FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

光勝晩鐘 臼井八景第七景 (2013年1月26日)(千葉県佐倉市) 

1月26日 公休日


臼井八景は印旛沼周辺の風景のうち、臼井城跡付近から眺めた八つの勝景を、
中国の瀟湘八景にならって選び出したものである。
これは臼井城主の子孫にあたる臼井秀胤(号は信斎)と、
円応寺二十四世住職の玄海(号は宋的)とによって
元禄十一年(1698)につくられたと言われています。


 第一景 舟戸夜雨(ふなとやう)      船戸大橋近く
 第二景 遠部落雁(とうべのらくがん)  西印旛沼自転車道路沿い
 第三景 飯野暮雪(いいのぼせつ)    西印旛沼自転車道路沿い
 第四景 師戸帰帆(もろときはん)     船戸大橋近く
 第五景 瀬戸秋月(せとしゅうげつ)   西印旛沼自転車道路沿い
 第六景 城嶺夕照(じょうれいせきしょう)臼井城址(臼井城公園)
 第七景 光勝晩鐘(こうしょうばんしょう) 光勝寺
 第八景 洲崎晴嵐(すざきせいらん)   八幡台第一公園


その臼井八景を制覇しようと、印旛沼まで出かけてきました。


臼井八景制覇シリーズ(?)第7弾


     光勝晩鐘



      20130126 光勝晩鐘01


      20130126 光勝晩鐘03



けふも暮れぬあはれ幾世をふる寺の 鐘やむかしの音に響くらん   


      その昔、臼井村の夕暮れ時に、光勝寺で撞く梵鐘の音は
      般々として湖岸に響き渡り、
      その鐘声は里の人々に日暮れの時刻を知らせるとともに
      村人に心の安らぎを与えていた。
      今日も日が暮れて光勝寺の鐘が鳴っている。
      幾年月を経た古寺であるが、
      鐘の音だけは今も昔のままに響き渡っている。      
      と歌の作者は湖畔の夕景を詠んでいる。


              (現地 説明看板より抜粋)



      20130126 光勝晩鐘04


一遍上人の像


      20130126 光勝晩鐘02



山号は 臼井山 光勝寺 のようです。

      
      20130126 光勝晩鐘05



こちらは本堂。


      20130126 光勝晩鐘06



高台にある光勝寺ですが
往時と比べ木々も生い茂り
印旛沼の視界はよくありません。

墓地のある高台から背伸びして
やっと印旛沼を望むことができました。


      20130126 光勝晩鐘07



冬のこの時期ではありますが、
日暮れには、まだまだ早く
梵鐘も聞こえてきません。

聞くことはできなかったけれど
数百年経った今でも、その梵鐘は本当に変わらないのだろうか.......?


 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2013/02/05 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret