FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

面足神社   (2020年11月3日)(千葉県山武郡芝山町) 

11月3日  

この日は、多古町に出かけました。

多古町に向かう途中、富里市の富里香取神社に月詣の参拝をして
ナビに導かれるまま多古町に向かいました。
本来で有れば、富里市から国道296号を走る筈ですが
ナビは違う道を案内する。
『まさか?』と思うような狭い道を案内し、知らない道を誘導する。
どうやら、芝山町から多古町へと導くようです。

しばらくすると、前方に赤い幟。
どうやら近くに神社があるようです。

やがて、道沿いに鳥居を発見。
せっかくなので、見学を兼ねて参拝いたしましょう。

と言う事で、立ち寄った先は..................面足神社。


面足神社は、芝山町小池に鎮座する神社です。


口碑によれば、第十二代景行天皇の御宇である日本武尊が御東征の折に
吉備津彦、大伴武日等を随え、相模より上総にいたり、途中当地を訪れたそうです。
このとき村民の厚遇に感謝し「石を礫として、賊を降伏させよう」と
二つの石を村民に賜り、面足尊・惶根尊を奉斎されたと伝えられています。


御祭神は、面足尊(オモダルノミコト)
     惶根尊(カシコネノミコト)
     保食命(ウケモチノミコト)
     菅原道眞公(スガワラノミチザネコウ)



神社社頭。

     20201103面足神社01



手水舎。

     20201103面足神社02


拝殿。

     20201103面足神社03



拝殿正面。

     20201103面足神社06

この日は11月3日。
文化の日。祝日です。拝殿に国旗が飾られていると
神道は、やっぱり日本の宗教だと改めて感じます。



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20201103面足神社07


別アングルからの拝殿。

     20201103面足神社08


そして、こちらが本殿。

     20201103面足神社09


拝殿前の狛犬。

     20201103面足神社04


     20201103面足神社05


びいすけ も参拝します。

     20201103面足神社10



境内社・天満宮。

     20201103面足神社11


境内社。

     20201103面足神社12


     20201103面足神社13


     20201103面足神社14


     20201103面足神社15


社号標かと思ったら、顕彰碑。

     20201103面足神社16


普段は無人の神社のようです。
たまたま清掃に来られていた氏子総代さんとお話しをする事が出来ました。
どうやら御朱印対応は、なされていないようです。


関連記事
スポンサーサイト



2020/12/07 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit