07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

宗像神社《印西・平賀》 (2013年11月16日)(千葉県印西市) 

11月16日 公休日

印旛沼北岸に13社点在する宗像神社。


これまでに

宗像神社《印西・戸神》
宗像神社《印西・船尾》
宗像神社《白井・清戸》
宗像神社《印西・鎌苅》
宗像神社《印西・山田》
宗像神社《印西・瀬戸》
宗像神社《印西・吉田》
宗像神社《印西・岩戸》
宗像神社《印西・師戸》
                   と巡ってきました。



その多く(12社)が、印西市に点在し、
さらには、その内の10社が旧・印旛村に点在します。

そもそも、印旛村は 旧・宗像村と六合村が合併して新しく生まれた村。
そんな背景もあって、旧・印旛村域に多く点在しているのでしょう。


今回訪れたのは、旧・六合村域になるのか?
印旛沼を挟んでいるため微妙なところ
以前も山田の宗像神社の時にもそんなことを感じていましたが
山田の宗像神社の近く、西に1.5kmほど離れた位置になるんでしょうか?


      宗像神社《印西・平賀》






こちらが、神社入り口。
樹齢の高そうな木々の奥に鳥居が覗けます。


      20131116宗像神社 平賀01


鳥居と並ぶように 村社宗像神社 と記された石碑があります。


      0131116宗像神社 平賀02



こちらが、石造りの鳥居。


      0131116宗像神社 平賀03


      0131116宗像神社 平賀04


      0131116宗像神社 平賀05


鳥居の神額は、宗像神社とはっきりと明記されています。


      0131116宗像神社 平賀06


鳥居をくぐって、参道を本殿に向けて歩きます。
参道で振り返れば、こんな感じです。


      0131116宗像神社 平賀07



参道の隅には、古い鳥居の一部が無造作に置かれています。


      0131116宗像神社 平賀08

おそらく、以前は木造の鳥居だったのでしょう。
石造りの鳥居に改修された時の物でしょう。


参道の先を見つめる びいすけ。


      0131116宗像神社 平賀09


視線の先にあるものは…………


      0131116宗像神社 平賀10



鳥居改修の記念碑でした。


      0131116宗像神社 平賀11


どうやら、鳥居は平成14年に改修されたようです。



拝殿前の狛犬と3ショット。


      0131116宗像神社 平賀12


こちらが拝殿。


      0131116宗像神社 平賀13



宗像神社としては、珍しい提灯が飾られていました。


      0131116宗像神社 平賀14



拝殿の屋根の瓦の神紋。
ごく普通の 三つ巴。


      0131116宗像神社 平賀15



この説明板によると、こちらの宗像神社の神紋は
『柏の葉』らしい。


      0131116宗像神社 平賀16



そして、その神紋の由来となった柏の木。

由緒ありそうな宗像神社だけれど、
意外に柏の木は小さかった。(大きくはなかった)


      0131116宗像神社 平賀17




こちらが、本殿。


      0131116宗像神社 平賀18


本殿の瓦の神紋は柏の葉と思ったけれど
これは、どう見ても菊の神紋に見えるのだけれど………


      0131116宗像神社 平賀19




拝殿前の境内。
広くはありません。


      0131116宗像神社 平賀20


でも、木々に陽を遮られ、
苔むした感じが、神秘さを醸し出すのでしょうか?


      0131116宗像神社 平賀21


鳥居から本殿までの参道が200m近くあり
その両脇には杉の木が生い茂り、陽も遮られがちで
独特の雰囲気が溢れている。

こう言った神社から何か感じるものを人はパワーと呼び、
そして、それを感じる場所を人はパワースボットと言うんだろうか………?



関連記事
スポンサーサイト
2013/11/29 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit