FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

瀬戸秋月 臼井八景第五景 (2013年1月26日)(千葉県佐倉市) 

1月26日 公休日



臼井八景は印旛沼周辺の風景のうち、臼井城跡付近から眺めた八つの勝景を、
中国の瀟湘八景にならって選び出したものである。
これは臼井城主の子孫にあたる臼井秀胤(号は信斎)と、
円応寺二十四世住職の玄海(号は宋的)とによって
元禄十一年(1698)につくられたと言われています。


 第一景 舟戸夜雨(ふなとやう)      船戸大橋近く
 第二景 遠部落雁(とうべのらくがん)  西印旛沼自転車道路沿い
 第三景 飯野暮雪(いいのぼせつ)    西印旛沼自転車道路沿い
 第四景 師戸帰帆(もろときはん)     船戸大橋近く
 第五景 瀬戸秋月(せとしゅうげつ)   西印旛沼自転車道路沿い
 第六景 城嶺夕照(じょうれいせきしょう)臼井城址(臼井城公園)
 第七景 光勝晩鐘(こうしょうばんしょう) 光勝寺
 第八景 洲崎晴嵐(すざきせいらん)   八幡台第一公園


その臼井八景を制覇しようと、印旛沼まで出かけてきました。


臼井八景制覇シリーズ(?)第5弾



     瀬戸秋月



      20130126 瀬戸秋月01


      20130126 瀬戸秋月02



もろこしの 西の湖かくやらん には照る浪の 瀬戸の月影 

   
 
      晴れわたった秋の夜、
      向う岸にある瀬戸村の空高く澄んだ月が冴え渡り、
      その名月が印旛沼の水に映えて、きらきらと光り輝いている。
      清らかな風が静かな水面を渡ってゆくと、
      湖面の月影は流れるようにさざ波に漂って見える風景の美しさで有名な、
      もろこし(中国)の西湖も、名月の夜はきっとこのように見事な情景であろう、と
      臼井八景の作者は、未だ見ぬ中国の名勝に想いを寄せながら、
      瀬戸の秋月を上の歌に詠んでいる。
      (歌の"には"は波の静かで平らな水面の意)瀬戸はこの場所から見ると、
      印旛沼の右手一番奥まった対岸に位置し、
      以前は佐倉市(土浮)から瀬戸へ渡し舟が通っていたが、
      印旛沼が北と西に分断されてからは、瀬戸は佐倉市と地つづきになった。
      その瀬戸村も今は印旛村となり、現在瀬戸は同村の中心地となっている。
      臼井八景のうち、遠部落雁や光勝晩鐘などの光景は、この地から失われてしまったが、
      三百年前に八景の作者が臼井の岸辺から愛でた、瀬戸秋月は、
      今でもこの辺りから湖上に美しく眺めることができる。


                          (現地 説明看板より抜粋)
     



      20130126 瀬戸秋月03


      20130126 瀬戸秋月04


      20130126 瀬戸秋月05


      20130126 瀬戸秋月06


      20130126 瀬戸秋月07


      20130126 瀬戸秋月08


      20130126 瀬戸秋月09


      20130126 瀬戸秋月10



この説明看板が建っている辺りは、かつて臼井の町に住んでいた時
一番近い印旛沼の沼辺でした。

毎年、開催される佐倉市の花火大会の時もこの辺りに来ていた。

8年前に椎間板ヘルニアの手術をしたあと、リハビリと称して
この辺りは散歩に出歩いてきたものでした。

もっとも昼間だったので、名月を眺めることはありませんでしたが.......

いつの日か、その名月とやらを見てみたい......
そんな気がしてなりません。



 

 

 

関連記事
スポンサーサイト



2013/02/03 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret