FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

歴まちカードを集めよう  千葉県・香取市編  (2020年12月12日)(千葉県香取市) 

12月12日

この日は、成田市へ月詣に出かけ、そのまま香取市に足を伸ばしました。

香取市と言っても、目的地は旧・佐原市域。
佐原の街にある『佐原町並み交流館』。

     20201212歴まちカード01


その目的は、香取市の『歴まちカード』を手に入れること。

『歴まちカード』は、歴まち認定都市の象徴的な風景を写真で紹介すると共に、
地域固有の歴史文化的資産スポット等を紹介するカードで
平成29年10月から中部地区から配布が始まり、現在は全国展開されています。

関東地区でも令和2年12月現在、16の都市が『歴まち』てして認定され
歴まちカードを配布しています。
先日、たまたま訪れた茨城県桜川市(旧・真壁町)で歴まちカードの存在を知り、
香取市(旧・佐原市)の町並みも歴まち認定され、
『歴まちカード』が発行されています。

まあ、この日香取市まで足を伸ばしたのは
この『歴まちカード』が目的だったんですけどね。


と言う事で、『歴まちカード』手に入れました

     20201212歴まちカード02



配布先である『佐原町並み交流館』は何度か来たことはあるけれど、
その時は、『佐原のひな祭り』の時期で、館内に立派なひな人形が飾られていたから
ひな人形が無い状態の展示物は、非常に新鮮に感じてしまいます。

     20201212歴まちカード03



とりあえず、カードは手にしたから、目的は達成だけど
やっぱり、佐原の町並みを改め歩いてみないと
カードを貰った意味がなくなってしまうような気がします。

     20201212歴まちカード04

では、佐原の町を探索いたしましょう。


佐原は『北総の小江戸』と呼ばれ、水郷の町でもあり、
小野川沿いを中心とした地区は、江戸の雰囲気そのままに
土蔵造りの商家や町屋が軒を連ね、
大祭では豪華絢爛な山車が引き回されることでも有名です。

祭りの時期はまだまだ先ですが、江戸の雰囲気を出す商家を中心に
小江戸佐原を歩いてみましょう。

     20201212歴まちカード06


東日本大震災で、歴史ある家屋の何軒かが
ダメージを受け、復旧されるまで時間が掛かった佐原の町並み。

     20201212歴まちカード07



復旧してくれて、個人的にも嬉しい。

     20201212歴まちカード08


     20201212歴まちカード09


     20201212歴まちカード10


     20201212歴まちカード11


     20201212歴まちカード12


     20201212歴まちカード13


     20201212歴まちカード14


佐原の魅力は町の中を流れる小野川と
その小野川沿いに並ぶ旧商家跡。

     20201212歴まちカード15


小野川沿いを歩くのも、佐原散策の楽しみの一つ。

     20201212歴まちカード16


     20201212歴まちカード17


     20201212歴まちカード18


     20201212歴まちカード19



こちらが、香取市(佐原)の『歴まちカード』。

     20201212歴まちカード20


     20201212歴まちカード21


関東地方(何故か長野県も含まれているが.........?)では、
2020年12月現在、16の地域が『歴まち』に認定されて
『歴まちカード』を発行しているようです。

近場の『歴まちカード』も要チェックですね。


関連記事
スポンサーサイト



2021/02/01 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit