09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

雄滝・雌滝    (2013年11月1日)(山梨県南都留郡道志村) 

11月1日 公休日

滝の魅力にハマった昨今。

山梨県道志村には、数ヶ所の滝があると知り
廃校巡りのついでに滝巡りもして来ました


向かった先は...........

     雄滝・雌滝


道志街道を山中湖側から相模湖側に東上すると
進行方向左側に、こんな看板が建っています。

実は、先月朝霧高原に遊びに行った帰りに道志街道を走り、
大まかな場所はチェック済み。
その時は陽も暮れてしまい、夜の帳の中でしたので見学も出来ず
本日の訪問と相成りました。


      20131101雄滝雌滝01


看板から沢沿いに山道を歩きます。
しばらく歩けば、小さな案内板が目に入ります。


      20131101雄滝雌滝02



さらに、沢に沿って歩いて行きます。


      20131101雄滝雌滝03



石段を乗りこえて沢を渡るのですが、
びいすけ、びびりまくり。

『び・び・びの びいすけ』じゃなくて、
『び・び・りのびいすけ』状態です。(笑)


      20131101雄滝雌滝04



この沢を上ったところに雄滝・雌滝があります。


      20131101雄滝雌滝05



こちらが雌滝。
道沿いに沢を上って手前の左側にあります。


      20131101雄滝雌滝06



糸のように細く流れることから、雌滝と名付けれたようです。


      20131101雄滝雌滝07


      20131101雄滝雌滝08



雌滝の右奥10mほど先に雄滝があります。


こちらが雄滝。
雌滝に比べ、豪快に太く流れていることから
雄滝と名付けられたそうです。


      20131101雄滝雌滝09



確かに、雌滝と比べると幾分太い流れのようです。


      20131101雄滝雌滝10



滝ではなく、山肌を見つめる びいすけ。
何かあるのでしょうか?


      20131101雄滝雌滝11


何もないんですが…………。


      20131101雄滝雌滝12



何もない事に気づいたようです。(笑)


      20131101雄滝雌滝13


確かにミストはいっぱい浴びて、リフレッシュ出来そう。

山あいの陽も遮る沢沿いだから、ヒンヤリと言うよりは
むしろ肌寒い感じ。




ミストも一杯体感したし、オゾンもそれなりに吸収(?)したから
そろそろ下に降りましょう。

沢沿いの下り道を歩き、渡し石に乗って帰ります。

ここでも、び・び・りのびいすけ(笑)。


      20131101雄滝雌滝14


      20131101雄滝雌滝15


なだめすかし、何とか駐車場に戻りました。


さぁ、次なる滝を目指しましょう!!


関連記事
スポンサーサイト
2013/11/18 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit