FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

大関城址 (2013年2月7日)(千葉県東金市) 

2月7日 公休日




田間城址を訪れたついでに、
同じ東金市内にある大関城址に立ち寄ってみました。

東金市と言っても、ほとんど九十九里町と言っても良いところ。
東金市依古島の大関神社がある辺りが大関城址と言われています。



これが、その大関神社。


      20130207大関城址01


      20130207大関城址10


      20130207大関城址02


      20130207大関城址03


      20130207大関城址04


      20130207大関城址05


九十九里有料道路によって、大関城址は分断されたというか
破壊されてしまったようです。

かつての主郭跡地が大関神社のようです。


      20130207大関城址06

写真のように、大関神社のすぐ脇を九十九里有料道路が走っています。



大関神社の拝殿の裏に回ってみましたが
この冬の時期でも深い藪で、おまけに心無い人のゴミなんかが散乱していて
とても藪の中に入っていく勇気はありませんでした(笑)。


大関城址の周りをぐるっと散歩してみることにしました。



      20130207大関城址07


奥の森が大関城址です。
周りは田圃に囲まれていますが、
往時はこの一帯は湿地帯だったらしく
南白亀(なばき)川と真亀川に囲まれた標高4~5mの浜堤砂丘地帯に
大関城址はその湿地帯を天然の防御設備として築城されました。

『上総国誌』によれば、元久元年(1204)畠山重忠の支族が安房国から上総国に移り、
畠山重康の代に大関城を造営して武威を伸ばしていたが、
東金酒井氏と相争い、大永6年(1526)12月、酒井隆敏に攻められて大関城は落城、
畠山重康は上谷常福寺に逃れたが、自決し畠山氏は滅亡したといわれています。


      20130207大関城址08


      20130207大関城址09



田圃のあぜ道を通り、城址まで戻ってみました。
ちょうど、大関神社の森&藪を挟んでの裏手にあたります。

かつての堀跡か?


      20130207大関城址11



藪の切れ目から森の中に入ってみると
土塁らしき土盛りがありました。


以前は、大関神社の前に東金市教育委員会が作成した
大関城址の説明版が建っていたらしいのですが
朽ち果ててしまって捨てられたのでしょうか?
今は無くなってしまいました。


昨年末にリニューアルされた東金市のHPにも
東金市の文化遺産として紹介されているんだから
せめて、説明版ぐらいのこしておいて欲しいなぁ.....。



      20130207大関城址12


びいすけ も説明板が無いとつまんないよ~

そんなことを言っているようです............



 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2013/02/21 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret