FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩 千代田区編 《将門塚》 (2020年9月28日)(東京都千代田区) 

9月28日

この日は夜勤明け。

朝10時過ぎ、17時間拘束の業務から解放されて
東京駅の地下街を丸の内から大手町へと移動。

向かった先は...............将門塚。

     20200928将門塚01


将門塚は、千代田区大手町に在り、
平将門の首を祀る塚とされています。


ならば、平将門とは.........?

平安時代後期の地方行政は、それぞれの国司に任されていたことにより
地方によっては、国司の横領など悪事のやり放題だったことから
治安も悪化してしまい、桓武平氏や清和源氏と言った武士が台頭します。
上総国の国司として赴任した平高望(高望王)は、その任期後も上総に居座り
武士団を形成して勢力を拡大し、下総、常陸国にも広がりました。
しかし、その子である平良将が亡くなると相続争いが勃発し、
平良将の子である平将門は叔父を殺害し、従弟の平貞盛の引渡しを断った常陸国府も攻撃しました。
勢いに乗じた将門は、他の国府にも次々と攻撃を始め、
武器力と騎馬隊を駆使した機動力で、瞬く間に関東八ヶ国の国府を攻撃し、
各国司を追放してしまいました。
これが世に言う『平将門の乱』で、相続争いから始まった戦いが、国家反逆の戦いとなってしまい、
自ら『新皇』と称して、朝廷と対立姿勢を取ってしまいます。
朝廷は、諸社諸寺に怨敵(将門)退治の祈祷を命じ、藤原忠文を征東大将軍に任命して
討伐軍を、将門の乱の鎮圧に向かわせました。
朝敵となった将門は討伐軍が到着する前に、
地元の武士である藤原秀郷等に討たれてしまいました。
将門の亡骸は、現在の茨城県坂東市の延命院に埋葬されましたが、
首級は京の都に運ばれ、都大路の河原にさらされました。
しかし、将門の首級は腐りもせず、目を見開き、
「胴体と首をつないでもう一戦しよう!」 と叫んだとされ、
その3日後に首級は、切断された胴体を求めて夜空に舞いあがり、
故郷の東国に向かって飛んでいき、数ヶ所に落ちたとされ、
その伝承地が、『将門の首塚』と言われています



ビルとビルの谷間にある小さな敷地が将門塚。

     20200928将門塚0102



将門塚の碑。

     20200928将門塚03

将門塚は東京都の旧跡でもある。


そのせいなのか?
説明板が多く建てられている

     20200928将門塚08
     

     20200928将門塚09



こちらは、由来書き

     20200928将門塚10


将門塚の地は、江戸時代は酒井家の上屋敷だったようです。

     20200928将門塚1011



故蹟保存碑。

     20200928将門塚04

明治39年(1906年)に平将門公の復権運動を展開した阪谷芳郎・織田完之らにより、当時大蔵省の敷地内にあった将門塚に建立されました。



板石塔婆。

     20200928将門塚05

徳治2年(1307年)に時宗の僧・遊行2世他阿真教上人が
将門公の祟りを鎮め「蓮阿弥陀仏」の諡号を追贈した際に
作られたと伝えられている板碑の拓本から取ったものらしい。


     20200928将門塚06


     20200928将門塚07




関東大震災で全焼した大蔵省庁舎の再建の時です。首塚を壊して仮庁舎を建設した僅か2年の間に、大蔵大臣を始め関係者14名が亡くなり、それ以外にも多くの怪我人・病人が続出したことから仮庁舎は取り壊されました。


戦後になり米軍が首塚を取り壊し始めたところ、重機が横転し運転手が亡くなったことから工事を中止しています。


更に昭和の高度成長時代、首塚の一部が売却され、その地に建った日本長期信用銀行の首塚に面した行員が次々に病気になる事態が発生し、お祓いしたという話もあります。



板石塔婆の脇には、カエルの置き物が並ぶ。

     20200928将門塚12


     20200928将門塚13

将門の首が京の都から帰って来たと言うことから
「蛙」と「帰る」の語呂合わせで、海外勤務を終えたビジネスマンが、
無事帰国を報告して手を合わせるそうです。



将門塚か綺麗に保たれているのも、神田明神(神田神社)の氏子と
将門塚保存会の尽力によるところが大きい。
はためく幟がその証し。

     20200928将門塚14


都会のビルの谷間に在るパワースポット。

       20200928将門塚15
     20200928将門塚16


きっと、将門塚はいつまでもこの地に在り続ける事でしょう。




関連記事
スポンサーサイト



2020/10/31 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit