じで、直線縫いでカタカタカタ。

      20170801犬服10622


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170801犬服10623



最後にひっくり返して、表面からリブの周りを浮き上がり防止用に
直線縫いでカタカタカタとぐるっと一回り。

      20170801犬服10624



これでミシン作業完了。

      20170801犬服10625

すなわち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

      20170801犬服10626


      20170801犬服10627


      20170801犬服10628



さっそく、 びいすけ に試着してもらいましょう。

      20170801犬服10629


      20170801犬服10630


      20170801犬服10631


      20170801犬服10632



うむ、意外に びいすけ って、オレンジ色の服が似合う。

またまた、親バカな一面がヒョイと出てしまいました...............(笑)





2017/08/25 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北総花の丘公園ドッグラン   (2017年8月1日)(千葉県印西市) 

8月1日 公休日

今日から8月。

8月と言えは、夏本番。
例年、この時期昼間にはドッグランには暑くて行けません。
まぁ、30℃を超える昼間にドッグランに行くなんて言う
物好きもそんなに居ませんが...............。


迷走台風5号の影響で、この日は午後から雨が降ると言う。
午前中は曇りだと言う天気予報。

天気予報を信じて、雨が降る前にドッグランに行っちゃおう!


そんな訳で、向かった先は...............北総花の丘公園ドッグラン



駐車場には、先着の車が3台。
ドッグランにも3頭の先着のワンちゃん。
いずれも顔馴染みの飼主さん。
(カノンちゃん以外、ワンちゃんの名前を知らないことは秘密です。)(笑)


飼い主さんの顔を知って居ようが居まいが、
ワンちゃんの名前を知って居ようが居まいが、
びいすけ には関係がない。

      20170801北総01

いつもの様にドッグラン内を徘徊。


フェンス周りの匂いの確認。

      20170801北総02


マイペースでゆっくりとした歩調で徘徊です。

      20170801北総03



ところが、今日は びいすけ に釣られるように
先着のワンちゃん達が、びいすけ の後ろを徘徊します。

      20170801北総04


カノンちゃんともう1頭。

      20170801北総05


確か、何度もお会いしている筈。

      20170801北総06

年のせいか、名前を聞いてもすぐ忘れちゃう。
ヤバイよね?

何度か、びいすけ も遊んで貰っている筈。



もう1頭は柴犬君。

      20170801北総07


この子も何度か会っているんだよなぁ。

      20170801北総08


とにかく、マイペースな びいすけ 。

      20170801北総09



柴犬くんが寄って来ても、無関心?

      20170801北総10


      20170801北総11


でも、こうやって2頭並んでいると
雰囲気はマズくない。

      20170801北総12

まるで竹馬の友の様にも見えたりする。
(犬の場合、どう言う表現が良いのだろうか?)


そう言えば、2年くらい前まで、柴犬系とは相性が良くて
結構、興味を持ったり遊んだりしていたけど、
最近はそれも無くなりつつある。



そう、こうしている内に1頭、また1頭と帰っていき
いつものように、ドッグランには びいすけ だけ。

      20170801北総13


思い出したかのように、再び徘徊を始めます。

      20170801北総14


      20170801北総15



この辺りに気になる匂いが充満しているのか?
いきなり、転がりスリスリとローリング。

      20170801北総16


起き上がったかと思えば...............

      20170801北総17


再び、スリスリとローリング。

      20170801北総18



ひとしきりローリングしたら満足したのか?
再びムクっと起き上がり...............

      20170801北総19


何事も無かったかのように徘徊を始めます。

      20170801北総20


      20170801北総21


      20170801北総22


      20170801北総23



ドッグランには誰も居ないから
久しぶりに 呼び戻し の練習をいたしましょう。

『待て!』のコマンドで びいすけ を待機させ、
20mぐらい離れた位置から、『良し!』の合図。

私に向かって、一心に走ってくる びいすけ 。

      20170801北総24


      20170801北総25


      20170801北総26

その健気な姿が可愛いんだよなぁ。

その姿を見たくて何回も 呼び戻し の練習をしちゃうんだよなぁ。

      20170801北総27


      20170801北総28


      20170801北総29


      20170801北総30



真夏にあんまり走らせても暑いから
最後の1回。

      20170801北総31


      20170801北総32


      20170801北総33



5回ぐらいのダッシュで疲れちゃったかな?

地面に腹ばいになって、クールダウン?

      20170801北総34


      20170801北総35


      20170801北総36



しばらく、ベンチでマッタリする びいすけ と飼い主。

      20170801北総37


誰かがドッグランに来るか?
5分ほどベンチでマッタリしていましたが
来場者も無いし、そろそろ帰りましょう。


真夏のドッグランは適度に楽しみましょう。







2017/08/24 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今週は、コレ!    《 WEST END WATCH  Sowar PRIMA 》    (2017年月日) 

7月31日 WEST END WATCH  Sowar PRIMA 

機械式腕時計にハマって、かれこれ20年の月日が経ちました。

それなりの数の腕時計が手元に集まりましたが
なかなかその全てを使いきれていません
そんな訳で毎週月曜日に腕時計を取り替えることにしています。



と言うことで、今週はこちら。

      WEST END01

WEST END WATCH  Sowar PRIMA 



WEST END WATCH(ウエスト・エンド・ウォッチ)社は、
1886年にスイス・サンティミエで創業された、世界で最も古い時計メーカーのひとつとしても有名です。
主にインドを植民地化していた当時の英国軍向けに腕時計を供給しており、
映画「アラビアのロレンス」で知られる当時のイギリス陸軍将校、トーマス・エドワード・ロレンスも
ウエスト・エンドの腕時計を身に着けていたと言われています。

「Sowar(ソワール)」はウエスト・エンド社の腕時計でも最も成功したモデル。
ヒンドゥー語で「戦士」を意味するモデル名であり、
軍用時計としてリリースされたシリーズで、
第一次世界大戦以降の主力ラインとして人気を博したモデルです。



この時計は、今年手に入れたモノ。
ここ数年と言うか、 びいすけ を受け入れてから
腕時計熱もしばらく潜めていましたが、
最近になって、再び腕時計熱が顕著に現れて来ました(笑)。

      WEST END02



イギリス軍の証で有る ブロードアロー 。

      WEST END02

イギリスの官有物である旨を示す矢印形のマーク。



Men'sサイズの時計の割にはケースも小型。

      WEST END02



早速、腕に着けてみましょう。

      WEST END02


      WEST END02



小粒感は否めないが...............

山椒は小粒でもピリリと辛い。
すなわち、味わいがあると言うこと。

WEST END WATCH Sowar PRIMA。
しばらくお気に入りの1本になりそうです。




  
2017/08/23 Wed. 16:16 | trackback: -- | 本文: -- | edit

記録として残しておこう  (2017年7月24日) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2017/08/23 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今週は、コレ!    《 CARAVELLE 》    (2017年7月24日) 

7月24日  CARAVELLE

機械式腕時計にハマって、かれこれ20年の月日が経ちました。

それなりの数の腕時計が手元に集まりましたが
なかなかその全てを使いきれていません
そんな訳で毎週月曜日に腕時計を取り替えることにしています。



と言うことで、今週はこちら。

      CARAVELLE01

CARAVELLE

モデル名は不明。


CARAVELLE(キャラベル社)はアメリカの時計メーカーである BULOVA (ブローバ)が
セカンドブランドとして発売したブランドです。
アメリカではそれなりに知名度があったようですが
日本での知名度は低く、流通数も他のメーカーほど無かったよです。



7~8年前にふとした縁で入手したモノ。
おそらく1970年代、機械式時計全盛期のモノ。
ケースの形状が古めかしいと言うか
アンティーク感を醸し出している(...........と個人的に思っています)

      CARAVELLE02


      CARAVELLE03



ケース裏蓋の刻印も掠れて読めなくなっています。
かなり使い込まれたモノなんでしょうね。

      CARAVELLE04

まあ、私もかなり使い込まれて来たような人間ですから
似たようなものですね(笑)。



久しぶりに腕に嵌めてみましょう。

      CARAVELLE05


      CARAVELLE06

機械式の腕時計の割には軽め。


気持ちも軽やかに、今週も頑張りましょう!!






2017/08/22 Tue. 13:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ふくしま緑の百景 《 羽鳥湖畔の緑 》 (2017年7月21日)(福島県岩瀬郡天栄村) 

7月21日

ダムカード集めで立ち寄った羽鳥ダム。
そのダム湖である羽鳥湖はダム湖百選に選ばれているダム湖ですが
羽鳥湖展望台で、こんな石碑を見かけました。

      20170721羽鳥湖05

『何ぃ? ふくしま緑の百景 ?』


良く良く調べてみると...............

ふくしま緑の百景は、国際森林年の記念として昭和60年に福島民報社と
県緑化推進委員会の主催で、 福島県民の投票により決定されました。
ふるさとの森や樹を見直し、その美しさを守り育てることを目的としています。



なるほど! 崇高な目的があるんですね。

      20170721羽鳥06



一見この石碑、『かながわの景勝 50選』の石碑に
どことなく雰囲気がにています。

〇〇景、〇〇選と言うような類いが好きだから
どうしても興味が湧いてしまいます。


どうも、この石碑と言うか、このシリーズも追いかけでしまうかも?(笑)




一方の びいすけ はと言うと...............

      20170721羽鳥08


      20170721羽鳥09

なぜか、羽鳥湖展望台の草の上でローリング。



起き上がっては、背中をぷるぷるぷり〜っ。

      20170721羽鳥10




こんな素敵な風景が眼下に広がっているのにねぇ。

      20170721羽鳥07


湖畔の木々と調和した羽鳥湖。
まさに、羽鳥湖の緑ですね。





2017/08/22 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダム湖百選 羽鳥湖 

7月21日

福島旅行の2日目。


ダムカードをもらいに来た羽鳥ダム。

その羽鳥ダムによって堰き止められて出来たダム湖が羽鳥湖です。

ダムによって出来た羽鳥湖は、アースダムの中で現在でも屈指の規模を誇ってます。
現在既設のアースダムでは湛水面積と総貯水容量において日本一であり、
平成17年には天栄村の推薦で財団法人ダム水源地環境整備センターが選定する「ダム湖百選」に選ばれています。

ダム湖百選は、平成17年に制定された制度で、
所在する地方自治体首長の推薦を受けて
財団法人ダム水源地環境整備センター(現・一般財団法人水源地環境センター)が
認定したダム湖のことです。
ダム湖百選に指定されたダム湖には国立公園、国定公園に指定された自然度の高いダム湖や、
地域のレクリェーションスポットとしてのダム湖、
温泉など周辺整備により観光地化したダム湖などバラエティに富んでいます。
本日現在、65箇所のダム湖が指定されていますが、
今後も増えていくものと考えます。



羽鳥ダムの天端に、ダム湖百選の碑があります。

      20170721羽鳥02


      20170721羽鳥湖01

実は、ダム湖百選も秘かに追いかけていたりします。


ダム湖百選の碑の近くにあるもう一つの碑。

      20170721羽鳥04

こちらには、羽鳥貯水池 と刻まれています。
貯水池って言うには、ちょっと大きすぎる気はしますが...............


羽鳥ダムの天端からの羽鳥湖。

      20170721羽鳥03

この辺りからだと貯水池に見えるのかなぁ?
どうみても池って言うレベルじゃないような気がするんですが...............




羽鳥湖展望台からの羽鳥湖。
 
      20170721羽鳥07

やっぱり、貯水池って言うレベルじゃない。


紛れもなく湖。
紛れもなくダム湖。

そして、紛れもなく日本の ダム湖百選 です。


2017/08/21 Mon. 13:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit