FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの御城印巡り   《浦賀城》  (2021年5月1日)(神奈川県横須賀市) 

5月1日  

この日は、横須賀市に出かけました。

御朱印巡りの参拝で訪れた東叶神社。
この東叶神社の奥の院のある台地は、
戦国時代の城郭で在る浦賀城址になります。

以前に通販で浦賀城の御城印を手に入れていたから
(その時の記事は こちら )
いつか、びいすけ と一緒に城址巡りに訪れたいと思っていましたが
それも果たせぬ夢となってしまいました。

しかし、御朱印巡りで東叶神社に来たのだから
浦賀城址を攻城しないわけには行きません。

御城印を手に浦賀城址へ、いざ出陣!!

     20210501浦賀城01


浦賀城は、小田原北条氏3代目当主である北条氏康が北条水軍の拠点として、
また、三崎城の支城として築いた城とされています。
安房里見氏からの攻撃に備え、浦賀水道から房総半島が一望できる
叶神社(東叶神社)境内の明神山に築城されました。
そのため、里見義弘との房相一和後に廃城となりました。
(豊臣秀吉の小田原征伐後に三崎城とともに廃城になった説もあります。)


こちらが、浦賀城の縄張り図。

     20210501浦賀城縄張り

                               (余湖さんのHPよりお借りしました。)



東叶神社の背後の明神山が浦賀城址になります。

     20210501浦賀城02


東叶神社の拝殿から奥の院へと続く石段が登城路になります。

     20210501浦賀城03


この石段の先が奥の院。
すなわち、浦賀城址になります。

     20210501浦賀城04


こちらが奥の院。

     20210501浦賀城07


奥の院が鎮座する場所が浦賀城の郭になります。

     20210501浦賀城08

確かに明神山頂部の削平地は城址らしく見える。


その一角に建てられた城址の説明板。

     20210501浦賀城09


びいすけ父さん、浦賀城址見参!!

     20210501浦賀城10


奥の院の背後の土塁。

     20210501浦賀城11


     20210501浦賀城12


     20210501浦賀城13


城址碑は無かったけれど、城址説明板辺りからみる浦賀水道。

     20210501浦賀城14


その昔、北条氏はこの海を眺め、
安房国の里見氏の襲来を監視していたのだろう。

     20210501浦賀城15



こちらが、浦賀城の御城印。

     20210501浦賀城16

歴トキ(山城ガールむつみのHP)の通販で手に入れたモノ。


こちらも浦賀城の御城印。

     20210501浦賀城17

こちらは、東叶神社の授与所にて頒布されていたモノ。

二種類の御城印が発行されていますが
御朱印に優劣などなく、どちらも浦賀城の御城印。
攻城記念でもあり、登城記念の証になります。



関連記事
スポンサーサイト



2021/05/28 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit