FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御城印を求めて  《勝浦城》   (2021年2月6日)(千葉県勝浦市) 

あらかじめ作成した記事を予約投稿をしていますので、
タイムリーな話題ではありませんが、御承知おき下さい。


2月6日  

この日は勝浦市に出かけました。

昨年の春以降、雨後の筍のように
千葉県の城郭の御城印が彼方此方で発行されています。
 
昨年の年初には、市原市の佐是城 だけでしたが
今や数多くの御城印が発行されています。

勝浦市でも1月30日に2つの城郭の御城印が発行されました。
その御城印を手に入れるべく、訪れたのは.........遠見岬神社。

     20210206勝浦城01


勝浦湾の東南端に突き出た天然の険しい崖の上(八幡岬)に築かれた海城(要害)で、
築城経緯・時期などの詳細は不明ですが、
大永元年(1521年)に真里谷城の城主だった上総武田氏の一族の真里谷信興(真里谷信清?)が
安房の里見義堯による北上阻止のために支城として築城されたという説があります。
その後、真里谷武田家の一族の居城となっていましたが、
真里谷武田家が内紛で勢力を弱めると、小田原北条氏と里見氏が
上総に進出するようになり、天文13年(1544年)里見方の正木時茂が
大多喜城の真里谷朝信を滅亡させ、朝信の勢力圏を里見氏の傘下に収めたときに
勝浦城も里見方となったとされています。
以後は、正木氏の一族の正木時忠が入り、勝浦正木氏と称するようになりました。
時忠は後に里見氏を裏切り、小田原北条氏に寝返りますが
里見氏は勝浦城に激しい攻撃を加えこれを取り戻しています。
小田原北条氏が甲斐武田氏との戦いが激しくなり、
小田原北条氏の援護を得られない正木氏は最終的には里見氏に帰属しますが
天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原攻めの際に
徳川家康の配下である本田忠勝の攻撃を受けて落城し、廃城となりました。




勝浦城の縄張り図。

     20210206勝浦城23


( 余湖さんのHPよりお借りしました )



現在は、八幡岬公園となっている勝浦城址。

     20210206勝浦城02


実は、この勝浦城址に訪れるのは、これで2回目。
( 前回の攻城記は こちら )


八幡岬の突端に位置するから海も近い。

     20210206勝浦城03


二郭と三郭の間の台地に八幡神社が鎮座しています。
その八幡神社の参道口に建つ城址碑。

     20210206勝浦城04


     20210206勝浦城05


     20210206勝浦城10



城址碑の前で、攻城の証。パチリ☆

     20210206勝浦城06



こちらが、八幡神社。

     20210206勝浦城07


     20210206勝浦城08


     20210206勝浦城09



二郭に建つ勝浦城址の説明板。

     20210206勝浦城11


     20210206勝浦城12


二郭は、公園として整備されています。

     20210206勝浦城13


     20210206勝浦城14




二郭から主観へと繋ぐ階段。

     20210206勝浦城15


階段を上った先が主郭。
主郭も公園として整備されています。

     20210206勝浦城16


八幡岬の突端でもあるから眺望は良い。

     20210206勝浦城17



『お万の布さらし』の説明板。

     20210206勝浦城19

天正18年豊臣秀吉に攻略され北条氏が滅亡すると、
勝浦城も本多忠勝や植村泰忠らの軍勢に攻められて落城いたしました。
14歳の姫君お万様は炎上する城を後に、母と幼い弟をつれて
八幡岬の東側40mの断崖に白い布を垂らして海に下り、
小船で館山方面に逃れたということです



『お万の方』の説明板。

     20210206勝浦城18

正木頼忠の娘であったお万は、後に徳川家康に見出されて、側妾となります。
そこで生まれたのが、徳川頼宣(徳川家康の十男で、紀州徳川家の祖。常陸国水戸藩、
駿河国駿府藩を経て紀伊国和歌山藩主となりました。)
徳川頼房(徳川家康の十一男。常陸水戸藩の初代藩主。水戸徳川家の祖。)の2人です。
紀州徳川家、水戸徳川家の生みの親になります。


『お万の方』の像。

     20210206勝浦城20


『お万の方』の像の背後の海。

     20210206勝浦城21

断崖絶壁。
本当にこの断崖を白布で降りたのだろうか?



こちらが、勝浦城の御城印。

     20210206勝浦城22

北総地区(下総)だけでなく、安房国の御城印もポツポツと発行されるようになりました。
この先が楽しみです。






関連記事
スポンサーサイト



2021/03/18 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit