FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り  平群天神社  (2020年11月28日)(千葉県南房総市) 

11月28日

この日は、南房総市に出かけました。

道の駅 富楽里とみやま をあとにして、向かった先は...............平群天神社。


平群天神社は、南房総市平久里中に鎮座する神社です。

室町時代の文和2年(1353年)細川相模守が霊夢により京都北野天神をこの地に勧請し、
平群九邑の鎮守として信仰を集めました。
天正14年(1588年)里見義頼公の命で大工飛騨守家助により本殿が改築され、
貞享4年(1678)幣殿拝殿が改築され、
更に文化5年(1808)神照寺法印宥弘により再建されました。

古くは平群9ヶ村の鎮守として信仰を集めていましたが、
明治維新後、分村したため平久里中のみの鎮守となり、
明治6年(1873年)郷社に列しました。

御祭神は、菅原道真公を主祭神とし、
木花開耶姫命・天照大日孁貴命・建御名方神を配祀しています。



社号標。

     20201128平群天神社01


神社社頭。

     20201128平群天神社02


参道の案内板。

     20201128平群天神社03

伊予ヶ岳の登山の拠点でもあり、敷地の一部分が登山客の駐車場となっています。



境内。

     20201128平群天神社05



手水舎。
    
     20201128平群天神社06


狛犬。

     20201128平群天神社07


     20201128平群天神社08



拝殿。

     20201128平群天神社09



拝殿正面。

     20201128平群天神社10
 
   
     20201128平群天神社11


     20201128平群天神社12


拝殿に掲げられた扁額。

     20201128平群天神社13


     20201128平群天神社14


別アングルからの拝殿。

     20201128平群天神社15


     20201128平群天神社16



そして、こちらが本殿。

     20201128平群天神社17


びいすけ も参拝。

     20201128平群天神社18


境内の板碑。

     20201128平群天神社19


神池。

     20201128平群天神社20


境内の由緒書き。
     20201128平群天神社21



参道の楠木の案内板。

     20201128平群天神社04



そのくすの木(楠木)。

     20201128平群天神社22


     20201128平群天神社23
     20201128平群天神社24



こちらが、御朱印。

     20201128平群天神社25

確か、岩井神社の兼務社で以前に岩井神社の宮司さんに問い合わせをしたら
御朱印の対応をしていないと言う事でしたが、
最近になって対応するようになったんですね。
拝殿に書置きの御朱印が置かれていました。
ありがたく拝受いたしました。


関連記事
スポンサーサイト



2021/01/12 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit