FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内・御朱印散歩 墨田区編 《初音森神社》(2020年11月2日)(東京都墨田区) 

11月2日  

この日は夜勤明け。


地下鉄水天宮駅から、JR浅草橋駅までの都内散歩。
松島神社をあとにして、向かった先は..................初音森神社。

初音森神社は、墨田区千歳に鎮座する神社です。

元弘年間(1330年頃)に創祀され、豊受比売命(宇迦之魂神)を祀ります。
当初の鎮座地は、馬喰町初音之里(現・中央区東日本橋)で、
鶯が多く棲んでいた森があり、この鶯の鳴き声を初音と称したそうです。

江戸時代になると、幕府成立後に江戸城の警護を増強すべく
浅草見附門が建設されることになり、社地の半分程が接収され
さらには、明暦3年1657年)明暦の大火後、残っていた社地が
別当寺・東日山正明院西光寺とともに関東郡代屋敷用地とされ、
このため替地を拝領し、万治2年(1659年)に現在地へ遷座しました。

昭和25年(1950年)中央区東日本橋の旧鎮座地に社殿造営し、
昭和49年(1974年)には2階部分に神殿及び儀式殿を備えたビルが建てられました。


御祭神は、宇迦之御魂神。



旧・鎮座地で儀式殿のある中央区東日本橋の初音森神社には参拝していますが
本社である墨田区千歳の初音森神社は初めての参拝となります。


住宅街の中にひっそりと佇む本社。
北参道口。

     20201102初音森神社01

個人宅であるのか?
鳥居前のゲートが閉ざされていることが多いらしい。



社号標。

     20201102初音森神社10]


初音森神社の説明板。

     20201102初音森神社02


手水舎。

     20201102初音森神社04


二の鳥居。

     20201102初音森神社03


     20201102初音森神社05


二の鳥居前の狛犬。

     20201102初音森神社06

なぜか、対ではない。




拝殿。

     20201102初音森神社08


拝殿正面。

     20201102初音森神社09


別アングルからの拝殿。

     20201102初音森神社11


境内に建つ記念碑

     20201102初音森神社12


境内に建つ忠魂碑。

     20201102初音森神社07



墨田区千歳の本社には、社務所も無くて無人。
御朱印は、東日本橋の儀式殿にて授与する事が出来ます。


と言う事で、こちらが東日本橋に儀式殿。
両国橋を歩いて隅田川を渡って来ました。

     20201102初音森神社13


朱色の鳥居。

     20201102初音森神社14


鳥居に掲げられた神額。

     20201102初音森神社15



ビルの2階が儀式殿。

     20201102初音森神社16


階段で2階へと上がります。
儀式殿。

     20201102初音森神社17

流石に内部は写真は遠慮します。


境内社。

     20201102初音森神社118


2階に上がる階段の脇にも境内社。

     20201102初音森神社19



階段の途中には、『名馬 三日月』の像。

     20201102初音森神社20

徳川家康が関ヶ原の戦い挑む際に
愛馬の三日月にこの地に在った井戸の水を飲ませ、
十時したと云う伝承があります。


こちらが、御朱印。
書き置き対応となります。

     20201102初音森神社21


     20201102初音森神社22


知らなかったのですが、この後に訪れる墨田区の江島杉山神社の兼務社になっているらしい。


関連記事
スポンサーサイト



2020/12/04 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit