FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの途中下車の散歩  《宮久保白幡神社》  (2021年2月4日)(千葉県市川市) 

2月4日

この日は夜勤明け。

定時の10時に仕事を終え、帰宅の途に着きます。
日暮里駅から京成本線に乗って自宅へと向かいますが
京成八幡駅で途中下車。
駅からちょっと歩くけれど、
以前から気になっていた神社を巡ります。

白幡天神社をあとにして、向かった先は.............白幡神社。


宮久保白幡神社は、市川市宮久保に鎮座する神社です。

創建年代等は不詳ながら、往古は八幡宮と称していたとされ、
文明18年(1485年)に再建されたと言う記録が残る古社です。
一説には、当地にはかつて葛飾八幡宮が鎮座していたものの、
海退による陸地化の進展に伴って遷座したとも言われています。

大正7年に八幡神社(譽田別命)、白幡神社(武内宿祢)、
天満天神社(菅原道真)をはじめ、諸社を合祀し、
白幡神社と改称したとされています。


御祭神は、武内宿祢、譽田別命、天満天神



表参道の社号標。

     20210204白幡神社01


参道口。

     20210204白幡神社02



参道口に建つ標柱。

     20210204白幡神社03

石橋山の戦いに敗れ、安房に逃げ延び再起を図った源頼朝が
下総国国府に向かう際に軍勢を整え、白幡を立てたとされ
馬を休め、衣を掛けたと言う松が在ったとされています。


石段を上がりきった先に一の鳥居。

     20210204白幡神社04


高台の台地の参道を進めば朱色の二の鳥居。

     20210204白幡神社05


さらに、三の鳥居(これを鳥居と表現して良いのか?)

     20210204白幡神社06


裏には、こんな銘板。

     20210204白幡神社35

平成30年に建てられたようです。


改めての社号標。
   
     20210204白幡神社07


さらに進めば四の鳥居。

     20210204白幡神社08


     20210204白幡神社09


鳥居の先には狛犬。

     20210204白幡神社10


     20210204白幡神社11



境内参道。

     20210204白幡神社12


手水舎。

     20210204白幡神社13


拝殿。

     20210204白幡神社14


拝殿正面。

     20210204白幡神社15


     20210204白幡神社16



別アングルからの拝殿。

     20210204白幡神社17
 

     20210204白幡神社18


そして、こちらが本殿。

     20210204白幡神社19



拝殿前の獅子山。

     20210204白幡神社20


     20210204白幡神社21



社殿右側の参道口の鳥居。

     20210204白幡神社22


その鳥居に掲げられた神額。

     20210204白幡神社23


こちらは、社殿右奥の参道口の鳥居。

     20210204白幡神社24


その鳥居に掲げられた神額。

     20210204白幡神社25


鳥居の先には手水舎。

     20210204白幡神社26


そして、狛犬。

     20210204白幡神社27


     20210204白幡神社28



境内社。

     20210204白幡神社29


     20210204白幡神社30


     20210204白幡神社31


     20210204白幡神社32



合祀記念碑。

     20210204白幡神社33



社殿改築記念碑。

     20210204白幡神社34



境内の御神木。

     20210204白幡神社36
     20210204白幡神社37



立派な社務所がありますが、普段は無人のようです。

     20210204白幡神社38



こちらが、白幡神社の御朱印。

     20210204白幡神社39


本務社の白幡天神社にて頂きました。


関連記事
スポンサーサイト



2021/03/13 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit