FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

白幡八幡宮  (2020年7月14日)(千葉県山武市) 

7月14日

この日は九十九里町に出かけました。

片貝海岸で九十九里の浜辺を満喫し、あとは自宅へ帰るだけ。
片貝海岸からナビの案内する道を走っていたら
東金市と山武市の境界線近くの山武市白幡地区を走っている

確か、山武市の白幡に源頼朝の伝説が残る(伝わる)神社があった。
せっかくだから、立ち寄ってみることにしました。


訪れたのは...............白幡八幡神社。

白幡八幡神社は、山武市白幡に鎮座する神社です。

寛和元年(985年)に大和国の僧妙香がこの地を訪れ、
阿弥陀如来像を奉納し如来寺(現在の般若院)を創建した際、
山城国の石清水八幡宮より御神影を勧請し、
寺の隣地に鎮守神として建立したのがはじまりとされています。

治承4年(1180年)、石橋山の戦いに敗れ房総に逃れた源頼朝が、
その後、鎌倉を目指した際に参拝し、
白旗と15本の矢を献じて源氏の再興と武運長久を祈願したと言われ、
それ以来、白旗を掲げるのが習しとなり白幡八幡と称したとされています。
頼朝は大願成就の後、文治元年(1185年)に社殿と神宝を寄進し、
建久3年(1192年)に将兵300騎を従えてお礼参りに訪れたと言う事です。


御祭神は、誉田別尊・天照大神・天児屋根命。



社号標。

     20200714白幡八幡宮01



神社社頭。
一の鳥居。

     20200714白幡八幡宮02



参道口には数枚の説明板が立ち並ぶ。

     20200714白幡八幡宮03


     20200714白幡八幡宮04


     20200714白幡八幡宮05



参道の神橋。

     20200714白幡八幡宮06

今は枯れているけど、その昔、参道を横切るように川が流れていたそうです。



二の鳥居。

     20200714白幡八幡宮07


手水舎。

     20200714白幡八幡宮08



拝殿。

     20200714白幡八幡宮09



拝殿正面。

     20200714白幡八幡宮10


     20200714白幡八幡宮11



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200714白幡八幡宮12



別アングルからの拝殿。

     20200714白幡八幡宮13


     20200714白幡八幡宮14



そして、こちらが本殿。

     20200714白幡八幡宮15



拝殿前の狛犬。

     20200714白幡八幡宮16


     20200714白幡八幡宮17



びいすけ も参拝。

     20200714白幡八幡宮18




境内社・浅間神社。

     20200714白幡八幡宮19



境内社で稲荷神社。

     20200714白幡八幡宮20


     20200714白幡八幡宮21


境内社・厳島神社。

     20200714白幡八幡宮22


境内社・白幡神社。

     20200714白幡八幡宮23


本殿裏手には末社の祠が並ぶ。

     20200714白幡八幡宮25



御旗織行事では、この場所に頼朝な古時を見習って
毎年、白旗が飾られます。

     20200714白幡八幡宮24

白旗は、毎年10月に、いざりばたを使って社殿で麻の旗を織り、
それを東金の御殿山から切り下ろした竹を旗竿として用いて
旗を吊るして奉納します。



神楽殿。

     20200714白幡八幡宮26


社務所。

     20200714白幡八幡宮27


由緒ある神社ですが、普段は無人。
東金日吉神社の兼務社となっていますが、
残念ながら御朱印の頒布はされていないそうです。




関連記事
スポンサーサイト



2020/08/28 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit