FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内・御朱印散歩 港区編   《芝大神宮》 (2020年7月26日)(東京都港区) 

7月26日

この日は、夜勤明け。

午前10時に仕事を終え、ちょっぴり寄り道をして帰ります。

東京駅から山手線に乗り浜松町で下車。
浜松町駅を起点に都内散歩を始めます。

先ずは、芝大神宮を目指します。


芝大神宮は、東京都港区芝大門に鎮座する神社です。

平安時代の寛弘二年(1005年)一条天皇の御代に創建され、
古くは、飯倉神明宮、芝神明宮と称されていました。

江戸時代においては、徳川幕府の篤い保護の下に社頭は賑い、
大江戸の大産土神として関東一円の庶民信仰を集め、
「関東のお伊勢さま」として数多くの人々の崇敬を集めたそうです。

御祭神は、天照皇大御神・豊受大御神。
相殿神として源頼朝公・徳川家康公が祀られています。



第一京浜沿いに建つ社号標。

     20200726芝大神宮01



社殿へと続く表参道。

     20200726芝大神宮02



参道沿いには幟も立つ。

     20200726芝大神宮03



参道を進めば鳥居が見えてきます。

     20200726芝大神宮04



大鳥居。

     20200726芝大神宮05



鳥居脇の社号標。

     20200726芝大神宮06


鳥居脇に飾られた提灯。

     20200726芝大神宮07



こちらは、手水舎。

     20200726芝大神宮12



こちらが拝殿。

     20200726芝大神宮08



米アングルからの拝殿。

     20200726芝大神宮09


     20200726芝大神宮10



こちらが、本殿。

     20200726芝大神宮11



拝殿前の狛犬。

     20200726芝大神宮13


     20200726芝大神宮14



境内の記念碑。

     20200726芝大神宮15



百度石。

     20200726芝大神宮16


力石。

     20200726芝大神宮17



生姜塚。

     20200726芝大神宮18



芝大神宮は、東京十社の1社になるそうです。

     20200726芝大神宮19

東京近郊の准勅祭社12社の内、都内の10社を東京十社と呼んでいるそうです。

ちなみに、東京近郊の准勅祭社12社は

日枝神社     (東京都千代田区永田町)
根津神社     (東京都文京区根津)
芝大神宮     (東京都港区芝大門)
神田明神     (東京都千代田区外神田)
白山神社     (東京都文京区白山)
亀戸天神社    (東京都江東区亀戸)
品川神社     (東京都品川区北品川)
富岡八幡宮    (東京都江東区富岡)
王子神社     (東京都北区王子本町)
氷川神社     (東京都港区赤坂)

大國魂神社    (東京都府中市宮町)
鷲宮神社     (埼玉県久喜市鷲宮)

となっています。


こちらが、芝大神宮の御朱印。

     20200726芝大神宮20

コロナ禍のこの時期は、書き置き版の対応となります。
毎月1日に祈祷して書き溜めた御朱印をその月に頒布されているようで
日付の書き入れの応対はされないようです。
(日付の書き入れを頼んでみましたが、丁重に断られました。)





関連記事
スポンサーサイト



2020/08/28 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit