FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの御朱印巡り   《西叶神社》  (2021年5月1日)(神奈川県横須賀市) 

5月1日

この日は、横須賀市に出かけました。

東叶神社をあとにして、、向かった先は.........西叶神社。


西叶神社は、横須賀市西浦賀に鎮座する神社です。

養和元年(1181年)京都神護寺の僧文覚が源家の再興を発願し、
石清水八幡宮を当地に勧請され、もし源氏の再興実現せし折は、
永く祭祀を絶たざるべしと祈念したところに始まるとされています。
その後、文治2年(1186年)には源頼朝公が源家再興願意成就の意を込めて
神号を改め『叶大明神』と尊称されたと伝えられています。

と、由緒に至っては東叶神社と同じ。
と言うのも、元禄五年(1692)に江戸幕府の行政政策により、
浦賀は東西の浦賀村に別けられ、元々総鎮守は西岸に所在していたから、
長い間、その氏子として、叶神社の神徳を仰ぎ戴いてきたことにより、
東岸にも今まで通り、同じ御神徳をと願う信仰心が、分霊祭祀となり
東西の叶神社が存在することになったようです。

御祭神は、誉田別尊(応神天皇)
       比売大神
       息長帯比売命(神功皇后)


社号標。

     20210501西叶神社01


一の鳥居。

     20210501西叶神社02


二の鳥居。

     20210501西叶神社03


二の鳥居に掲げられた神額。

     20210501西叶神社04


二の鳥居脇に建てられた由緒書き。

     20210501西叶神社05


そして、由緒書きの脇には別な社号標が建つ。

     20210501西叶神社06


参道の石段。

     20210501西叶神社07


石段の先には拝殿。

     20210501西叶神社08


拝殿正面。

     20210501西叶神社09


拝殿正面に掲げられた扁額。

     20210501西叶神社10



別アングルからの拝殿。

     20210501西叶神社11


     20210501西叶神社12



そして、こちらが本殿。

     20210501西叶神社13


拝殿前の狛犬。

     20210501西叶神社14


     20210501西叶神社15


拝殿前の天水桶。

     20210501西叶神社16



境内社・福寿弁財天。

     20210501西叶神社17


こちらも境内社(相殿)。
左から、「船守稲荷神社」「三峰神社」「大鷲神社」「淡島神社」。

     20210501西叶神社18


こちらも境内社・老山福寿稲荷社。

     20210501西叶神社19



以前は裏山に登れたようですが、現在は立ち入り禁止。

     20210501西叶神社20


社務所。

     20210501西叶神社21


授与所。

     20210501西叶神社22

御朱印はこちらで拝受する事が出来ます。


そして、こちらが御朱印。

     20210501西叶神社23


やはり、力強い筆使いの書体。
御朱印らしい御朱印で、こう言った御朱印を頂くと
ちょっぴり嬉しくなってしまいます。





関連記事
スポンサーサイト



2021/05/29 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit