FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御城印を求めて  《 久留里城 》 (2020年12月17日)(千葉県君津市) 

12月17日   

この日は、君津市に出かけました。

春以降、数多くの御城印が発行されてきた千葉県。
君津市でも、久留里城の御城印が発行されています。
ならば、久留里城の御城印も手に入れなくっちゃ!!


久留里城の御城印は、JR久留里線久留里駅前の
久留里観光案内所にて手に入れる事が出来ます。

     20201217久留里城01


     20201217久留里城02


久留里城の御城印、手に入れました。

     20201217久留里城03


せっかく、御城印を手に入れたんだから。
久留里城を攻城いたしましょう。
何と言っても御城印は、登城記念の証ですからね。




久留里城は、小櫃川流域に開けた交通の要衝地に築かれています。
房総半島のほぼ中央にあたるこの地は、古くから経済の中心地でもありました。
資料上から確認できるのは、里見氏が城として取り立てた頃からです。
江戸湾を抑えるために佐貫城を拠点とするはずが、
北条氏との戦いの中で中央部に追いやられる形で
久留里城が里見義堯の拠点となったと考えられています。

そのような情勢下の中で、久留里城は永禄3年(1560年)には北条氏に包囲されています。
しかし義堯は長尾景虎(上杉謙信)に援軍を頼み、窮地を脱しました。
天正2年(1574年)義堯が城内で死去すると、久留里城の勢力は衰退、
家中の一支城という位置づけになっていきました。

家康の関東入部以降は、大須賀氏、土屋氏、黒田氏が入り、
近世城郭として整備され、幕末まで存続しました。


では、久留里城に向かって進軍です。

     20201217久留里城04


駐車場に向かうトンネル手前を左に入り
旧来の登城炉を目指します...............

がっ、何と神社の手前で通行止め。

     20201217久留里城23


     20201217久留里城26

どうやら、2019年に千葉県を襲った台風で
古道が崩落してしまったようです。


残念。

     20201217久留里城24


この石段の右側が登城路なんですけどね。

     20201217久留里城25




こちらは、駐車場からの登城路。
城山公園の整備の際に造成された登城路。
こちらから、久留里城目指しましょう。

     20201217久留里城05



久留里城は、別名『雨城』とめ呼ばれていたらしい。

     20201217久留里城06


その近くには、久留里城の説明板。

     20201217久留里城07


登城路に建つ標柱。

     20201217久留里城08

『堀切跡』と書かれている。


こちらが、その堀切跡のようです。

     20201217久留里城09

きっと、通行止めであった古道では、堀切跡を横断したんでしょうね。


しばらく進めば左側に久留里曲輪。

     20201217久留里城10


     20201217久留里城11


     20201217久留里城12


さらに進めば、見えてくる建物が久留里城資料館。

     20201217久留里城13


この建物が建つ辺りが二郭になります。

     20201217久留里城14


こちらは薬師曲輪。

     20201217久留里城15


ほぼ二郭と言ってよい位置で、眺望に長ける。

     20201217久留里城16


二郭に鎮座する雨城八幡神社。

     20201217久留里城17


この久留里城を巡って、里見と北条は数度の合戦をしました。
その古戦史が刻まれた碑。

     20201217久留里城18


資料館前には、二の丸(二郭)跡の看板。

     20201217久留里城19


二郭から主郭へと進もうとすると
何やら書かれた貼り紙が.........

     20201217久留里城20



何と主郭(本丸)に建つ天守閣に至る道が通行止め。
遊歩道の工事の為、天守閣に行く事が出来ないらしい。

     20201217久留里城22


確かに、工事用の規制線が張られ、工事用の車両が入っている。

     20201217久留里城21



模擬天守閣ではあるが、天守閣に行けないのは残念。

ならば、登城の証。
二の丸跡の看板前にて。

     20201217久留里城27



そして、天守閣断念の証。

     20201217久留里城28


こちらが、久留里城の御城印。

     20201217久留里城29

擬似天守閣の前にかざす事は出来なかったけど
また、いつか久留里城には訪れてみたいモノです。




関連記事
スポンサーサイト



2021/02/03 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit