FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

遠部落雁 臼井八景第二景 (2013年1月26日)(千葉県佐倉市) 

1月26日 公休日



臼井八景は印旛沼周辺の風景のうち、臼井城跡付近から眺めた八つの勝景を、
中国の瀟湘八景にならって選び出したものである。
これは臼井城主の子孫にあたる臼井秀胤(号は信斎)と、
円応寺二十四世住職の玄海(号は宋的)とによって
元禄十一年(1698)につくられたと言われています。


 第一景 舟戸夜雨(ふなとやう)      船戸大橋近く
 第二景 遠部落雁(とうべのらくがん)  西印旛沼自転車道路沿い
 第三景 飯野暮雪(いいのぼせつ)    西印旛沼自転車道路沿い
 第四景 師戸帰帆(もろときはん)     船戸大橋近く
 第五景 瀬戸秋月(せとしゅうげつ)   西印旛沼自転車道路沿い
 第六景 城嶺夕照(じょうれいせきしょう)臼井城址(臼井城公園)
 第七景 光勝晩鐘(こうしょうばんしょう) 光勝寺
 第八景 洲崎晴嵐(すざきせいらん)   八幡台第一公園


その臼井八景を制覇しようと、印旛沼まで出かけてきました。


臼井八景制覇シリーズ(?)第2弾


     遠部落雁


臼井八景第二景
 
      

      20130126 遠部落雁01


      20130126 遠部落雁02


手を折りて ひとつふたつと かぞふれば みちてとおべに 落つる雁がね


     鹿島川が印旛沼に流れ込むあたりは、昔から遠部と言われてきた。
     川口一帯には鹿島川が運んできた砂によって広い洲ができ
     そこは鳥たちにとって、この上ない遊び場だった。
     秋になると付近の稲や粟が実って渡り鳥の格好の餌場であり
     安全な休息地でもあった。
     沼辺の芦が枯れ始める頃、列を作って飛んできた鴈の群が
     この砂浜に舞い降りてくる。
     長旅で疲れた翼を休め、餌をついばんで空腹を満たしていた
     
     飛んできた鴈の列を眺めて、指を折りながらその数を
     一つ、二つと数えているとちょうど指いっぱいの十という数になったとき
     鴈たちは遠部の浜に落ちるように舞い降りてきた..........


                    (現地 説明看板より抜粋)




      20130126 遠部落雁03


      20130126 遠部落雁04


      20130126 遠部落雁05


      20130126 遠部落雁06


      20130126 遠部落雁07


      20130126 遠部落雁08


      20130126 遠部落雁09


      20130126 遠部落雁10




この直後、 びいすけ の気配を感じ、水鳥たちが一斉に飛び立ちました。

確かに、この地には水鳥たちが多いようです。



秋の日の夕暮れ、この沼辺に列を作って飛んでいる鴈を見てみたいものです........


 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2013/01/31 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret