FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

舟戸夜雨 臼井八景第一景 (2013年1月26日)(千葉県佐倉市) 

1月26日 公休日


私の住んでいる佐倉市には印旛沼があります。



臼井八景は印旛沼周辺の風景のうち、臼井城跡付近から眺めた八つの勝景を、
中国の瀟湘八景にならって選び出したものである。
これは臼井城主の子孫にあたる臼井秀胤(号は信斎)と、
円応寺二十四世住職の玄海(号は宋的)とによって
元禄十一年(1698)につくられたと言われています。



 第一景 舟戸夜雨(ふなとやう)      船戸大橋近く
 第二景 遠部落雁(とうべのらくがん)  西印旛沼自転車道路沿い
 第三景 飯野暮雪(いいのぼせつ)    西印旛沼自転車道路沿い
 第四景 師戸帰帆(もろときはん)     船戸大橋近く
 第五景 瀬戸秋月(せとしゅうげつ)   西印旛沼自転車道路沿い
 第六景 城嶺夕照(じょうれいせきしょう)臼井城址(臼井城公園)
 第七景 光勝晩鐘(こうしょうばんしょう) 光勝寺
 第八景 洲崎晴嵐(すざきせいらん)   八幡台第一公園


佐倉市に住んで10数年
臼井の街にも5年ほど住んでいましたが
臼井八景には一度も訪れたことがありませんでした。


何となく、今年は地元・佐倉を見直してみようよう言う気もあり
臼井八景を制覇してみようと出かけてきました。


まずは、臼井八景第一景

    舟戸夜雨



      20130126 船戸夜雨01




漁する舟戸の浪のよるの雨に ぬれてや網の縄手くるしき   


    舟戸は昔、上総から常陸へ通ずる道の渡船場であった。
    また印旛沼で魚や貝を捕る漁師たちの、船留の場所にもなっていた。
    このあたりは漁師の家が点在する鄙びた小さな漁村であった。
    その昔、舟戸の風景は晴れた日中もよいが、雨の降る夜もまた
    格別の風情があったといわれる。
    しとしと小雨の降る舟戸の夜は物寂しく、
    暗い岸辺の家からは青白い灯がぼんやりと光って見える。
    時折宵闇の湖面から水浴する鴨の声がさわがしく聞こえてくる。
    この雨のなか、漁師の翁が小舟に乗って漁をしている。
    網が雨に濡れ、浪に寄せられて、網をひく縄手が辛そうにみえる、
    と前掲の歌は、雨の夜景を詠んだものである。


                      (現地 説明看板による)
 



      20130126 船戸夜雨02


      20130126 船戸夜雨03


      20130126 船戸夜雨04


      20130126 船戸夜雨05


      20130126 船戸夜雨06


      20130126 船戸夜雨07


      20130126 船戸夜雨08


      20130126 船戸夜雨09


      20130126 船戸夜雨10



450年近く前に作られた和歌の時代とは違ってきているれど
この 舟戸夜雨 の近くにはレンタルボート屋があって
川魚釣りやブラックバス釣りの愛好家が来られているようです。

漁村とは言えないけれど、それなりの風情が今尚、残っているのかな.....?


 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2013/01/30 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret