FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

小原城址   (2021年2月25日)(茨城県笠間市) 

あらかじめ3月初旬に作成した記事を予約投稿をしていますので、
タイムリーな話題ではありませんが、御承知おき下さい。



2月25日

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。

大古山八幡神社をあとにして、向かった先は...............小原城址。


小原城は、永享元年(1429年)、里見満俊(安房国・里見義宣の子)が小原の地を与えられ、
築城したとされ、文亀2年(1501年)に里見七郎義俊によって大改修されたと言われています。
平地に築かれた平城で、東西約400m、南北約350mの規模であり、
20m四方の主郭を中心に三重の水堀があり、高い土塁によって囲われていました。
本丸跡には御城稲荷神社が鎮座し、周囲には土塁が明瞭に残され、
水堀の一部が残されています。

天正19年(1591年)、里見氏は佐竹氏の侵攻により事実上没落し、
小原城も前後して廃城になりました。


こちらが、小原城の縄張り図

     20210225小原城址24


     ( 余湖さんのHPよりお借りしました )。




本丸跡に鎮座する御城稲荷神社の鳥居。

     20210225小原城址01


御城稲荷神社の社殿。

     20210225小原城址02



鳥居脇には、『小原城本丸跡』の標柱

     20210225小原城址04



すぐ近くにも、別な標柱。

     20210225小原城址05



鳥居脇の土塁。

     20210225小原城址06


こちらは説明板。

     20210225小原城址07


     20210225小原城址08


縄張り図も載っていました。

     20210225小原城址09



本丸跡の中心には地域の集会所が建ち、ゲートボール場にもなっている。

     20210225小原城址23



本丸跡の土塁。

     20210225小原城址10


     20210225小原城址11


     20210225小原城址12


本丸跡の土塁と堀跡。

     20210225小原城址13


堀跡の説明板。

     20210225小原城址14


小原城址の本丸跡は笠間市の文化財に指定されていますが
笠間市に合併以前の友部町の時の平成3年に、
この水堀跡は埋められてしまいました。

     20210225小原城址15


     20210225小原城址16


御城稲荷神社の背後の土塁と堀跡。

     20210225小原城址17
 
     
     20210225小原城址18


     20210225小原城址19



この辺りには、堀跡らしき雰囲気が残っている。

     20210225小原城址20

そこは、神社の裏参道口近く。


裏参道口は、まるで虎口のようにも見える。

     20210225小原城址21


桜の木の脇も堀が埋められたのが分かります。

     20210225小原城址22

せっかく近年(といっても20年近く前)まで堀跡が残っていたんだから
埋められてしまったのは、残念ですね。




関連記事
スポンサーサイト



2021/04/06 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit