08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

歩崎公園  (2016年11月12日)(茨城県かすみがうら市) 

11月12日 公休日

この日は、行方市周辺、霞ケ浦周辺の茨城百景巡りに出かけました。

かすみがうら市にある、『茨城百景 歩崎』を訪れたついでに
霞ケ浦の湖畔にある 歩崎公園 に立ち寄ってみました。


先ずは、公園案内図で敷地内を確認します。

      20161112歩崎公園0101


      20161112歩崎公園0102




湖畔を歩いて公園の最奥まで行って、
芝生の中を歩いて戻って来ることにしましょう。

      20161112歩崎公園0104


サイクリング道路かと思っていたら、車も通行出来るようですが
平日だから、ほとんど車も通りません。

      20161112歩崎公園0105


遠くに見える桟橋が観光用の帆掛け舟の乗降場のようです。

      20161112歩崎公園0106


歩崎観音のある台地。

      20161112歩崎公園0107

真ん中に見えるのが展望台。


さすがに平日に歩崎の展望台に訪れる物好きは
そうそう居ないようです。

      20161112歩崎公園0108

って、さっきまで居たのは誰でしょう?(笑)





歩崎公園の最奥の四阿前。

      20161112歩崎公園0103



ここから芝生広場を散歩しましょう。

      20161112歩崎公園0109



縦長の芝生広場。
散歩に来るワンちゃんも多いのか?
目ぼしい場所でマーキングに精を出す びいすけ 。

      20161112歩崎公園0110



軽快に芝生広場を闊歩します。

      20161112歩崎公園0111



公園中央に建つ記念碑。

      20161112歩崎公園0112



帆引き船発祥の地記念碑です。

      20161112歩崎公園13



その隣には、帆引き船のモニュメント。

      20161112歩崎公園14



そして、帆引き船発祥の地記念碑の説明文の刻まれた石碑。

      20161112歩崎公15



公園には、小さな池もあります。

      20161112歩崎公16



池の淵に建つブロンズ像。

      20161112歩崎公17



噴水もあって、なかなか雰囲気は良い。

      20161112歩崎公18

あんまり近寄ると、噴水の水が掛かっちゃうよ!



歩崎公園のランドマークである、かすみがうら市水族館。

      20161112歩崎公19

当然ながら、館内にはペットは入れません。


入口前のモニュメントで我慢いたしましょう。

      20161112歩崎公20



鯰の親子です。

      20161112歩崎公21



水族館前のアクアラビリンス。

      20161112歩崎公22

いきなり出て来た噴水にちょっぴり驚いていた びいすけ でした。



さてさて、再び霞ケ浦大橋を渡って、
霞ケ浦対岸の行方市へ移動することにいたしましょう。



2016/11/27 Sun. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

網掛公園  (2016年9月16日)(茨城県東茨城郡茨城町) 

9月16日  公休日

この日は、茨城県の茨城町に出掛けました。

茨城町の廃校巡りの途中に、涸沼周辺の景勝地に立ち寄ったりもしました。

宮ヶ崎城址をあとにして、向かった先は...............網掛公園


涸沼南岸には、小さいですが網掛公園があります。
涸沼に小さく突き出た弁天の鼻と呼ばれる小さな岬になっていて
ちょうど、親沢の鼻(名勝 親沢)の対岸になります。

改めて気づいたのですが...............
茨城県下では、沼や湖の湖畔に突き出た小さな岬を〇〇鼻と言うみたいですね。


ちょっぴり道に迷いながらも駐車場に到着。

      20160916網掛公園01

それでは、網掛公園を散策と参りましょう。


先ずは、公園の案内板で公園の配置図を確認。

      20160916網掛公園02


そんなに広くない公園だから、とくに散策コースなど決めずに
行き当たりばったりで進みましょう。

      20160916網掛公園03



遊具のある広場をクンクンと匂いを嗅ぎながら闊歩する びいすけ 。

      20160916網掛公園04



そして、いきなりの匂い付けのローリング。

      20160916網掛公園05

よっぽど気になる匂いがあるんだろうか...............?



『うげっ! うげっ!』と奇声を発してはいるものの
気持ち良さそうにローリング。

      20160916網掛公園06



そして、起き上がったかと思うと、
体をプルプルプル〜。

      20160916網掛公園07



あっ、展望台発見!

      20160916網掛公園08



当然、上ります。

      20160916網掛公園09


まあ、展望台っていっても高さは2mほど。
涸沼の湖畔を眺めましょう。

      20160916網掛公園10


      20160916網掛公園11


      20160916網掛公園12


      20160916網掛公園13

晴れていれば、涸沼の湖畔も映えてくるとは思うけれど、
やっぱり曇り空じゃイマイチ感は拭えません。


元気よく展望台を駆け降りる びいすけ 。

      20160916網掛公園14

まだまだ、力が余っている?(笑)



湖畔沿いに歩いてみましょう。

      20160916網掛公園19



ちょうど、対岸が親沢の鼻。

      20160916網掛公園15


      20160916網掛公園16


      20160916網掛公園18


      

弁天の鼻と呼ばれる所以。
公園の一角には弁天様が祀られています。

      20160916網掛公園20


      20160916網掛公園21



県道沿いに『←網掛公園 2km』なんて案内もあったから
それなりに期待して訪れたんだけど、そんなに広くもなく
釣りに興じている人しか訪れていないから、ちょっぴり期待倒れ。

まぁ、行楽地なんてこんなモノかも知れませんね...............。





2016/10/12 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

清水渓流広場  (2016年8月31日)(千葉県君津市) 

8月31日 公休日

この日は、千葉県内(房総半島)のダム巡りに出かけました。

笹川湖展望台をあとにして向かった先は...............清水渓流広場

君津市にある片倉ダムの近くにある清水渓流広場。
片倉ダム(笹川湖)に来る機会があったら、ぜひ訪れたい場所でした。

笹川湖周辺の公園の一部に当たるのでしょうか?
『笹川湖畔公園(清水渓流)』と記された標柱が建っています。

      20160831清水渓流広場01


この清水渓流広場は、最近注目されているスポットで
来訪者も増えているらしい。
勿論、私も目的は一緒。
世の中、考えるのは皆同じようで、
平日だと言うのに、正規の駐車場は満車。
少し離れていますが、道路脇の第2駐車場(臨時仮設)も満車。
さらに、離れた場所にある第3駐車場(臨時仮設)に停める事が出来ました。


当然、ワンちゃん連れも多いようで、こんな張り紙を何枚も見かけました。

      20160831清水渓流広場02


      20160831清水渓流広場03

まぁ、既に2頭のワンちゃんとすれ違っているし...............(笑)。



まずは、案内板でチェック。

      20160831清水渓流広場04


順路は逆コースになりますが...............
( 順路があるなんて知らなかった。)

      20160831清水渓流広場05


渓谷沿い(?)の木道を進んで行きます。

      20160831清水渓流広場06


渓谷かと思っていたら、実は昔の川跡でした。

      20160831清水渓流広場07



房総半島独特の耕地の仕方である『川廻し』で
残された跡のようです。

現在は、水生植物を植えたりして、蛍が住みやすい環境にしているようです。

      20160831清水渓流広場08


      20160831清水渓流広場09



最たる目的地に着きました。


いきなり、こんな張り紙。

      20160831清水渓流広場10

『ヤマビルに注意!』って...............
ここにも居るの?


ヤマビルどころか、観光客がいっぱい。

      20160831清水渓流広場11


子供もいっぱい。

      20160831清水渓流広場12



確かに、川に入って遊んでいる...............

      20160831清水渓流広場13



『 びいすけ〜! 犬は川に入っちゃダメなんだって...............』

      20160831清水渓流広場14

ちょっとの間、そこでおとなしくしていてね〜!




急いで、靴を脱いで...............

靴下も脱いで...............

ヤマビルが居ないのを確認して...............

首からぶら下げたデジカメを構えます。


パシャ☆。

      20160831清水渓流広場15



これが見たかったのです。


      20160831清水渓流広場16


ネットで紹介され、超有名になった『濃溝の滝』

      20160831清水渓流広場17


実は、この『濃溝の滝』は天然の滝ではありません。
350年程前の昔、ここの山間を房総方面に向けて道路の整備をする際に、
川廻しの工事が行われ、そのときに削られた岩盤の洞窟内の高低差が滝になったのが
『濃溝の滝』になります。

滝の定義からいくと、滝と呼ぶには難しいかも知れないけれど、
周りも滝として認知しているようだし、もう『濃溝の滝』として売り出しちゃっているから
今さら、滝じゃ無いなんて言えないよね?(笑)。


時間帯によって、洞窟内に陽が射したり、射さなかったりするけれど
運良く多少の光が洞窟内に射し込んでいたから、ラッキーでした。

朝時間帯を狙えば、あの奇跡の一枚のような写真が撮れるのかな?





とにかく人が多いから、むやみに吠えはしないけれど
びいすけ から離れていると、いつ吠え出すか分からないから、早々に撤収。

清水渓流広場の散策路を再び歩きます。

散策路を上り、ちょっとした高台から
先ほどの『濃溝の滝』を眺めてみます。

      20160831清水渓流広場18

茂った木々で洞窟が隠れ、まるで天然の滝のように見えなくもない。


さらに先を進めば、こんなモノが...............

      20160831清水渓流広場19



『幸福の鐘』

      20160831清水渓流広場20

『濃溝の滝』が有名になる前までは、
この鐘が清水渓流広場のランドマークだったようです。



鐘の脇から、『濃溝の滝』が見えたりします。

      20160831清水渓流広場21

おそらく、そんなことも考えて、この場所に鐘を設置したのでしょう。



改めて、望遠280mmで『濃溝の滝』をズームアップ。

      20160831清水渓流広場22



清水渓流(渓谷)を眼下に眺めながら、散策路を歩き駐車場へと向かいます。


すると、こんな案内。


幻の滝『セイナザの滝』

      20160831清水渓流広場23



飾られた写真の方角を目を凝らして見てみるけれど
イマイチよく分からない。

      20160831清水渓流広場24



確かに、水の流れが肉眼では見えるのだけど
カメラに収めようとしても、上手く写らない。

      20160831清水渓流広場25

なかなか良く見えない所が、まぼろしの滝と言われる所以なのかな?(笑)



さらに先へと進むと、(正規の順路では戻る形になります)
『農溝の滝』。

      20160831清水渓流広場26

読みは『のうみぞのたき』...............
あれ?
全く読みが一緒。
『濃溝の滝』と『農溝の滝』。
『氵』が有るか無い可能性違い。
思いっきり紛らわしい。

その紛らわしい『農溝の滝』はこちら。

      20160831清水渓流広場27


      20160831清水渓流広場28

上からじゃ良く見えないし、木が邪魔だし、
滝っぽく見えないし...............。


『濃溝の滝』の辺りから、川に降りられるから
清水渓流(渓谷)を川沿いに歩いて見るのもアリかもしれないなぁ。



2016/09/23 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

笹川湖展望台   (2016年8月31日)(千葉県君津市) 

8月31日 公休日

この日は、房総半島のダムカードを集めに市原市・君津市に出かけました。


片倉ダムのダム湖である笹川湖の湖畔にある笹川湖ピクニック園地をあとにして、
向かった先は...............笹川湖展望台


片倉ダム記念館から車で3分程の笹衛士広場から
この展望台への登りルートが整備されています。
登り口から展望台までは徒歩15分程度と言うことだし、
展望台からの眺望は『千葉県の眺望100選』に選ばれているらしい。
先日の相模湖の嵐山の事を思い出して、一瞬躊躇しましたが
せっかくだからと、果敢に展望台へと向かいます。


こちらが、展望台への登り口。

      20160831笹川湖展望台01

びいすけ君。今日も頑張りましょう(笑)。



展望台への道は整備されています。

      20160831笹川湖展望台02


木々の中を歩いて行くから、陽射しも避けて
ちょっびり冷んやりして気持ちいい。

      20160831笹川湖展望台03


展望台まで、あと280m。

      20160831笹川湖展望台04



登りの階段が続きます。

      20160831笹川湖展望台05

早くも額から、たら〜りと汗。


紅葉の季節ならば、この道も趣きが有るんだろうなぁ。

      20160831笹川湖展望台06



展望台まで、あと90m。

      20160831笹川湖展望台07

思わず、 びいすけ のこの顔に爆笑。




ここからが、真骨頂。

      20160831笹川湖展望台08


元気の良い びいすけ は、階段をひたすら登ります。
その後ろで、『ぜいぜい』と息の上がる びいすけ父さん(笑)。

      20160831笹川湖展望台09


額から汗が滴り落ちる中、展望台に到着。

幸せの黄色いハンカチならぬ、『幸せを呼ぶ黄色いハンカチ』がお出迎え。

      20160831笹川湖展望台10


      20160831笹川湖展望台11


4畳半程度の広さの展望台ですが
千葉県の眺望100選に選ばれているだけあって
眺望は素晴らしい。

      20160831笹川湖展望台12


      20160831笹川湖展望台13


      20160831笹川湖展望台14



頑張ったご褒美をあげましょう。

      20160831笹川湖展望台15



『 食べる〜? 』

      20160831笹川湖展望台16

って、要らない訳が無い(笑)。



しっかり貪りつく びいすけ 。

      20160831笹川湖展望台17



暑いから、しっかり水分も補給いたしましょう。

      20160831笹川湖展望台18



陽射しはあるけれど、時折顔に当たる風が
乾きかけた汗と相まって、冷んやりとします。


気が付けば、数本のススキの穂。

      20160831笹川湖展望台19


暑い、暑いと思いながらも、少しずつ秋は近づいて来ているんですね。



ここから眺める笹川湖と片倉ダム。

      20160831笹川湖展望台20


周りの木々が色付いてくれば、
素晴らしい眺望になるんだろうなぁ...............





2016/09/22 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

笹川湖ピクニック園地   (2016年8月31日)(千葉県君津市) 

8月31日  公休日

この日は、房総半島のダム巡りに出かけました。

君津市にある片倉ダムに来たのだから、ダム湖である笹川湖も
ついでに堪能しちゃいましょう。
と言うことで、訪れたのは...............笹川湖ピクニック園地


実は、笹川湖にピクニック園地と言う公園があるのを知りませんでした。
片倉ダムの駐車場近くに笹川湖周辺の地図が有り、何気に良さそうな感じなので
ちょっぴり足を伸ばしてみました。

      20160831ピクニック園地01


ピクニック園地の駐車場から眺める笹川湖。

      20160831ピクニック園地02


ピクニック園地と言うだけあって、湖畔に散歩道が設けられています。

      20160831ピクニック園地05


水面近くまで行けるので、笹川湖が身近に感じられます。

      20160831ピクニック園地06


      20160831ピクニック園地07

しかしながら、どうも『笹川湖』って言うのは、ピンと来ない。
確かに笹川を片倉ダムで堰き止められて出来たダム湖だから
『笹川湖』でもいいんだけど、片倉ダムで堰き止めて出来たダム湖だから
個人的には『片倉湖』でもいいんじゃない?って思ったりします。



きれいな芝生広場もあったりします。


緑化専用培養土を使っているからなのか?

      20160831ピクニック園地03



芝生が生き生きしているように感じたりもします。

      20160831ピクニック園地04



びいすけ は匂いをクンクン。

      20160831ピクニック園地08


芝生があれば、匂い嗅ぎが欠かせない びいすけ 。

      20160831ピクニック園地09


当然、匂い嗅ぎに余念がありません。

      20160831ピクニック園地10



ピクニック園地の奥には、吊り橋を模したコンクリートの橋。
『ヅウタ橋』と言うらしい。

      20160831ピクニック園地11

この橋を渡った先が星の広場。


星の広場に向かいましょう。

      20160831ピクニック園地12


      20160831ピクニック園地13


      20160831ピクニック園地14



星の広場は、単なる広場。
芝生の広場です。

      20160831ピクニック園地15

照明も無いから、夜は真っ暗になり空には星が満天らしい。
しかし、何も無い場所だから、ちょっぴり怖そう(笑)。


そして、星の広場に首輪のないワンちゃん。

      20160831ピクニック園地71

目が合った瞬間に茂みに逃げて行ったから
おそらく、捨てられたのか?
はたまた野生で産まれた野良犬なのか?



野生化した犬を見るのも、余り気分が良いモノでは無いので
早々に引き上げましょう。

ヅウタ橋を渡って、駐車場に戻りましょう。

      20160831ピクニック園地16


笹川湖の周辺には、まだまだ寄り道するスポットがあるようなので
次なるスポットへ移動いたしましょう...............。




2016/09/21 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

長門川公園   (2016年7月20日)(千葉県印旛郡栄町) 

7月20日 公休日

この日は、北印旛沼に出かけました。

栄町の酒直水門から長門川に沿うような形で
利根川方面へと向かいます。
確か、利根川近くに公園が在ったような記憶が...............

記憶を頼りに向かった先は...............長門川公園

      20160720長門川公園01



長門川公園は、明治百周年を記念して作られた公園のようです。

      20160720長門川公園02


元々は、広い芝生の公園のようですが
どうやら、管理と言うか手入れはイマイチ。
かなりの雑草が生い茂っています。

      20160720長門川公園03

まぁ、この時期だから雑草を刈ってもすぐ伸びちゃうから
仕方がないのかな?


ロングリードで雑草の生い茂る中を徘徊する びいすけ 。

      20160720長門川公園04



この辺りは桜の木もたくさん有り、花見のメッカ?
雑草も刈られ、手入れされているようです。

      20160720長門川公園05



長門川沿いに公園内を歩いてみます。

      20160720長門川公園06



目の前に見えるのは安食バイパスの『ふじみ橋』。

      20160720長門川公園07



長門川公園の最奥部です。

      20160720長門川公園08



公園内には祠が有ったり...............

      20160720長門川公園09



句碑が有ったり...............

      20160720長門川公園10



ちなみに、こちらは篠田麦子の句碑。

      20160720長門川公園11

「月の出の 川面に可るし くつわ蟲」

篠田麦子は栄町興津に生まれ、地元の風土をよく知る麦子は、
この作品で水の美しいまち栄の優しい風土を詠んでいます。


こちらは、成田山新勝寺の第18世大僧正荒木東皐の句碑。

      20160720長門川公園12

「 菜の花や 利根の堤の 大曲り」

荒木東皐がお忍びで訪れた折の句です。春4月、利根川の堤に、
菜の花がまるで黄色いじゅうたんのように咲き誇る様を詠んでいます。


      20160720長門川公園13



さらには、桜の植樹の記念碑。

      20160720長門川公園14



そして極め付け。
印旛機場の初代羽根車。
      20160720長門川公園15

印旛機場は長門川公園に隣接し、台風などの大雨で印旛沼への流入が多い時は、
洪水を防ぐためにポンプを運転し、印旛沼の水を長門川を通して、利根川に排水します。


西印旛沼と北印旛沼と各水門の配置図。

      20160720長門川公園16


この図で分かるように、酒直水門や酒直機場、印旛水門や印旛機場で北印旛沼の水位を調整し
大和田機場で西印旛沼の水位を調整し水害を防いでいます。

      20160720長門川公園17




この立派な石碑は、『印旛水門の碑』

      20160720長門川公園18


      20160720長門川公園19



そして、こちらが印旛水門。

      20160720長門川公園20

水門の手前が長門川。
水門から先は利根川になります。

      20160720長門川公園22

利根川が洪水のときに水門を閉めて、長門川・印旛沼への水の流入を防ぎます。
又、印旛沼・長門川の水位が上がった時は、長門川からの水をまずこの水門から利根川に流します。



こちらは長門川側。

      20160720長門川公園21


      20160720長門川公園23



そして、こちらが利根川側。

      20160720長門川公園24


      20160720長門川公園25


いゃあ、利根川と印旛沼と各水門との因果関係。
じっくりと勉強させてもらいました。



2016/08/17 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

小山臨海公園  (2016年7月15日)(静岡県熱海市) 

7月15日 公休日

個人的な連休2日目。
そして、伊豆旅行の2日目。

9時過ぎにサンロードをチェックアウトして
伊豆半島を北上。R135を北に進路を向けます。

伊東の市街地を抜け、そろそろ熱海っていう時に
びいすけ が車の中で『ぴぃ〜、ぴぃ〜』と愚図りだした。
ウンチかオシッコがしたいみたいです。
いつの頃からか? 車に乗っている時にだけ『ぴぃ〜、ぴぃ〜』と
トイレに行きたい合図を出すようになりました。


と、言うことで当初の予定では無かったのですが
急遽立ち寄ったのが...............小山臨海公園

      20160715小山臨海公園01

以前にも一度、トイレ休憩で立ち寄ったことのある公園ですが
その時は、この公園の一部しか見て無かったようです。


今回、改めて行動案内図を見たら
意外に広い公園だと言うことに気付きました。

      20160715小山臨海公園02



それなら、折角だからじっくりと、この公園を散策してみましょう。

      20160715小山臨海公園03



しばらく歩くと、左手に芝生広場?

      20160715小山臨海公園04


どうやら、以前はゲートボール場だったようですが
近い内にドッグランになるみたい。

      20160715小山臨海公園05

どんなドッグランが出来るのか?
ちょっぴり楽しみです。


さらに先へと進んでみましょう。

この辺りが、この公園の本来の正面口になるのでしょうか?

      20160715小山臨海公園06



中央広場と言った感じです。

      20160715小山臨海公園07



句碑が有ったり...............

      20160715小山臨海公園08



モニュメントが有ったり...............

      20160715小山臨海公園09


      20160715小山臨海公園10

前回は、こちらまで足を運んでいなかったので
なぜか新鮮な気分です。


海岸沿いの遊歩道。

      20160715小山臨海公園11



ちょっとしたベンチも設置されています。

      20160715小山臨海公園12



東京方面は曇り空。
って言うか雨雲。

千葉は雨らしい。

      20160715小山臨海公園13



網代の港も曇っています。

      20160715小山臨海公園14



見覚えのあるタワー。

      20160715小山臨海公園15

昔の2時間ドラマで熱海を舞台にしたドラマの殺人現場だったような...............
現在は老朽化して立ち入り禁止。



南熱海マリンホール横の築山。

      20160715小山臨海公園16



ここの芝生は気持ち良いのか?
いきなりローリングする びいすけ 。

      20160715小山臨海公園17



相変わらず、天候は優れず
今にも降り出しそうな厚い雲。

      20160715小山臨海公園18



公園内の遊歩道はジョギングコースになっており
一周、約1.2km。

      20160715小山臨海公園19

ほぼジョギングコースを歩いているから、約1.2kmの散策になりそうです。



やはり、関東方面の雲行きは怪しい。

      20160715小山臨海公園20


雨が降り出す前に駐車場に戻りましょう。


このまま真っ直ぐ千葉に向けて車を走らせるか...............?
はたまた、丹沢辺りに寄り道して行くか?

思案所であります...............。




2016/08/08 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

龍ヶ岡公園   (2016年7月7日)(茨城県龍ヶ崎市) 

7月7日 公休日

この日は、茨城県の龍ヶ崎市に出かけました。

馴馬小学校をあとにして、向かった先は...............龍ヶ岡公園


龍ケ岡公園は、公園のシンボルとなっている「たつのこやま」のある公園として、
龍ヶ崎市ではよく知られているそうです。

「たつのこやま」は、市内で最も見晴しの良い、標高41メートル(地上23メートル)の人工の山で、
晴れた日には、頂上から牛久大仏や筑波山などが一望できるそうです。



こちらが龍ヶ岡公園の入口。

まずは、来園の証し。
入口で記念写真。

      20160707竜ヶ丘公園01



公園案内図もしっかりチェックしましょう。

      20160707竜ヶ丘公園02



それでは、龍ヶ岡公園の散策開始です。

龍ヶ岡公園の遊具類があるエリアは『たつのこランド』と称しているようです。

      20160707竜ヶ丘公園03


この長いすべり台が人気らしい。

      20160707竜ヶ丘公園04

背後の小高い山は『たつのこやま』。


たつのこランドの脇の広場には大きなテントが張られたようなステージ。
『たつのこステージ』と言うらしい。

      20160707竜ヶ丘公園05


こちらが、たつのこステージ。

      20160707竜ヶ丘公園07



たつのこステージ正面には、たつのこやま。

      20160707竜ヶ丘公園06




頑張って、たつのこやまに登ってみましょう。

      20160707竜ヶ丘公園08



それなりに長い階段を上って行きます。

      20160707竜ヶ丘公園09



頑張れ! びいすけ 。

      20160707竜ヶ丘公園10


      20160707竜ヶ丘公園11



『たつのこやま』の頂上です。

      20160707竜ヶ丘公園12

それなりに視界が拓けています。


標高は41m。

      20160707竜ヶ丘公園13



頂上には、こんなプレートがあって、おおよその方向が分かります。

      20160707竜ヶ丘公園14




南西の富士山方向。

      20160707竜ヶ丘公園15

晴れてはいるものの、残念ながら富士山は見えず...............。
この時期じゃ無理かな?
真冬の雲の無いカラッと晴れた日じゃないと無理かな?



筑波山方向もガスっている。

      20160707竜ヶ丘公園16


      20160707竜ヶ丘公園17



お隣りの牛久市の大仏もかろうじて確認できるほど。

      20160707竜ヶ丘公園18


      20160707竜ヶ丘公園19

牛久の大仏って、かなりデカくて遠くからでもバッチリ見えるんだけど
それだけ、この日はガスっていたのかな?


眼下の視界はバッチリなんだけどね。

      20160707竜ヶ丘公園20



とにかく、この日は暑かった。
東京では36°Cまで気温が上がったらしい。

龍ヶ崎市も暑かった。

木陰でしばし休憩です。

      20160707竜ヶ丘公園21



『 びいすけ、おやつ食べるぅ〜?』

      20160707竜ヶ丘公園22



食べない訳が無い!(笑)

      20160707竜ヶ丘公園23


      20160707竜ヶ丘公園24




せっかくだから、木立の中を散策してから帰りましょう。

龍ヶ岡公園に隣接する破竹川調節池周辺を散策いたしましょう。

      20160707竜ヶ丘公園25



破竹川沿いにに調整池までな遊歩道を散策します。

      20160707竜ヶ丘公園26


      20160707竜ヶ丘公園27



多くの部分が手付かずと言うか、破竹川沿いに木立の中の林道だけがある。
そんな遊歩道を歩きます。

      20160707竜ヶ丘公園28


      20160707竜ヶ丘公園29


      20160707竜ヶ丘公園30



こちらが調整池。

      20160707竜ヶ丘公園31

調整池の外周は立ち入り禁止。
即ち、こちらが散策路の終点。
かなり歩いてきたけれど、龍ヶ岡公園に戻りましょう。

画像真ん中の白い(?)建物が『たつのこアリーナ』。
龍ヶ岡公園は、その奥。
まだまだ距離はあります。

      20160707竜ヶ丘公園32



日陰を選んで歩きましょう。

      20160707竜ヶ丘公園33



龍ヶ岡公園に戻って来ました。

散歩中に、あまり水を飲まない びいすけ も
この日は水分補給に余念がありません。

      20160707竜ヶ丘公園34


多分、2km近く歩いたんじゃないかな?


本当は、この後に龍ヶ崎市民の森に行って、
森の木立の中の日陰を選んで散策するつもりでいたんだけれど
龍ヶ岡公園で出会ったコーギー連れの方に話を伺ったら、
龍ヶ崎市民の森はペットの連れ込み禁止と言うことなので
このまま大人しく帰ることにしました。

いゃあ夏本番とも言える、まだまだ梅雨明けしない北総地区。
次回の連休にでも、プールに連れて行こうかな...............?





2016/07/28 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

水郷トンボ公園   (2016年7月1日)(茨城県潮来市) 

7月1日 公休日

この日は茨城県潮来市と行方市に出掛けました。

潮来市では主に公園巡り。
とは言っても廃校も巡ったりして...............

徳島小学校をあとにして、向かった先は...............水郷トンボ公園



水郷トンボ公園は、アサザなどの水生植物やビオトープなどがあり、
自然観察のできるスポットです。

※ビオトープとは?
ドイツ語で、安定した生活環境をもった「動植物の生息空間」のことを意味します。
ある限られた地域に、元来そこにあった自然風景を復元することになります。

この公園は、主に親子連れを対象とした施設と言うことで
自然(水生植物、昆虫、カエル等)観察・体験・環境学習・スポーツ・散策ができる場所になっているそうです。


霞ヶ浦から流れ出る北利根川と北浦から流れ出る鰐川。
その二つが合流する地点からすぐ近くの潮来市福島。
正確には北利根川の河川敷になるんだろうか...............?

      20160701水郷トンボ公園01


現地にある看板を見ると、かなりの年月をかけて
地元の有志やボランティアの手によって作られた公園のようです。

      20160701水郷トンボ公園02



もちろん行政の援助もあり、素敵な公園となっています。

      20160701水郷トンボ公園03


河川敷に新たにこう言った水辺を作るのって大変そう。

      20160701水郷トンボ公園04


      20160701水郷トンボ公園05


      20160701水郷トンボ公園06



それでは、ぐるっと公園内を散策いたしましょう。

      20160701水郷トンボ公園07



おいおい! いきなり、ローリング?

      20160701水郷トンボ公園08


これぞ、トンボ公園って感じの看板です。

      20160701水郷トンボ公園09



カワセミが飛来するようですが、しばらく待っても確認市て出来ず。
バードウォッチングは難しい(笑)。

      20160701水郷トンボ公園10


このトンボ公園。
水辺の公園ではあるけれど、河川敷の公園だから
元々の河川敷を利用した広場があります。

時期的に草が伸びてきているけれど
それでも一部は刈られていて、管理はされています。

      20160701水郷トンボ公園11



この辺りは下草が伸びてきているけれど...............

      20160701水郷トンボ公園12


      20160701水郷トンボ公園13



この辺りからは、しっかりと刈られています。

      20160701水郷トンボ公園14



ロングリードを車の中に忘れちゃったから
誰も居ないこと、誰も来ないことを確認して...............

走れ〜! びいすけ !!

      20160701水郷トンボ公園15


      20160701水郷トンボ公園16


      20160701水郷トンボ公園17



孤を描くように広場を3周ほど駆け回る びいすけ 。

      20160701水郷トンボ公園19


      20160701水郷トンボ公園20



そして、ちょっぴりひと休み。

      20160701水郷トンボ公園18



次の瞬間...............

      20160701水郷トンボ公園21



またまた、地面にローリング。

      20160701水郷トンボ公園22



ミミズでも居て、匂い付けをしているのかなぁ?

      20160701水郷トンボ公園23


      20160701水郷トンボ公園24


ドッグランては、中々走り回らない びいすけ ですが
芝生広場のある公園では、なぜか走り回る。


やっぱり、 びいすけ にとっては、ドッグランよりも
広い芝生広場のある公園の方が楽しいのかなぁ...............?






2016/07/19 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

稲荷山公園    (2016年7月1日)(茨城県潮来市) 

7月1日 公休日

この日は、茨城県の潮来市と行方市に出掛けました。

潮来市では、公園巡り。
権現山公園をあとにして、向かった先は...............稲荷山公園


稲荷山公園は、潮来市街地と水郷が一望できるロケーションの公園です。
園内には野口雨情(名作「船頭小唄」の文学碑)の詩碑があります。
公園内には、スギ・ヒバ・スダジイ・クマザサ・ノアザミなど数多くの植物がみられ、
ドバト・キジバト・ムクドリなどの鳥類も見られるそうです。


稲荷山公園と名が付くように、稲荷神社のある台地にある公園です。
台地中腹にある駐車場に車を停め、公園へと向かいます。

      20160701稲荷山公園01


こちらが、公園の入口。

      20160701稲荷山公園02



稲荷神社のある台地は、鬱蒼と木々が茂り
さしずめ、潮来市民の森といった感じ。

まずは、稲荷神社から攻めて行きましょう。

      20160701稲荷山公園03



なぜか、稲荷神社の本堂の囲い塀に稲荷山公園の案内板。

      20160701稲荷山公園04



こちらが、御神木の巨杉。

      20160701稲荷山公園05



こちらが稲荷神社の拝殿。

      20160701稲荷山公園06




稲荷神社の脇と言うか、裏手になるのか?
稲荷山公園の一角には展望台。

      20160701稲荷山公園07



せっかくだから、その眺望を堪能いたしましょう。

      20160701稲荷山公園08



晴れてはいるものの、ガスっていてやっぱり富士山は見えません。
つくづく富士山とは相性が悪いようです。

      20160701稲荷山公園09



展望台から眺める潮来の市街地。
まさに『水郷潮来』。

      20160701稲荷山公園10



実は、この稲荷山周辺も『茨城百景』の一つ。

こちらには、立派な石碑がありました。

      20160701稲荷山公園11

『茨城百景 水郷潮来』。
そのものズバリです。


百景の碑の近くには、「船頭小唄」の石碑

      20160701稲荷山公園12


野口雨情が作詞、中山晋平が作曲したそうです。

      20160701稲荷山公園13



「船頭小唄」の石碑の稲荷神社を挟んだ反対側には、『橋本登美三郎記念碑』。

      20160701稲荷山公園14

地元の潮来市生まれ。
ロッキード事件で失墜してしまったけれど
記念碑が建つのだから、かなり地元に貢献した人なんでしょうね。



この先は深い森。

      20160701稲荷山公園15


散策路も整備されています。

      20160701稲荷山公園16



紫陽花も植栽され、散策路の一部は紫陽花ロード。

      20160701稲荷山公園17

もう半月も早く訪れれば良かったかな?



散策路を歩いていると、いきなりこんな看板が視界に入ってきます。

      20160701稲荷山公園18

水戸光圀公の御休処跡地。


今では草が茫々で見る影もありません。

      20160701稲荷山公園19



こちらは、菊池寛の記念碑。

      20160701稲荷山公園23




杉木立の中の散策路。

      20160701稲荷山公園20


なぜか土塁のような土壇がある。

      20160701稲荷山公園21


こちらの土壇は空堀のようにも見える。
城郭遺構?

      20160701稲荷山公園22

気になったので、公園の草刈りをしていたボランティアの方に話を伺ったら
元々、この稲荷山公園には稲荷山古墳があるらしい。
(正式には稲荷山古墳群と言うぐらいだから、それなりの数がある?)
円型の土壇は古墳跡だと思われけれど、直線的な土壇や堀は
第二次世界対戦中に空襲するB-29爆撃機の迎撃砲をこの稲荷山に設置したらしい。
その時に土壇や堀を作ったらしい。

う〜む、こんな所にも戦争遺構が残っているのか...............

見たくないモノを見てしまったけれど、
迎撃砲の事を聞かなければ、城址だったのかなぁ?と
いつまでも疑問符を抱えていたことでしょう。


稲荷神社の脇で、偶然にも気になる石碑を見つけちゃいました。
それについては、また明日にでも...............。











2016/07/16 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

権現山公園   (2016年7月1日)(茨城県潮来市) 

7月1日  公休日

この日は、茨城県の潮来市と行方市に出掛けました。
潮来市では公園巡り。
水郷北斎公園をあとにして、向かった先は...............権現山公園

向かったと言っても距離にしたら、わずかな距離。
水郷北斎公園から歩いて権現山公園に向かいます。


権現山公園は、江戸時代には牛堀河岸のシンボルとして、
大きな黒松や桜が航行する舟の目印となっていました。
江戸時代後期に活躍した浮世絵師である葛飾北斎の富嶽三十六景
「常州牛堀」がこの場所よりえがかれたと言われております。

「茨城百景」にも選ばれた桜(約250本)とつつじの名所であり、
展望台からは北利根川沿いに広がる水郷地帯や霞ヶ浦が一望できます。
天気がよい日には筑波山と富士山を同時に見ることができ、
また綺麗な夕陽を見ることの出来るビューポイントでそうです。



県道沿いに建つ案内板。

      20160701権現山公園01


権現山公園の麓は、熊野神社。

      20160701権現山公園02

鳥居の奥に見える台地頂部が権現山公園になります。


権現山公園の台地に上がる前に、麓の熊野神社を
散策します。


この熊野神社はこの権現山に熊野権現信仰として祀ったものだと思われ、
江戸時代あたりに熊野信仰が盛んになって、小さな社をまとめて建てたモノらしいが
詳しい由縁は分かりません。
鳥居の神学には『三熊野神社』と記されています。

      20160701権現山公園03


      20160701権現山公園04


潮来市になる前の牛堀町の説明看板。
境内には大きな銀杏の樹があって、天然記念物に指定されていたようです。

      20160701権現山公園05



こちらが、その銀杏の樹。

      20160701権現山公園06


      20160701権現山公園07


      20160701権現山公園08




三熊野神社の拝殿。

      20160701権現山公園09



権現山公園へは、拝殿裏手の散策路を上がって行きます。

      20160701権現山公園10



額に汗を浮かべ、数分歩けば、権現山公園です。

      20160701権現山公園11



公園入口には、立派な石碑。

      20160701権現山公園12



公園に入ってすぐに、芝生広場がお出迎え。

      20160701権現山公園13


この芝生広場の周辺には約250本の桜の木があり
花見の名所となっているようです。

      20160701権現山公園14



この時期は、タンポポもどき(正式な名前は知りません)が咲いています。

      20160701権現山公園15




芝生広場の奥には、大きな四阿。

      20160701権現山公園16

まるで、この下に土俵でもあったのか?
思わず、そんなことを思ってしまいます(笑)。



名誉市民 森内捷夫氏の像。

      20160701権現山公園17



そして、こちらが『茨城百景入選記念碑』。

      20160701権現山公園18


茨城百景とは、昭和25年に観光審議会が選定した100の景勝地です。

この権現山公園周辺は、『水郷牛堀』として『茨城百景』に選定されています。
しかし、『茨城百景』の碑ではなく、『茨城百景入選記念碑』って言うのが笑えます。



『茨城百景』に選定されているだけあって
権現山公園の展望台からの眺望は良い。


      20160701権現山公園19


霞ヶ浦と北利根川。

      20160701権現山公園20

運が良ければ、富士山と筑波山も同時に見る事が出来るらしいが
運には見放されているようです(笑)

ちなみに、『関東の富士見百景』の一つでもあるらしいが
例のプレートの付いた石碑は見当たりませんでした。


公園の奥の別な展望スポットからは北利根川。

      20160701権現山公園21

この先には太平洋があるようです。


この日は汗ばむ気候だったから、
涼しくなったら、また来ようかな...............。





2016/07/15 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

水郷北斎公園   (2016年7月1日)(茨城県潮来市) 

7月1日 公休日

個人的な連休2日目。

この日は、茨城県の潮来市・行方市へ出かけました。


先ず、最初に訪れたのは...............水郷北斎公園


水郷北斎公園は、潮来市西部の国道51号線に隣接し、
北利根橋の袂から北利根川(常陸利根川)沿いおよそ1kmほどの距離に広がる公園です。
公園名称の「北斎」は、葛飾北斎の「常州牛堀」にちなむものだそうです。
園内は一面芝生が敷かれ、つりを楽しむ人々で休日は賑わう場所だそうです。
夏場は水郷潮来花火大会の会場として利用されていて、
花火大会の当日はかなり賑わうそうです。


地元の佐倉市以外の公園に来るのも久しぶり。
本当は、もっと早くに訪れたかったんですが
ついつい伸びがちになってしまい、この日になってしまいました。
以前にも、すぐ近くに来たんですけどね。

駐車場が分からなかったから、以前訪れた図書館(牛堀第一小学校跡)に車を停めて
水郷北斎公園へと向かいます。

      20160701水郷北斎公園01


北利根川沿いにある公園。
堤防沿いの道がちょっとした観光用の散策路のような感じです。

      20160701水郷北斎公園02


古い倉庫もあったりして、かつては北利根川水路の拠点だったかもしれません。

      20160701水郷北斎公園03


      20160701水郷北斎公園04




倉庫のある辺りから、公園内を散策します。

      20160701水郷北斎公園05



お世辞にも広いとは言えない公園。
幅は20mほどですが、縦に長いと言うか
北利根川沿いに数百m続きます。

      20160701水郷北斎公園06



この辺りが下流域の最奥地。

      20160701水郷北斎公園07


ここから、上流に向かって散策して行きます。

      20160701水郷北斎公園08



芝生も管理されているみたいで、この時期にしては雑草も少ない。

      20160701水郷北斎公園09



そう言った芝生があれば、当然かの如く びいすけ はこのポーズ。

      20160701水郷北斎公園10

芝生に仰向きで背中をスリスリ。
どこでこのような仕草を覚えてくるんだろう?
悲しいかな? 犬として生まれ持った習性なんでしょうね。



そして、こう言った広場や公園では、当然のように匂い嗅ぎの徘徊。

      20160701水郷北斎公園11



犬連れで散歩に来る人も多いようで、
放し飼い禁止や放置ウンチの禁止などのよく見かける注意喚起の看板もあります。

びいすけ は他のワンちゃんの残り香に夢中です。

      20160701水郷北斎公園12



水門や北利根橋をバックに北利根川を眺めるのも風情があるような気がします。

      20160701水郷北斎公園13


      20160701水郷北斎公園14

紛れもなく、この地は上州牛堀。
北斎の時代には水門や北利根橋は無かったけど、
北斎もこの風景を目にしたのだろうか...............?




2016/07/14 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

富士見塚古墳公園   (2016年4月15日)(茨城県かすみがうら市) 

4月15日 公休日

個人的な3連休の2日目。

この日は、茨城県のかすみがうら市の廃校巡りをしていました。

安飾小学校をあとにして、次なる目的地を目指して車を走らせていました。
安飾小学校から1.5kmほどの台地に古墳があるようで、
『富士見塚古墳群』なんて看板もありましたが、古墳には興味がないので素通りしたら、
やがて、こんな看板が目に入りました。

      20160415富士見塚古墳公園01



『 富士見塚古墳公園 』

古墳には興味は無いけれど、公園には興味が湧きます。
どんな公園か? 思わず散策してみたくなります。

と言うことで、急遽立ち寄ったのは...............富士見塚古墳公園


富士見塚古墳公園は、霞ヶ浦の高浜入りを望む丘陵に位置し、
公園の中心には、6世紀初めの築造と推定される前方後円墳でがあり、
墳丘の全長は78mに達し、茨城県内有数の規模を誇ります。
前方部墳頂近くからは、複数の遺体が埋葬された内壁を赤く彩色した石棺が出土されたそうです。
標高35mの墳頂からは、冬の晴れた日にはその名の通り富士山をも望むことができるそうです。
その富士見塚古墳を整備した際に併せて整備されて出来た公園です。




こちらが、富士見塚古墳公園資料館。      


台地下部に位置していて、駐車場もあります。

      20160415富士見塚古墳公園02

資料館の中には富士見塚古墳群の出土品も展示されているようですが、
犬連れで中には入れないから、パスいたします。



こちらが、公園案内図。

      20160415富士見塚古墳公園03



では、さっそく散策と参りましょう。

      20160415富士見塚古墳公園04



古墳はこの石段の先。
頑張って上りましょう。

      20160415富士見塚古墳公園05



石段を上りきった先に、どぉ〜んと視界に入ってくる古墳。

      20160415富士見塚古墳公園06



正式には、 柏崎富士見塚古墳 と言うみたいですね。
一応、茨城県指定の史跡となっているようです。

      20160415富士見塚古墳公園08



この富士見塚古墳公園には3基の古墳が保存されています。

      20160415富士見塚古墳公園07


 
こちらが、3号古墳。  
3基の古墳の中で1番小さい。 

      20160415富士見塚古墳公園09


      20160415富士見塚古墳公園10




こちらが2号古墳。
2番目に小さい。

      20160415富士見塚古墳公園11


      20160415富士見塚古墳公園12




そして、こちらが1号古墳。


説明板からして大きい。

      20160415富士見塚古墳公園13


      20160415富士見塚古墳公園14


最初は二つの丸い古墳が並んでいると思っていたら
前方後円墳でした。

      20160415富士見塚古墳公園15


      20160415富士見塚古墳公園16


雑草も見事に刈り込まれ、見た目も美しい。

      20160415富士見塚古墳公園17

しっかりと管理されていると感じられます。



芝生が綺麗に管理されていれば...............

当然、こうなります(笑)。

      20160415富士見塚古墳公園18



気持ちいいんだろうなぁ...............?

      20160415富士見塚古墳公園19


ムクッと起き上がって、体をぷるぷるぷる〜っ!

      20160415富士見塚古墳公園20



さぁ、せっかくだから、1号古墳に上ってみましょう。

      20160415富士見塚古墳公園21


古墳上部も荒れてはいない。

      20160415富士見塚古墳公園22


管理が行き届いているなぁ〜と痛感します。

      20160415富士見塚古墳公園23


霞ヶ浦もバッチリ視界に入ってきます。

      20160415富士見塚古墳公園24


      20160415富士見塚古墳公園25


      20160415富士見塚古墳公園26



筑波の山々も今日はハッキリと見えます。

      20160415富士見塚古墳公園27


富士山の方角がイマイチ分からなかったから確認出来なかったけれど
本当に富士山が見えるのでしょうか...............?




桜の花は散ってしまったけれど、あと1週間か10ほど早く訪れていたら
きっと桜の花も見頃だったのでしょう。

      20160415富士見塚古墳公園28




桜は散ってしまっても、芝生の緑が鮮やかで
びいすけ の足取りも軽い。

      20160415富士見塚古墳公園29



今まで、古墳って避けて来たって言うか、
所詮、太古の昔の墓でしょ?
公園としては意識してなかったけど、これくらい綺麗に整備、管理されていると...............

古墳公園って言うのもアリかな?って思っちゃいます。



2016/05/01 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

つくばの里向陽台公園  (2016年4月2日)(茨城県龍ヶ崎市) 

4月2日 公休日

個人的な連休2日目。
この日は茨城県の利根町と龍ケ崎市の廃校巡りに出かけました。

長戸小学校をあとにして、龍ケ崎市森林公園に向かうはずで車を走らせていると
長戸小学校の近くの工業団地の一角に公園らしきスペースと駐車場が視界に入って来た。

ちょっぴり気になったので、立ち寄ってみた先は...............つくばの里向陽台公園




こちらは、工業団地の案内板。

      20160402つくばの里向陽台公園01

右奥に駐車場と公園の一部が見えます。

駐車場前にある公園の案内板。

      20160402つくばの里向陽台公園02



どうやら、縦長になるけど
それなりに広そうな公園です。

      20160402つくばの里向陽台公園03



公園入り口には、3分咲きのソメイヨシノ。

      20160402つくばの里向陽台公園04


      20160402つくばの里向陽台公園05



あまり期待はしないけれど...............
ちょっぴり散策でもしてみましょう。

      20160402つくばの里向陽台公園06



遊歩道が整備され、その整備時に桜の木が植えられたようで
遊歩道沿いに桜の木が並びます。

      20160402つくばの里向陽台公園07


      20160402つくばの里向陽台公園08



さらに進みましょう。

      20160402つくばの里向陽台公園09

しかし、この時点でロングリードに付け替えなかったのをちょっぴり後悔。




まだまだ桜は続きますが、ほとんど咲いていない。

      20160402つくばの里向陽台公園10


やっと、3分咲き程度の桜の木に出会いました。

      20160402つくばの里向陽台公園11


      20160402つくばの里向陽台公園12


      20160402つくばの里向陽台公園13


      20160402つくばの里向陽台公園14


      20160402つくばの里向陽台公園15




さらに遊歩道を進むと、やがて芝生広場。

      20160402つくばの里向陽台公園16

この辺りが公園の中央みたいです。
お弁当を広げられるベンチとテーブルもあるから
ピクニックには最適かな?
この日は天候も曇り空だから、土曜日だけど誰もいませんでした。


改めて、ロングリードしなかったのを後悔。
半径10mの旋回運動をさせられたんだけどなぁ。



いきなり芝生広場で転がる びいすけ 。

      20160402つくばの里向陽台公園17


気持ち良さそうに『うげっ! うげっ!』と奇声を発しながら
背中を芝生に擦り付け、体を振ってます。

      20160402つくばの里向陽台公園18



芝生広場に建つ標柱。

      20160402つくばの里向陽台公園19

どうやら、この公園の桜の木は平成5年に植樹されたモノのようです。


植樹から23年。
順調に桜の木は育ってくれたようです。
ネットで調べてみると、約300本の桜の木が植樹されたようです。


桜の木よりも芝生の匂いが気になる びいすけ 。

      20160402つくばの里向陽台公園20



さすがに300本の桜の木となれば園内の至る所(主に散策路)に
植樹されている意味がわかります。

      20160402つくばの里向陽台公園21



ベンチのある高台。
桜の花が満開なら言うこと無し!

      20160402つくばの里向陽台公園22

まぁ、四阿があればもっと良いんですけどね(笑)。



森の中へと続く道。

      20160402つくばの里向陽台公園23

当然、先へ進んでみましょう。


しばらくすると、稲荷社が現れます。

      20160402つくばの里向陽台公園24



どうやら、幸田稲荷と言うようです。


幸田稲荷の説明板。

      20160402つくばの里向陽台公園25

その先は行き止まりって言うか、完全な藪。
仕方ないから、散策路に戻りましょう。



つくばの里向陽台公園もこの辺りまで。
公園の端は、溜池(名前は知りません)。

      20160402つくばの里向陽台公園26


      20160402つくばの里向陽台公園27


      20160402つくばの里向陽台公園28


たまたま立ち寄った『つくばの里向陽台公園』。
訪れるのが1週間遅かったら、桜が満開に近くなり
桜の木が並ぶ散策路を歩いていても楽しかったんじゃなかろうか?
人も全く居なかったし、完全な穴場の公園を見つけて、ちょっぴり得した気分。
軽い気持ちで立ち寄ったはずが、ゆっくり歩いていたら
1時間半近く時は流れました。
龍ケ崎市森林公園に行くつもりでしたが
それなりに歩き疲れちゃったので、龍ケ崎市森林公園は今日はパス。
でも穴場の公園を発見できたから良しといたしましょう。

楽しみは後日に取っておきましょう。







2016/04/12 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

殿入中央公園 (2016年3月13日)(東京都八王子市) 

3月13日 公休日


個人的な連休2日目。


上柚木公園をあとにして、向かった先は...............殿入中央公園


もっちゃんが上柚木公園でスマホで検索して見つけた殿入中央公園。
実は、無料の大きな滑り台がある公園らしい。

『 八王子 公園 滑り台 』で検索すると、1発でヒットします。
八王子市最長の105mのローラー滑り台があるらしい。

滑り台好きな もっちゃん のリクエストにお応えして
殿入中央公園にやって来ました。

無料の駐車場の台数が少なく、ギリギリ最後の1台をキープ。
タッチの差で駐車場に入って来た車は皆路上駐車。
もうちょっと駐車場の台数があればいいのに...............。


駐車場からロングリードを付けて、殿入中央公園の散策開始です。

      20160313殿入中央公園01


こちらが、殿入中央公園の入口。

      20160313殿入中央公園03



先ずは、公園の配置図で全体を把握しましょう。

      20160313殿入中央公園02



公園に入ると、いきなりこんな小屋が現れます。

      20160313殿入中央公園04



中には、ローラー滑り台用のマットが置かれています。

      20160313殿入中央公園05

ちなみに、無料で貸し出し。
ダンボールの使用は不可となっています。



そして、こちらがローラー滑り台。

      20160313殿入中央公園06


全長105mの長さは伊達じゃない。

      20160313殿入中央公園07

日曜日だから、このローラー滑り台を目当てに遊びに来ている家族連れも多い。
邪魔にならないように、芝生広場へ移動します。

何せ、この公園に来ている家族連れはローラー滑り台か目当てだから
芝生広場は貸し切り状態です。

      20160313殿入中央公園08


ロングリードの範囲内で好きなだけクンクンしていいよ。

      20160313殿入中央公園09


      20160313殿入中央公園12



大好きな もっちゃん と戯れあうびいすけ 。

      20160313殿入中央公園10


      20160313殿入中央公園11




このあと、コンビニで買ってきたオニギリで芝生広場のベンチでお昼。


お昼も食べたから、そろそろローラー滑り台に行ってみましょう。

      20160313殿入中央公園13



子供たちの合間を縫って、 もっちゃん がチャレンジ。

      20160313殿入中央公園14



意外に、この手の遊具が好きな もっちゃん 。

      20160313殿入中央公園15



童心に帰って楽しんでいるようです(笑)。

      20160313殿入中央公園16



選手交代。
もっちゃん に びいすけ を見てもらいチャレンジです。

      20160313殿入中央公園17



なぜか? 一緒に行こうとする びいすけ 。

      20160313殿入中央公園18

『 ダメぇ〜! 』(笑)


滑ってみて、意外に楽しい。

      20160313殿入中央公園19


      20160313殿入中央公園20



滑っている私を目で追いかける びいすけ 。

      20160313殿入中央公園21


      20160313殿入中央公園22




再び、選手交代。
もっちゃん が再び滑ります。

もっちゃん を目で追う びいすけ 。

      20160313殿入中央公園23


びいすけ の視線の先に もっちゃん が居ます。
まさに、これから滑り出そうという頃合いです。

      20160313殿入中央公園24


      20160313殿入中央公園25



そして、 びいすけ の前を手を振りながら滑り降りる もっちゃん 。
テンションハイ状態?(笑)

      20160313殿入中央公園26



それを目で追いかける びいすけ 。

      20160313殿入中央公園27


      20160313殿入中央公園28



気持ち良さそうに滑り降りる もっちゃん 。

      20160313殿入中央公園29



再び、もっちゃん がチャレンジ。
本日、3回目の滑走です。

      20160313殿入中央公園30


やっぱり、もっちゃん を視線で追いかける びいすけ 。

      20160313殿入中央公園31


      20160313殿入中央公園32


どうやら、この日一番満喫したのは、もっちゃん なのは間違いない!
そして びいすけ は一緒に滑りたいようです。(笑)







2016/04/06 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

まつぶし緑の丘公園 (2016年3月2日)(埼玉県松伏町) 

3月2日 公休日

個人的な連休2日目。
この日はお昼に越ケ谷に用事があって春日部方面に出かけました。

春日部市の庄和総合公園をあとにして、
向かった先は...............お隣の松伏町、 まつぶし緑の丘公園


お洒落な都会の街を散歩するのは、千葉の田舎(?)に住んでいるモノには似合わない(?)
それよりは、普段行かない町のちょっぴり大きな公園を
散策を兼ねて散歩するのが好き。

このまつぶし緑の丘公園も越ケ谷に予定が無ければ
まず、訪れることは無かったでしょう。
そういう意味では、 びいすけ にとっても貴重な体験になるはず。


こちらが
まつぶし緑の丘公園の入り口。

      20160302まつぶせ緑の丘公園02


ロングリードを装着して、いざ散策を開始。
駐車場を元気よく闊歩する びいすけ 。

      20160302まつぶせ緑の丘公園01


こちらは管理棟。

      20160302まつぶせ緑の丘公園03


管理棟の前にある公園案内図で公園全体を把握いたしましょう。

      20160302まつぶせ緑の丘公園04

大きく分けると、広場ゾーンと里山ゾーンと水辺ゾーン に分かれるようです。




公園全体を周遊路が巡り、約900mの距離があるようです。

      20160302まつぶせ緑の丘公園05



中央にある芝生広場。
こちらが広場ゾーンになります。
奥に見える小高い台地のある辺りが里山ゾーンのようです。

      20160302まつぶせ緑の丘公園06



広場ゾーンと言うだけあって、本当に広い。

      20160302まつぶせ緑の丘公園07



この広場を縦横無尽に走り回ったら気持ち良さそうだと思うのですが...............

      20160302まつぶせ緑の丘公園08


走ることより、芝生に転げ回るのか好き(?)な びいすけ 。

      20160302まつぶせ緑の丘公園09


画像をみているだけで、『うげっ、うげっ!!』と言う
びいすけ の奇声が聞こえてきそうです。

      20160302まつぶせ緑の丘公園10


平日だから、芝生広場がガラガラだけど
休日は人がいっぱいになるんだろうか?

      20160302まつぶせ緑の丘公園11




里山ゾーンに移動すると、なぜか立ち入り禁止。

      20160302まつぶせ緑の丘公園12


どうやら、工事中で立ち入り禁止になっています。
      20160302まつぶせ緑の丘公園13


ところで、公園に緑を増やす工事 って何?
植樹でもしているのかな?

      20160302まつぶせ緑の丘公園14


仕方ないので、里山ゾーンは諦めて、散策を続けます。

      20160302まつぶせ緑の丘公園15



またまた、ネットが張られ立ち入り禁止。
今度は照明工事のようです。

      20160302まつぶせ緑の丘公園16

考えたら、今は3月。
役所で言う所の年度末。
それで色んな工事をしているのかな?



外周を歩くのは諦めて、水辺ゾーンに移動します。

      20160302まつぶせ緑の丘公園17


なだらかなスロープを降って行きます。

      20160302まつぶせ緑の丘公園18


降った先には木道。

      20160302まつぶせ緑の丘公園19



調整池の上を木道が先へと導いてくれます。

      20160302まつぶせ緑の丘公園20


しっかりした木道だから揺れもほとんど無い。
水の苦手な びいすけ も怖れることも無く、快調に歩きます。

      20160302まつぶせ緑の丘公園21


      20160302まつぶせ緑の丘公園22


調整池の先はトンボ池。

      20160302まつぶせ緑の丘公園23


夏から秋にかけて、トンボがいっぱい飛んでいるんでしょうか?

      20160302まつぶせ緑の丘公園24



トンボ池の先は、またまた工事中で立ち入り禁止。

      20160302まつぶせ緑の丘公園25

あまりにも工事中で立ち入り禁止が多いと
若干、興醒めしちゃいます。

まぁ、時刻も11時ちょっと前。
越ケ谷に11時半に約束(予約)があるから
撤収するには、ちょうど良いタイミング。

立ち入り禁止が多くて、100%満足していないから
工事が終わって落ち着いた頃に、また来てみようかな...............?


2016/03/28 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

庄和総合公園 (2016年3月2日)(埼玉県春日部市) 

3月2日 公休日

個人的な連休2日目。

この日は、埼玉に出かけました。
先日乗り換えた車の1ヶ月点検で埼玉県の越谷市に出向く用事がありました。
さすがに、千葉県の佐倉市から埼玉県の越谷市はちょっと遠い。
平日だから、通勤渋滞を避けるために早めに自宅を出て、
R16を北上します。


8時過ぎに千葉県を脱出。
約束(予約)の時間は11時半だから、かなり時間がある。
時間調整もあるし、 びいすけ の散歩もしたい。
ならば、以前から気になっていた公園に立ち寄ることにしました。

立ち寄った先は...............庄和総合公園



庄和総合公園のある場所は、現在は春日部市。
以前は庄和町と称していました。
平成の大合併で春日部市と合併して、現在は春日部市になっています。

千葉方面からR16を走っていると、右手方向に大きな凧のモニュメントが現れる。
そこが庄和総合公園です。


駐車場に車を停めて、公園を散策いたしましょう。

こちらが、公園の入口。
誰も気付かないのか?
入口にある石作りの公園の表札が庄和町のままになってます。

      20160302庄和総合公園36


公園案内図をチェックしておきましょう。

       20160302庄和総合公園01






こちらが、R16から見える大凧のモニュメント。

       20160302庄和総合公園02

以前は『庄和』と書かれていましたが
現在は『春日部』と書かれています。

しかし、デカイよねぇ。
下の方に、 びいすけ が居るのが分かります?



ズームにすると、こんな感じで居ます。

       20160302庄和総合公園03



大凧の奥にあるのが多目的広場。

       20160302庄和総合公園04


多目的広場の片隅にある花時計。

       20160302庄和総合公園05


この花時計は、庄和町の町制施行30周年を記念して造られたモノらしい。

       20160302庄和総合公園06



多目的広場と言っても、ほとんど芝生広場。

       20160302庄和総合公園07

茶一色だった芝生もほんのり緑が見え始めています。



クンクンクンと芝生の匂いを嗅ぐ びいすけ 。

       20160302庄和総合公園08


そして、いきなり芝生にゴロ〜ん。

       20160302庄和総合公園09

びいすけが気に入った芝生で、見かける光景。



そして、起き上がってプルプルプル〜っと体を振る びいすけ 。

       20160302庄和総合公園10




多目的広場に隣接するのは、遊具広場。

       20160302庄和総合公園11


       20160302庄和総合公園12


       20160302庄和総合公園13




こちらが中央広場。

       20160302庄和総合公園14

中央広場には碑やモニュメントが多い。

庄和町時代に平和宣言都市の記念に建てられたモニュメント。

       20160302庄和総合公園15


       20160302庄和総合公園16



何かの記念碑? モニュメントかと思っていたら...............

       20160302庄和総合公園17


       20160302庄和総合公園18


噴水でした。濡れなくて良かったぁ(笑)。

       20160302庄和総合公園19



中央広場の奥には修景池。

      20160302庄和総合公園26


       20160302庄和総合公園20


      20160302庄和総合公園21


水鳥たちも気持ち良さそうに日向ぼっこ。

      20160302庄和総合公園22




さらに奥には、湿性植物コーナー。

残念ながら湿性植物はかなり以前に枯れてしまったのか?
その名残りも見えない。

      20160302庄和総合公園23


ただ、湿性植物コーナーは散策路になっています。

      20160302庄和総合公園24


      20160302庄和総合公園25




こちらが野球場。

      20160302庄和総合公園37

内野席の芝生で例によってゴロ〜んと転がる びいすけ 。
『 うげっ、うげっ!』と奇声付き(笑)。

      20160302庄和総合公園27





体育館前のエントランス広場のベンチを見てびっくり!!

      20160302庄和総合公園28

ベンチで猫が日向ぼっこ。


こちらのベンチも日向ぼっこ。

      20160302庄和総合公園29


こちらも。

      20160302庄和総合公園30



そして、こちらも。

      20160302庄和総合公園31

どうやら、捨て猫の子猫たちのようです。

一応、首輪を付けているから、餌やりの面倒を見ている人がいるみたいです。
人に慣れているようで、近寄って来ます。
びいすけ にも、怖る怖る近寄って来ます。

      20160302庄和総合公園32

しかし、10匹近く居たのには驚きました。



体育館の奥は芝生広場。
こちらの芝生広場はバーベキューエリアにもなっているようです。

芝生広場の片隅には、以前に使われていた利根川の揚水ポンプが飾られています。

      20160302庄和総合公園33



広い芝生広場。

      20160302庄和総合公園34


      20160302庄和総合公園35


身近に手軽にバーベキューが出来る公園のようです。


確かに多目的広場があり、体育館があり、野球場があり
テニスコートがあって、バーベキューも出来る。
いろいろ遊べる総合公園ですね。

こんな公園がある春日部市の旧・庄和町エリアの人が羨ましい。











2016/03/27 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

主基斎田址公園   (2016年3月1日)(千葉県鴨川市) 

3月1日 公休日

個人的な連休初日。

この日は鴨川市へ出かけました。


金山城址をあとにして、向かった先は...............主基斎田址公園


主基斎田は、明治天皇の即位後最初の新嘗祭である大嘗祭に
斎田として選ばれた場所です。
大嘗祭に用いられる新穀は卜定された悠紀と主基の2ヶ所の斎田から献上されます。

明治4年の大嘗祭では、悠紀斎田が甲斐国巨摩郡に、
主基斎田が安房国長狭郡北小町村字仲ノ坪の6反歩に卜定されました。

明治22年に北小町村を含む5ヶ村の合併の際に大嘗祭にちなみ由基村とされ、
大正4年に主基村と改称されました。
現在はその栄誉を記念して碑が建立され、
主基斎田址公園として整備されています。



長狭街道(県道34号線)を鴨川市内から保田方面に向かって車を走らせていると
右手方向に『主基斎田址公園』の案内看板が目に留まります。

昨年、長狭街道を走っていて、気になっていました。


案内に従って進んで行くと、やがて田圃の中に
一画だけ、ポツンと島になったような高台があります。

      20160301主基斎田址公園01

その島のような台地が主基斎田址公園です。


こちらが、主基斎田址公園。

      20160301主基斎田址公園02

思いの外、小さな公園です。

      20160301主基斎田址公園03


一応、主基斎田址だから、標柱も建てられています。

      20160301主基斎田址公園04


      20160301主基斎田址公園05



主基斎田についての説明板も用意されています。

      20160301主基斎田址公園06



広くない公園に背の高い碑。

      20160301主基斎田址公園07

公園入口から見たら碑は裏になる。

表に回ってみると、
『 明治天皇大嘗祭御斎田主基之地』と刻まれています。

      20160301主基斎田址公園09

まさしく、主基斎田の碑 です。



その隣には、何やら変な形をした碑。

      20160301主基斎田址公園08


こちらも正面に回ってみると..............................

      20160301主基斎田址公園10

お米の形をしていたんですね。

『長狭米 日本の米作り百選 』と刻まれています。

長狭米については、最近知ったんですが
長狭米は、鴨川市の長狭地区で生産されたコシヒカリの事なんですね。
嶺岡山系は蛇紋岩が多く、湧き出る水にも豊富にミネラルを含んでいるため、
長狭の土地の重粘土質の水田から穫れるお米は、土質、水、気候など恵まれた自然の中で育ち、
江戸時代より美味しいお米の産地とされていたようです。
長狭米は、平成2年に「日本の米つくり百選」に選ばれています。
その記念碑なんですね。


公園そのものは、非常に狭い。
広く見積もっても15m×20mほど。

      20160301主基斎田址公園11


散歩とか言ったレベルの行動が当てはまらない公園。

      20160301主基斎田址公園12



公園に隣接する田圃は今も長狭米を作っているんでしょう。

      20160301主基斎田址公園13


田植えの時期までひと休みと言ったところでしょうか。

      20160301主基斎田址公園14


田圃の中に忘れさられたかのように、ポツンと佇む公園。

      20160301主基斎田址公園15

記念碑のための公園と言った方が適切か?
公園とは名ばかり。
公園の二文字に騙された(?)感がしなくでもない。

まぁ、美味しいお米の産地でもあるから
コレはこれで良しとしておきましょう。



2016/03/25 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今日の散歩@佐倉城址公園 《 日本の歴史公園百選 》  (2016年2月25日) 

2月25日 公休日

個人的な連休初日。


この日は、午前中に近くの商店会を散歩を兼ねて歩き
城下町ひな巡り を楽しんでみました。

午後からは、散歩の第2回戦。
佐倉城址公園に出かけてみました。


いつもは、京成佐倉駅前を通って菖蒲園側から城址公園に入って行きますが
今日は気分を変えて、鏑木町の麻賀多神社前を通り、
佐倉城趾の大手口側から入って行きましょう。


大手口の大手門辺りは、古い県営住宅も2年ぐらい前に解体・撤去されていましたが、
どうやら、土塁跡等の発掘調査が始まるようです。

      20160225佐倉城址公園01

と言うことは、大手門跡辺りに何かが建てられるのでしょうか?



話は戻って...............
大手門跡から城址公園までの直線道路は桜並木。

      20160225佐倉城址公園02

桜の花にはまだまだ早いけれど
今年も桜の花を見にくるつもりです。




城址公園入り口に団体さん。

      20160225佐倉城址公園03

そう言えば、駐車場に観光バスが2台停まっていた。
団体さんの後ろで耳を澄ませると、どうやら
地元ボランティアのガイドの方が佐倉城について説明をされています。


あれ?

いつの間にか、看板が新しくなっている。
縄張り図も見やすくなっている。

      20160225佐倉城址公園04


      20160225佐倉城址公園05


ひょっとして、佐倉市って佐倉城址に力入れてる?


この素敵な城址公園にお金を掛けてくれるのは、喜ばしいこと。
個人的には、市民税の払いがいがあるって言えるなあ。



三の丸の空堀。

      20160225佐倉城址公園06



往時よりは埋もれていると思うけれど
この空堀が描くなだらかな曲線が好き。

      20160225佐倉城址公園07


      20160225佐倉城址公園08



三の丸門跡にある城址公園の看板でいつものように、はいポーズ☆、パチリ。

      20160225佐倉城址公園09



三の丸の土塁も見事。

      20160225佐倉城址公園10



二の丸門跡の近くに建つ、正岡子規の歌碑。

      20160225佐倉城址公園11



こちらも説明看板が新しくなっていました。

      20160225佐倉城址公園12

昨年の12月に更新されたようです。



本丸広場。

      20160225佐倉城址公園13


とりあえず、誰もいない。

      20160225佐倉城址公園14



ついついリードを持つ手が緩みます。

      20160225佐倉城址公園15

ロングリードじゃないから、半径5mぐらいが限度。


直ぐに呼び戻します。

      20160225佐倉城址公園16


      20160225佐倉城址公園17



『 伏せして待て! 』が出来るお利口さん(笑)。

      20160225佐倉城址公園18


ドッグランではなかなか走ってくれないけれど
なぜか、城址公園の本丸広場では走る気満々。

      20160225佐倉城址公園19


やっぱり、芝生がいいのかなぁ?

      20160225佐倉城址公園20




本丸は土塁で囲まれ、土塁沿いに桜の樹々が立ち並ぶ。

      20160225佐倉城址公園21


ソメイヨシノは何とか蕾が確認出来る程度。

      20160225佐倉城址公園22

実は、佐倉城址公園は桜の名所でもあります。
ソメイヨシノだけではなく、オオシマサクラ、カンザクラと言ったように
数種の桜の木が公園内に在ります。


こちらはカンザクラ。

      20160225佐倉城址公園23


こちらは咲いています。

      20160225佐倉城址公園24





本丸から二の丸へと移動。

      20160225佐倉城址公園25



そして、二の丸から三の丸へと移動。
ここを下れば、梅園と姥ヶ池。

      20160225佐倉城址公園26


食い違い虎口の先は梅園。

      20160225佐倉城址公園27



土塁の上に在る梅の木もいい感じで花を咲かせています。

      20160225佐倉城址公園28


梅園の白梅も満開は近い。

      20160225佐倉城址公園29


      20160225佐倉城址公園30


いつもは寒々しく感じる姥ヶ池の水も
心なしか冷たい感じはしない。
(実際は冷たいとは思うけど...............)

      20160225佐倉城址公園31


2月25日。
今年は暖冬と言われてはいたものの
最近は朝晩は冷え込みがキツイけれど
少しずつ、春は近づいているようです。

      20160225佐倉城址公園32


今年の桜の開花予想は3月25日なんて言われていたりもします。
( 2016年3月1日 現在 )

ちょうど1ヶ月後の3月25日、
桜は咲いているだろうか..............................?


2016/03/16 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

横利根閘門ふれあい公園 《 日本の歴史公園百選 》 (2016年2月21日)(千葉県香取市) 

2月21日  公休日

個人的な連休2日目

前日は雨が降るって事で遠出を断念。
その反動でしょうか?
朝6時に自宅を出て、茨城県の行方市へ出かける事にしました。

最終目的地は行方市の旧・麻生町ですが
その前に寄り道をしちゃいましょう。

と、言うことで立ち寄った先は...............横利根閘門ふれあい公園


当初は予定には無かったのですが、たまたますぐ前を通りがかったら
何気に良さそうな公園に見えたので、急遽駐車場に車を停めて
公園を散策する事にしました。
まぁ、自宅を出てから1時間は経っているから
びいすけ のオシッコにはタイミング的にちょうど良い。

      20160221横利根閘門ふれあい公園01



車から見えたこの景色。

      20160221横利根閘門ふれあい公園05



駐車場から改めて眺めてみると、芝生と四阿、そして水門。
この景色を見て、何となく惹かれました。

      20160221横利根閘門ふれあい公園02



では公園内を散策と参りましょう。
まずは、配置図で公園全体を把握いたしましょう。

      20160221横利根閘門ふれあい公園03


      20160221横利根閘門ふれあい公園04


公園の名称の一部でもある『横利根閘門』(よことねこうもん)とは...............

明治の初め、現在の横利根川筋から北利根川・常陸利根川を流れていたが、
1900年(明治33年)から始まった利根川改修工事により現在の利根川筋へ流れが移された。
利根川増水時に横利根川を通じて霞ヶ浦沿岸に氾濫をもたらしていたことから
利根川と霞ヶ浦を分断するため、また増水時にも舟運に支障を来たさないように、
第2期改修工事の一部として建設されたのが横利根閘門です。
1914年(大正3年)に着工し、7年後の1921年(大正10年)に完成しました。

そして、2000年(平成12年)に日本における煉瓦造閘門の近代化遺産として
国の重要文化財に指定されました。
驚くべきは、今なお現役で動く閘門として年間に約千隻の船の通行があると言うことです。




大正時代に作られた閘門の真横には古めかしい歯車。

      20160221横利根閘門ふれあい公園06


閘門の上は当然通行できませんが( 現在も開閉するため )、
すぐ真横までの近付けます。

閘門脇から眺める水門。

      20160221横利根閘門ふれあい公園07



公園内は中洲のような感じで、ぐるっと散策路があります。
せっかくだから、散策路を歩きましょう。

      20160221横利根閘門ふれあい公園08


      20160221横利根閘門ふれあい公園09


      20160221横利根閘門ふれあい公園10


      20160221横利根閘門ふれあい公園11



びいすけ の背後に見えるのが閘門。

      20160221横利根閘門ふれあい公園12


確かに、煉瓦作りは時代を感じさせます。

      20160221横利根閘門ふれあい公園13



再び、閘門の方に戻りましょう。

      20160221横利根閘門ふれあい公園15


対岸も公園の敷地のようです。

      20160221横利根閘門ふれあい公園16


対岸へ移動しましょう。

と言っても閘門は渡れないから、一度水門を渡って対岸へと向かいます。
水門へは四阿のある芝広場を抜けて行きます。

      20160221横利根閘門ふれあい公園17



この芝生広場の雰囲気はやっぱりいいなぁ。

      20160221横利根閘門ふれあい公園18

この風景を目にしたら、やっぱり素通りは出来ないなぁ。



芝生広場から見た対岸。

      20160221横利根閘門ふれあい公園19



水門の上から眺める横利根閘門ふれあい公園と閘門。

      20160221横利根閘門ふれあい公園20


こちらが、横利根閘門ふれあい公園の対岸側。

      20160221横利根閘門ふれあい公園21



対岸側は少し高台になっているから、閘門を眺めるにはこちら側の方が良いみたい。

      20160221横利根閘門ふれあい公園22



利根川治水の立派な石碑もあるし、すぐ近くには管理事務所もある。

      20160221横利根閘門ふれあい公園23

要するに、こちら側がこの公園の中心なんだろうなぁ。




フェンスの向こうの閘門。
渡し板があるっていう事は、閉じている時には渡れるのかなぁ?

      20160221横利根閘門ふれあい公園24



鷺系の水鳥も餌になる魚を求めてやって来るようです。

      20160221横利根閘門ふれあい公園25



煉瓦と鉄骨のオブジェは、改修工事の時に撤去した閘門の一部。

      20160221横利根閘門ふれあい公園26


      20160221横利根閘門ふれあい公園27


偶然、通りかかって立ち寄った公園だけど
この『横利根閘門ふれあい公園』は、『日本の歴史公園百選』に選ばれていたりする。
地元の『佐倉城趾公園』も『日本の歴史公園百選』に選ばれている。
やっぱり歴史的遺産が絡む公園には、素敵な公園が多いようです。

『日本の歴史公園百選』、とりあえず関東地区だけでも追っ掛けちゃおうかな〜?



2016/03/05 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit