FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内・御朱印散歩 港区編   《御田八幡神社》 (2020年7月26日)(東京都港区) 

7月26日  

この日は、夜勤明け。

午前10時に仕事を終え、ちょっぴり寄り道をして帰ります。

東京駅から山手線に乗り浜松町で下車。
びいすけ 父さんの2回目の港区散歩。
浜松町駅を起点に芝公園周辺へと足を伸ばし、
さらには田町方面へと向かいます。

三田春日神社をあとにして、向かった先は................御田八幡神社。


御田八幡神社は、東京都港区三田に鎮座する神社です。


社伝によれば、和銅二年(709年)に東国鎮護の神として
牟佐志国牧岡に創建と言われています。
ただ、牟佐志国というのは武蔵国の古い当て字であり、
また牧岡という地名は現存しておらず、
現在の白金三田界隈ではないかと推測されるようです。

寛弘七年(1011年)、武蔵国御田郷久保三田に遷座。
嵯峨源氏渡辺一党の氏神として崇敬を集め、
寛永五年(1628年)、現在地へ遷座したそうです。

いずれにしても、古くから崇敬を集めた歴史ある古社であり、
『延喜式神名帳』に記載された式内社(小社)「薭田神社」に比定される論社の一社であります。


御祭神は、誉田別尊。
相殿神として、天児屋根命・武内宿禰命。



第一京浜沿いに建つ社号標。

     20200726三田八幡神社01


鳥居。

     20200726三田八幡神社02



参道には、奉納された提灯が並ぶ。

     20200726三田八幡神社03



石段の先には社殿。

     20200726三田八幡神社04



石段手前の狛犬。

     20200726三田八幡神社05
  

     20200726三田八幡神社06



石段を上がれば右側に手水舎。

     20200726三田八幡神社07



そして、正面には拝殿。

     20200726三田八幡神社08



拝殿正面。

     20200726三田八幡神社09


     20200726三田八幡神社10



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200726三田八幡神社11



別アングルからの拝殿。

     20200726三田八幡神社12


     20200726三田八幡神社13



そして、こちらが本殿。

     20200726三田八幡神社14



拝殿前の狛犬。

     20200726三田八幡神社15


     20200726三田八幡神社16



境内社・五光稲荷神社と御嶽神社。

     20200726三田八幡神社17


鳥居は別々ですが、社殿は相殿となっています。

     20200726三田八幡神社18



こちらも境内社・稲荷社。

     20200726三田八幡神社19



神楽殿。

     20200726三田八幡神社20


拝殿前の天水桶。

     20200726三田八幡神社21


こちらが社務所(授与所)。

     20200726三田八幡神社22

御朱印は、こちらで拝受出来ます。



こちらが、御田八幡神社の御朱印。

     20200726三田八幡神社23

コロナ禍のこの時期だからでしょうか?
御朱印は書き置き対応でした。






関連記事
スポンサーサイト



2020/08/31 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit