FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩 世田谷区編 《世田谷城址》 (2021年1月20日)(東京都世田谷区) 

1月20日 

この日は、夜勤明け。
都内の世田谷区役所に用事があったため、
とりあえず三軒茶屋駅に向かいます。
区役所は東急世田谷線の松陰神社前が最寄駅。
松陰神社を参拝し世田谷区役所。
そして、さらに世田谷線の宮の坂駅方面に進めば
目の前に世田谷城阯公園が現れます。

     20210120世田谷城址01


実は、この世田谷城阯公園も目的地の一つ。
豪徳寺付近に本丸を置き、
世田谷城阯公園付近まで城域が拡がっていたと考えられています。
また、豪徳寺の西の世田谷八幡宮は、吉良頼康が創建の神社で、
世田谷城の出城の役割があったとされています。

世田谷城は、吉良氏によって築かれた平山城。
足利氏の同族である吉良氏の居城として知られています。

吉良氏8代、二百数十年の間、栄えましたが
天正18年(1590年)、吉良氏朝の代に豊臣秀吉の小田原征伐が行なわれ、
豊臣方に接収され廃城となりました。
廃城後、世田谷城の石材は江戸城改修に使用されたされています。



     20210120世田谷城址15


世田谷城阯公園交差点側に建つ、公園案内板。

     20210120世田谷城址02


近くには、城址碑も建つ。

     20210120世田谷城址03


公園の斜面には城址の説明板も建つ。

     20210120世田谷城址04


世田谷城阯公園と銘打つだけあって、城址の雰囲気を残しながら整備されている。

     20210120世田谷城址05


とは言え、都心の住宅街の中の公園。
そんなに広く敷地は確保されていない。

     20210120世田谷城址06


遺構も僅かに土塁跡と空堀後が残るぐらい。
こちらが土塁跡。

     20210120世田谷城址07


     20210120世田谷城址08


     


     20210120世田谷城址11



こちらが空壕跡。

     20210120世田谷城址12


空堀跡から土塁を見上げてみます。

     20210120世田谷城址09


     20210120世田谷城址10

遺構が少ないのは都心の城郭跡の悲しい定め。
でも一部とは言え、城址公園として残してくれている事に感謝いたしましょう。


公園のトイレ側の道路脇に公園の看板が建っています。

     20210120世田谷城址13


裏側を覗き込むと、城址の説明板。

     20210120世田谷城址14


縄張り図は、こちらにしっかりと載っていました。



関連記事
スポンサーサイト



2021/02/21 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit