FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩 江東区編 《繁栄稲荷神社》 (2021年2月14日)(東京都江東区) 

あらかじめ2月末に作成した記事を予約投稿をしていますので、
タイムリーな話題ではありませんが、御承知おき下さい。

2月14日 繁栄稲荷神社


この日は、夜勤明け。

自宅へ帰る前に2時間ほどの寄り道。
門前仲町から木場界隈を散歩いたします。

富岡八幡宮をあとにして、洲崎神社へと向かっていると
木場駅近くで小さな神社を見つけました。

     20210214繁栄稲荷神社01


社号標には、『繁栄稲荷神社』と刻まれています。


繁栄稲荷神社は、東京都江東区木場に鎮座する神社です。

宝暦7年(1757年)呉服商大丸の祖下村彦右衛門が深川木場の別邸に、
伏見稲荷から分霊して祀ったことが始まりとされています。
その後、明治44年(1911年)に根津嘉一郎の青山邸(現根津美術館)に移され、
同家の嘉栄稲荷として祀られました。
これにより関東大震災と戦火を免れ、昭和36年(1961年)に大丸に返譲され、
旧地の近くに移されました
さらに平成元年に大丸コアビルの建築に伴い、
現在地に移築されたそうです。 


御祭神は、宇迦之御魂大神。


神社社頭。

     20210214繁栄稲荷神社02


鳥居に掲げられた神額。

     20210214繁栄稲荷神社03


社頭に設けられた由緒書き。

     20210214繁栄稲荷神社04



境内に設置された説明板。

     20210214繁栄稲荷神社05

どうやら、こちらの社殿は、江東区の文化財に指定されています。
江東区唯一の木造神社建築として高く評価されているようです。


参道。

     20210214繁栄稲荷神社06


手水鉢。

     20210214繁栄稲荷神社007


拝殿。

     20210214繁栄稲荷神社08


拝殿正面。

     20210214繁栄稲荷神社09


拝殿正面に掲げられた扁額。

     20210214繁栄稲荷神社10


向拝の彫刻。

     20210214繁栄稲荷神社11


拝殿左右に掲げられた額。

     20210214繁栄稲荷神社12


     20210214繁栄稲荷神社13


拝殿前の天水桶。

     20210214繁栄稲荷神社14


拝殿前の狛犬。

     20210214繁栄稲荷神社15


     20210214繁栄稲荷神社16


こちらは、拝殿前の『神使いのキツネ』。

     20210214繁栄稲荷神社17


     20210214繁栄稲荷神社18


境内には梅野花がポツリポツリと咲き始めている。

     20210214繁栄稲荷神社19


     20210214繁栄稲荷神社20


     20210214繁栄稲荷神社21



春はすぐ近くまでやって来ているんですね。

関連記事
スポンサーサイト



2021/03/29 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit