FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

庁南城址 (2013年2月3日)(千葉県長生郡長南町) 

2月3日 公休日



睦沢町の勝見城址のあとに向かったのは

長南町の庁南城址



この庁南城址も辿りつくのに苦労しました。
おおよその検討を付けて、近くを徘徊していたのですが
今一歩、それらしきところがなく、
結局、セブンイレブンで買い物ついでに道を聞いて
目標である 太鼓の森 への道順を聞いて走ります。

この案内看板を見つけた時は、ホッとしました。


      20130203庁南城址13





庁南城は千葉氏一族の長南氏がこの地に城を築いたといわれるが
確かではない。
甲斐守護職の武田信満(武田信玄の6代前の武田氏当主)の次男である武田信長が
関東公方・足利成氏の命を受け、上総に進出。
真里谷と庁南に城を作り、上総での基盤を築き上げた。
その後、武田氏は庁南武田氏(嫡流)と真里谷武田氏(分家)に分かれ
武田信長の孫である武田道信が庁南城主になった際に
庁南武田氏と称するようになりました。

激動する戦国時代には安房・里見氏と敵対する小田原北条氏の配下となり
1590年、秀吉の小田原攻めの際、
徳川家康の家臣、浅野長政・本多忠勝の房総別働隊の手によって
上総・下総の多くの城と同じように落城したと言われています。
上総武田氏の嫡流である庁南武田氏は滅亡してしまいました。




長南城もこの地方の城の独特の構造
すなわち、尾根を城塁とする構造の城だと言われています。





この奥の森が太鼓森。


      20130203庁南城址01




しっかりと説明看板が建っています。


      20130203庁南城址02




何かの石碑なのですが........
字がよく読めませんでした。


      20130203庁南城址03



千葉氏ゆかりの妙見社。
大きな鳥居が、私と びいすけ を歓迎してくれています(笑)


      20130203庁南城址04


 

この左の高台の森が 太鼓台



     20130203庁南城址05




妙見社の手前の土塁


      20130203庁南城址06



妙見社の建つ郭
往時はここに居館が有ったのかもしれません。


      20130203庁南城址07


      20130203庁南城址08


      20130203庁南城址09


この尾根に囲まれた谷戸が中城として構築された庁南城。
尾根がやせ細っていて、それだけの郭を構成できないため
独特な構造の城館だったと言われています。


       20130203庁南城址12



この池も防備の一役を買っていたのでしょう 


      20130203庁南城址10


      20130203庁南城址11








織田信長の手によって滅亡された甲斐の武田氏宗家。
そして、信長の家臣だった豊臣秀吉によって滅亡された
小田原北条氏と運命を共にした庁南武田氏。

なんとなく因縁というか、悲しい命運を感じてしまうのは
私だけなのだろうか..........?










 
    
関連記事
スポンサーサイト



2013/02/14 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret