FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内・御朱印散歩 中央区編   《住吉神社》 (2020年7月30日)(東京都中央区) 

7月30日 

この日は夜勤明け。

東京駅近くの職場で10時に仕事を終え、
自宅に帰る前に都内をちょっぴり散歩。
丸の内から徒歩で銀座を目指します。
京橋から中央通りを歩き、銀座三丁目。
さらには築地、八丁堀へと向かい、月島方面へと足を伸ばします。

於岩稲荷田宮神社をあとにして、向かった先は...............住吉神社。


住吉神社は、東京都中央区佃に鎮座する神社です。

社伝によれば、正保三年(1646年)の創建とされています。
天正十八年(1590年)、関東移封により徳川家康が江戸入りします。
家康の命により、摂津国(現・大阪府)の佃村・大和田村の漁夫33人と
「田蓑神社」の神職が江戸に移り住む事になります。

寛永七年(1630年)、鐵砲洲の向かいにある干潟を幕府から下賜し
これを埋め立てて築島を行います。
正保二年(1645年)、島が竣工し、故郷の摂津国佃村にちなんで
佃島と命名します。

江戸時代に佃島が築島される際に創建し、
以後は埋め立て地域一帯の産土神として崇敬を集めた。
古くから海上安全、渡航安全の守護神として広く信仰されています。


御祭神は、住吉三神(底筒之男命・中筒之男命・表筒之男命)・息長足姫命(神功皇后)・東照御親命(徳川家康)



隅田川沿いに建つ朱色の一の鳥居。

     20200730住吉神社01
 

社号標。

     20200730住吉神社02



神社社頭。

     20200730住吉神社03


二の鳥居。

     20200730住吉神社04



二の鳥居に掲げられた扁額。

     20200730住吉神社05



手水舎。

     20200730住吉神社06



二の鳥居の神額(扁額)と手水舎の手水盤は、中央区の文化財に指定されているようです。

     20200730住吉神社07



二の鳥居の先には狛犬。

     20200730住吉神社08


     20200730住吉神社09



こちらが拝殿。

     20200730住吉神社10



拝殿正面。

     20200730住吉神社11



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200730住吉神社12



拝殿正面左側には奉納額。

     20200730住吉神社13



拝殿正面右側には由緒書き。

     20200730住吉神社14



別アングルからの拝殿。

     20200730住吉神社15



そして、こちらが本殿。

     20200730住吉神社16



拝殿前の天水桶。

     20200730住吉神社17



境内社・船魂神社

     20200730住吉神社18


境内社の疱瘡神社・疫神社。

     20200730住吉神社19



境内社・龍神社。

     20200730住吉神社20


     20200730住吉神社21



古河神社の祠。

     20200730住吉神社23


 
神楽殿。

     20200730住吉神社24


御輿庫。

     20200730住吉神社25


旧・御輿庫。

     20200730住吉神社26



鰹塚。

     20200730住吉神社27



こちらが社務所。

     20200730住吉神社28

御朱印はこちらで拝受出来ます。


佃住吉神社の御朱印。

     20200730住吉神社29

御朱印帳に直書きしていただきました。


境内社・龍神社の御朱印。

     20200730住吉神社30

こちらは、書き置き対応でした。


関連記事
スポンサーサイト



2020/09/04 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit