FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

高井城址 (2013年6月11日)(茨城県取手市) 

6月11日 公休日




北総のドッグランで遊んだあとに向かった先は........


    高井城址



茨城県取手市の外れって言うかつくばみらい市との境界となる
小貝川近くに高井城址はあります。


高井城の築城時期は不明ですが、信太小次郎重国が信太郡から移り住み築城し、
相馬氏を名乗ったと言われています。
高井城主は代々相馬氏を称し、天正年間に高井下総守直将がはじめて高井氏を称した。
高井胤永のときに北条氏側につき、天正十八(1590)年の小田原の役で没落した。
胤永の三男・胤正の子孫が横瀬伊勢守保広を名乗って
江戸時代前期まで居住したが、その後、広瀬氏と改め帰農し、
高井は廃城になったと言われています。




現在の高井城址は 高井城址公園 として一部整備され開放されています。



こちらが 高い城址公園 の入り口
この坂を下っていくと左手に駐車場があり
右手の小高い台地が城址となります。 


     20130611高井城址20


こちらが 高井城址公園

背後の台地が主郭となります

      20130611高井城址01



かつての水堀跡は湿生植物の園地となり、
(と言っても管理が不十分で雑草の生い茂った湿地帯となっています)
その一角に、ひっそりと城址碑が建っています。


      20130611高井城址02



これが、その水堀跡


      20130611高井城址03





これが登城路

向かって右側が二郭、左が主郭となります。


      20130611高井城址04




登城路を上った先には、立派な説明看板が建っています。


      20130611高井城址05


      20130611高井城址06




こちらが主郭虎口


      20130611高井城址07


      20130611高井城址08



主郭虎口の土塁。
高さもあり物見台の役割をしていたかもしれません。


      20130611高井城址09


      20130611高井城址10


      20130611高井城址11





こちらが主郭。 
この辺りは、枯れ落ち葉の雑木林っていう雰囲気ですが
公園という割には荒れていて、雑草の生い茂るところが多い。


      20130611高井城址12





主郭の下方には犬走りがぐるっと取り巻いています。

犬走りに佇む犬(びいすけ)


      20130611高井城址13



主郭直下の枡形を、さらに下から見上げてみるとこんな感じ。


      20130611高井城址14





四郭に建つ妙見神社。
歴代の高井城主である相馬氏は千葉氏の一族であり
千葉氏ゆかりの城郭には必ずと言っていいほど、
この妙見神社があります。


      20130611高井城址15



石造りの鳥居にはしっかりと 妙見八幡宮 の神額が飾られています。


      20130611高井城址16



こちらが本殿


      20130611高井城址17


本殿の神紋は九曜星
確かに妙見神社の神紋は九曜星ですが
ここは千葉氏ゆかりの地にある妙見神社
千葉氏の家紋である月星紋だと良かったのに.........

      20130611高井城址18





四郭あたりは民家が多く高井集落となっています。
往時の面影はかなり失われていますが
民家の周りにこんな土塁があったりして
かつての武家屋敷の面影(?)がを感じたりしてしまいます。


     20130611高井城址19




高井城址の斜め前の台地も城郭の雰囲気が満載でしたが
私有地ということで立ち入り禁止。

偶然なのか?

その立派なお宅の門柱には広瀬という表札がかかっていた。
江戸時代前期に帰農した高井城主の末裔なんだろうか..........?


 


 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2013/06/25 Tue. 20:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret