FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの通勤・途中下車 市川散歩.........葛飾八幡神社    (2020年10月1日)(千葉県市川市)  

10月1日  

この日は夜勤明け。

日暮里から京成線に乗って、市川真間駅で途中下車。
市川真間駅を起点にから京成八幡駅までの散歩。
市川市の神社の御朱印巡りとなります。

不知森神社をあとにして、向かった先は...............葛飾八幡宮。


葛飾八幡宮は、市川市八幡に鎮座する神社です。

寛平年間(889年 〜898年)に宇多天皇の勅命により石清水八幡宮を勧請して
創建されたと伝えられています。
下総の国を守護する総鎮守として崇敬されています。

下総の国における葛飾文化、八幡信仰の中心となり、
なかでも平将門の奉幣、源頼朝の社殿改築、太田道灌の社壇修復後、
徳川家康の御朱印地社領52石の寄進等、その尊信は篤いものでした。


御祭神は、誉田別命(応神天皇)
     息長帯姫命(神功皇后)
     玉依比売命



国道14号線沿いに建つ社号標。

     20201001葛飾八幡宮01


その背後には大鳥居。

     20201001葛飾八幡宮02


鳥居脇に建つ由緒書き。

     20201001葛飾八幡宮03



二の鳥居と表参道。

     20201001葛飾八幡宮04



随身門。

     20201001葛飾八幡宮05



随身門前には『定』の記された掲示板。

     20201001葛飾八幡宮06

 
そして、随身門の説明板。

     20201001葛飾八幡宮07


随身門前には一対の狛犬。 

     20201001葛飾八幡宮08


     20201001葛飾八幡宮09


こちらの随身門は市川市の文化財に指定されているようです。

     20201001葛飾八幡宮10



随身蔵。
向かって右側だから左大臣。

     20201001葛飾八幡宮11


向かって左側、弓大臣。

     20201001葛飾八幡宮12



随身門をくぐって参道を進めば、神門。

     20201001葛飾八幡宮13


神門正面。

     20201001葛飾八幡宮17



神門正面に掲げられた扁額。

     20201001葛飾八幡宮16


神門正面に飾られた提灯。

     20201001葛飾八幡宮15


神門脇には葛飾八幡宮の説明板。

     20201001葛飾八幡宮14


手水舎。

     20201001葛飾八幡宮18


吐出口には龍が3匹並ぶ。

     20201001葛飾八幡宮19


拝殿。

     20201001葛飾八幡宮20


拝殿正面。

     20201001葛飾八幡宮21


     20201001葛飾八幡宮22


     20201001葛飾八幡宮23



別アングルからの拝殿。

     20201001葛飾八幡宮24


     20201001葛飾八幡宮25



そして、こちらが本殿。

     20201001葛飾八幡宮26


拝殿続きの神楽殿。

     20201001葛飾八幡宮27


境内社・浅間神社。

     20201001葛飾八幡宮28



境内社・八坂社。

     20201001葛飾八幡宮30



境内社・尾上稲荷社。

      20201001葛飾八幡宮33


境内社・葛飾天満宮。

      20201001葛飾八幡宮34



境内社・厳島神社。

     20201001葛飾八幡宮36


道祖神と庚申塔

     20201001葛飾八幡宮29

神仏習合時の名残りですね。


こちらも道祖神。

     20201001葛飾八幡宮31

 
江戸城の石垣。

     20201001葛飾八幡宮32



御輿庫。

     20201001葛飾八幡宮35


力石。

     20201001葛飾八幡宮37


源頼朝伝承が残る駒どめの石。

     20201001葛飾八幡宮38



神社の境内には珍しい鐘楼。

     20201001葛飾八幡宮39

これもまた、神仏習合の名残り。



社殿右脇の御神木。

     20201001葛飾八幡宮41
     20201001葛飾八幡宮42
     20201001葛飾八幡宮43

樹齢1200年とされる大イチョウ。


その説明板。

     20201001葛飾八幡宮40



こちらが授与所。

     20201001葛飾八幡宮44


兼務社を含め、こちらで御朱印が頒布されています。

     20201001葛飾八幡宮45


こちらが、葛飾八幡宮の御朱印。

     20201001葛飾八幡宮46

以前は、御朱印帳に書き入れされていたようですが
現在は、兼務社の御朱印を含め、書き置き対応のようです。





関連記事
スポンサーサイト



2020/11/10 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit