FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

佐倉の御朱印散歩..............《海隣寺》 (2020年9月13日)(千葉県佐倉市) 

9月13日  

この日は公休日。

雨が降るような事を言っていた天気予報。
その言葉を信じて、遠出は控えて地元の散策。
びいすけ の散歩を兼ねて、佐倉市内の御朱印散歩です。

向かった先は...............海隣寺。

     20200913海燐寺01


海隣寺は千葉山海隣寺と称し、山号は『千葉山』、寺号は『海隣寺』となっています。
時宗の寺院で、『阿弥陀如来』を本尊としています。
相模国藤沢の無量光寺の末寺で、鎌倉時代から戦国時代前期までは
馬加(現在の千葉市幕張)にありました。

海上に浮かんでいた金色に輝く阿弥陀如来像(海上月越如来)が引き上げられ、
その像を安置するために下総国千葉城主・千葉勝胤により建立されたと伝えられています。

千葉氏が本佐倉城(酒々井町)に移ると、海隣寺も酒々井町に移りましたが
その後、千葉氏が本佐倉城から鹿島城(後の佐倉城)に移ると、
海隣寺も現在地に移りました。
  
そのため、千葉一族の保護が厚く、
境内に千葉氏歴代の墓所が設けられています。



海隣寺山門。

     20200913海燐寺02


     20200913海燐寺03


本堂。

     20200913海燐寺04


本堂に掲げられた扁額。

     20200913海燐寺05

『千葉山』と山号が刻まれています。


本堂前の『喚鐘』?

     20200913海燐寺06



本堂の前には『照顧脚下』の文字。

     20200913海燐寺18

禅宗の言葉で、他人の批判をする前に、
自分の過去の言動を見つめ直して、
よく考えるべきであるという自己反省の教え。
身近なことこそ気をつけるべきという戒めでもあります。



本堂屋根には月星紋。

     20200913海燐寺07


鬼瓦にも月星紋。

     20200913海燐寺08


     20200913海燐寺09

さすが、千葉氏に所縁のある寺です。



境内の石仏。

     20200913海燐寺10


     20200913海燐寺11



海隣寺の説明板。

     20200913海燐寺12

こちらにも、千葉氏の中世石塔群について触れている。


かつては海隣寺の敷地であり、現在は佐倉市役所脇の墓地に
千葉氏中世石塔群は在ります。

     20200913海燐寺13


碑文がかすれてほとんど読めないけれど
佐倉市指定文化財と記された標柱。

     20200913海燐寺14



これらが、千葉氏歴代城主の墓石らしい。

     20200913海燐寺15


     20200913海燐寺16

中世は激動の千葉一族。
この地で安らかに眠っているのだろうか?


こちらが御朱印。

     20200913海燐寺17



月星紋の印を期待しましたが、ちょっぴり残念。




関連記事
スポンサーサイト



2020/10/04 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit