FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

豊田城址  (2020年10月11日)(茨城県常総市) 

10月12日  

この日は、常総市に出かけました。

マンホールカードを貰いに、配布場所の常総市地域交流センターに行きました。

     20201011豊田城址01

何と、復刻天守閣?

一応、豊田城(常総市地域交流センター)と言う事になっていますが
本当の豊田城はこちらではありません。


豊田城は、豊田城は垣武平氏一族である豊田氏の居城でした。
戦国時代には城主・豊田政親は小田城主・小田氏治と同盟して、
多賀谷氏に対抗しましたが、
天正6年(1578年)に家臣の飯見大膳に豊田治親が毒殺され、
豊田氏は滅亡しました。
その後は多賀谷氏の所領となりましたが、
慶長5年(1600年)の「関ケ原の戦い」において、
多賀谷氏は徳川家康の再三の出陣要請にも応じず、
会津征伐に向かう家康の小山本陣へ夜襲をかけようとしたことが露見し、
翌年に改易され、豊田城は廃城となりました。

城址は先ほどの常総市地域交流センターから約2kmほど離れた
小貝川の河川敷に在り、改修と耕地整理によって消滅してしまいました。


小貝川の堤防。

     20201011豊田城址02



堤防沿いに豊田城跡の碑と説明板が建つ。

     20201011豊田城址03


城址碑。

     20201011豊田城址04


説明板。

     20201011豊田城址05



常総市地域交流センターの建物をみると
立派な復刻天守閣で、豊田城は立派な城だったと思われがちですが
実際は、小貝川沿いの天然の地形を生かした城であったらしい。


残念ながら、周囲は改修と耕地整理によって遺構は残っていない。

     20201011豊田城址06


     20201011豊田城址07



田圃が広がり、小貝川の堤防も改修されている。

     20201011豊田城址08


     20201011豊田城址09



土塁のように見える土壇もあるけれど
かつての堤防跡なんだろうか?

     20201011豊田城址10



水門の先の川は、かつては水堀だったのだろうか?

     20201011豊田城址11


近くには公園もあり、『川の一里塚』と呼ばれている。

     20201011豊田城址12

老子の格言、上善若水の碑が建つ。


その公園で匂い嗅ぎに夢中になる びいすけ 。

     20201011豊田城址13

とても、この辺りに平安時代から始まる城郭が在ったなんて
言われなければ分からないだろう...............




関連記事
スポンサーサイト



2020/11/18 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit