FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

君津の『20世紀遺産』   《 三島ダム・三島湖 》 (2020年12月17日)(千葉県君津市) 

12月17日   

この日は君津市に出かけました。

君津市には、20世紀になって市内で築造、発掘または発見された建物、道、橋、風景など、
21世紀に引継ぎ、後世まで残していかなければならない遺産を
君津市では「20世紀遺産」として指定していて、
『二十一世紀への継承遺産』と言う標柱を建てています。

その『二十一世紀への継承遺産』は、君津市のHPに
『20世紀遺産』と言う名称にて

1 君津市漁業資料館
2 小糸川沿岸歩行者専用道・桜並木
3 大道沢公園
4 鹿野山九十九谷
5 寂光不動・笠石からの眺望
6 豊英大滝
7 船塚山からの眺望
8 久留里の大井戸・自噴井戸
9 上総堀り用具
10 久留里城
11 三本松公園
12 折木沢・猪ノ川渓谷
13 三島ダム・三島湖
14 豊英ダム・豊英湖
15 亀山ダム・亀山湖
16 片倉ダム・笹川湖
17 成願寺堰・しだれ桜
18 高宕大滝
19 坂田の新関谷池・大関谷池
20 八重原歴史遺産を巡る遊歩道
21 三舟山陣跡
22 秋元城跡
23 漁業権放棄記念碑(人見・坂田)
24 房総往還
25 芭蕉句碑
26 鹿野山道
27 小糸の「上総堀発祥地碑」
28 福岡の桜並木(鹿野山参道碑)
29 山本の「殿の下井戸」
30 久留里道(参勤交代道)
31 有線放送電話発祥之地記念碑

と、31ヶ所が指定されているようです。


その中の一つ、三島ダム・三島湖に立ち寄ってみました。



三島ダム近くに建つ標柱。

     20201217三島ダム01


     20201217三島ダム02


こちらが、三島ダム。

     20201217三島ダム03


     20201217三島ダム04


     20201217三島ダム05



ダムによって堰き止められて出来た湖、三島湖。

     20201217三島ダム06


三島市の写真を何枚か撮っていたら
いつの間にか、びいすけ は、芝生の上で体をスリスリ。

     20201217三島ダム07


本当はダムカードも欲しがったんだけど
ダムに隣接するダム管理事務所は無人。
本来は管理事務所に誰かいるはずなんだけど、
この日は留守でダムカードは手に入れる事は出来ませんでした。


せっかくだから、周辺を散策してみましょう。

ダム湖の周遊路(?)を進んで行くと、いきなりトンネル。

     20201217三島ダム08


トンネル内で新たな別なトンネル。
こちらは狭く、手掘りのトンネルのようにみえる。

     20201217三島ダム09


そのトンネルを抜けると石段。

     20201217三島ダム10

石段の先にはお堂が建っていた。
写真はないけど、おそらくダム工事に関連したお堂でしょう。
(ひょっとしたら、ダム工事中に事故でもあったのか?)


再びトンネルに戻り先に進みます。
木々の間から見える三島湖を眺めながら先に進みます。

     20201217三島ダム11


     20201217三島ダム12


木々が邪魔をして、三島湖の眺望が望めない。

     20201217三島ダム13


木々が拓けた場所を求めて先へと進むけれど
なかなか良いロケーションが現れない。

     20201217三島ダム14


     20201217三島ダム15


     20201217三島ダム16


地図(Google map)を見る限り、三島湖をぐるっと一周出来る周遊路は無さそう。
この先をさらに進んでも、いずれ行き止まりになるようなので
中途半端ではあるけれど、戻ることにいたします。

30分ほど時間を費やしたから、もう一度、三島ダム管理事務所に寄ってみたけど
やっぱり不在。
この日ふ、三島ダムのダムカードは諦めました。


関連記事
スポンサーサイト



2021/02/04 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit