FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

勝見城址 <やすらぎの森>  (2013年2月3日)(千葉県長生郡睦沢町) 

2月3日 公休日



一宮町の高藤山城址を出発して、次に向かったのは
お隣町、睦沢町の  勝見城址


睦沢町森林休養施設 やすらぎの森 勝見城址にあたります。


駐車場に車を入れ、いざ、登城です。


      20130203勝見城址01


勝見城は、高藤山城主であり、
上総一族の主・上総介広常の弟の金田頼次の城であったと伝承されています。

兄である上総介広常とは逆に源頼朝の旗揚げ以前から
三浦氏の居城衣笠城に入るなどして、
頼朝政権の確立に協力し、頼朝の信頼を得ていた。

しかし、寿永二年(1183年)上総介広常の謀殺とともに蟄居を命ぜられ、
その後病死したとされたと言われています。
上総氏滅亡の後は、一族の千葉氏の支配下にもなりしたが、
戦国時代はこの地方で勢力を争っていた上総・武田氏(庁南・武田氏)や
安房国・里見氏の家臣の正木氏の居城となったりもしました。
その後、小田原北条氏の配下の城となり、
秀吉の小田原攻めの際、北条家滅亡と同じくして
勝見城も落城、そして廃城となったと言われています。






上総地方の山城は細く連なった尾根を城塁として活用し
いくつもの郭を有す形態が多いようで
この勝見城もその一つ。

尾根に向かって登っていきます。


      20130203勝見城址02




尾根上に残っている土塁と堀切


      20130203勝見城址03


      20130203勝見城址04


 尾根に登れば高台に祠があります。


     20130203勝見城址05



祠の奥は物見台でしょうか?
視界は抜群!
北方からの敵の襲来に備えていたのでしょう。



      20130203勝見城址06



尾根伝いに、もう一つの祠があります。


      20130203勝見城址07



尾根伝いに歩いていくと
いきなり、橋が現れます。


      20130203勝見城址08


堀切に架かる橋です。
見事な堀切

下まで降りて撮影しましたが
登るのが大変.........
すっべって転びそうになっちゃいました(笑)


      20130203勝見城址09




尾根道の高台
おそらく、ここも物見台だったのでしょう


      20130203勝見城址10



しばらくすると、勝見城址の説明看板がありました。


      20130203勝見城址17


尾根から一度、下に降りれば、観音曲輪。
かつて、ここには観音堂が建っていました


      20130203勝見城址15



観音曲輪は勝見城で唯一の平坦地と言っても過言ではなさそう。
おそらく主郭はこの場所だったのでしょう。


      20130203勝見城址16



公園化された時に建てられた展望台


      20130203勝見城址12



その展望台からの展望
遠く九十九里海岸も視野に入ります。


      20130203勝見城址11



観音曲輪の端には盛土による高台があり
往時のものか? 公園整備の際のものか?

ベンチが置かれ、ハイキングの休憩にはピッタリです(笑)。

      
      20130203勝見城址13



観音曲輪には子供たちが遊べるように
遊具まで用意されています。
完全に公園化されていますね。


      20130203勝見城址14


再び、尾根に戻れば........

北辰妙見碑があります。

     
      20130203勝見城址18



千葉氏ゆかりの城ではご存知、妙見神社。
ここにも、かつてはその妙見神社の祠があったのでしょう。





さらに、その先には尾根を分断する大きく、深い堀切があります。

なんと、吊り橋が掛かっていて驚きです。


      20130203勝見城址19


      20130203勝見城址20



びいすけ は、ビビってなかなか吊り橋を渡ろうとしません。(笑)


      20130203勝見城址21



吊り橋を渡った先は、勝見曲輪


      20130203勝見城址22



こちらは、水生植物園


      20130203勝見城址23


      20130203勝見城址24



勝見城の尾根を降りれば、歓喜寺
ちょうど、この日は節分で、境内でイベントをしていましたが
犬連れは大人しく退散(笑)


      20130203勝見城址25



山門の手前には勝見城址の説明看板が建っていますが
色あせてほとんど読めません。


      20130203勝見城址26


歓喜寺の山門への入口に勝見城址の標柱が
朽ち果てて倒れていました。

睦沢町よ、もうちょっと文化財の管理に目を配りませんか?


      20130203勝見城址27





なかなか歩きごたえのあった勝見城址
ほとんどが尾根歩きとなってしますが
なかなか手強い廃城ですが、見所もいっぱいあった廃城でした.................。



 
 



 
関連記事
スポンサーサイト



2013/02/13 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret