FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの御朱印巡り   《東叶神社》  (2021年5月1日)(神奈川県横須賀市) 

5月1日

この日は、公休日。

びいすけ の四十九日め明けたことだから
久しぶりに遠出の外出をしてみようと思いたち
それならば、以前から びいすけ と一緒に行こうと
計画をしていた横須賀市に出かけました。

千葉県からは東京都を間に挟むため、朝夕の渋滞を考えると
なかなか足が伸びなかった横須賀。
本当は、もっと早く びいすけ と一緒に行きたかったんだけどね。


最初に向かったのは、東叶神社。

東叶神社は、横須賀市東浦賀に鎮座する神社です。

養和元年(1181年)京都神護寺の僧文覚が源家の再興を発願し、
石清水八幡宮を当地に勧請され、もし源氏の再興実現せし折は、
永く祭祀を絶たざるべしと祈念したところに始まるとされています。
その後、文治2年(1186年)には源頼朝公が源家再興願意成就の意を込めて
神号を改め『叶大明神』と尊称されたと伝えられています。

浦賀港の東側に鎮座しており、
浦賀港の西側には「西叶神社」が鎮座しています。
東西の叶神社は、対となる存在であり
元々は「西叶神社」より東叶神社が勧請された歴史があるそうです。


御祭神は、誉田別命。



社号標。

     20210501東叶神社01


神社社頭。

     20210501東叶神社02


手水舎。

     20210501東叶神社03



参道の石段。

     20210501東叶神社04

石段の先に社殿が鎮座しています。


拝殿前の狛犬。

     20210501東叶神社05


     20210501東叶神社06



拝殿。

     20210501東叶神社07



拝殿正面。

     20210501東叶神社08


拝殿正面に掲げられた扁額。

     20210501東叶神社09

かなりピンぼけ。
まだまだ未熟な腕前ですね。


別アングルからの拝殿。

     20210501東叶神社10


     20210501東叶神社11


社殿背後の山へと続き石段を進みます。


その途中に鎮座する稲荷社

     20210501東叶神社18



奥の院へと続く道と石段。

     20210501浦賀城06



こちらが奥の院。

     20210501東叶神社13


奥の院の周りにも境内社は鎮座する。

境内社の東照宮。

     20210501東叶神社14


境内社の神明社

     20210501東叶神社15


勝海舟断食の碑。

     20210501東叶神社16



授与所奥の境内社・身代わり弁天社。

     20210501東叶神社12


弁財天の脇の水鉢。

     20210501東叶神社17

この水は、開運と金運のご利益が得られるらしい。



拝殿脇の御輿庫。

     20210501東叶神社23




神社社頭の鳥居脇に建つ由緒書き。

     20210501東叶神社19


手水舎の奥にも由緒書き。

     20210501東叶神社20




こちらが、御朱印。

     20210501東叶神社24



授与所にて拝受いたしました。
力強い筆の文字、華やかな御朱印が増えた昨今ですが
御朱印らしい御朱印ですね。



関連記事
スポンサーサイト



2021/05/27 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit