FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内・御朱印散歩 中央区編   《宝童稲荷神社》   (2020年7月13日)(東京都中央区) 

7月13日  

この日は、夜勤明け。

夜勤明けの息抜きも込めて、都内の散歩。
この日は、新橋駅をスタートして散歩開始。

新橋から愛宕、虎ノ門と巡り、銀座界隈を散歩します。
歌舞伎稲荷神社をあとにして、向かった先は...............宝童稲荷神社。


宝童稲荷神社は、東京都中央区銀座四丁目に鎮座する神社です。

宝童稲荷神社は、稲荷信仰がたいへん盛んであった江戸時代に
将軍家の跡継ぎの成長を守るために江戸城内に祀られていた神社でした。
堂守りの弥左衛門が、神霊の分神を受けて、
現並木通りの角に建立したのが、宝童稲荷の始まりとされています。

弥左衛門も居をここに定め、生涯稲荷のお守りをしたので、
このあたりを弥左衛門町と呼ぶようになったそうです。


御祭神は、倉稲魂命。



ビルの前には道案内の猿の置物。

     20200713宝童稲荷神社01


     20200713宝童稲荷神社02



どうやら、ここが宝童稲荷神社の参道らしい。

     20200713宝童稲荷神社03


驚くなかれ!
ビルとビルの間の狭い隙間が参道です。

     20200713宝童稲荷神社04



狭い参道を抜け、振り返れば神使い(?)の猿がお出迎え。

     20200713宝童稲荷神社05

稲荷神社なんだから、狐じゃない?
などと突っ込みたい気分を抑えておきましょう。



こちらが社殿。

     20200713宝童稲荷神社06



稲村神社特有の赤い幟。

     20200713宝童稲荷神07



社殿と言うよりは、祠と言った方が適切か?

     20200713宝童稲荷神社08



社殿正面に掲げられた扁額。

     20200713宝童稲荷神社10




社殿正面。

     20200713宝童稲荷神社09


     20200713宝童稲荷神社11



別アングルからの宝童稲荷神社。

     20200713宝童稲荷神社12



御朱印は、書置き版が置かれていて
初穂料は賽銭箱へと言うシステム。

     20200713宝童稲荷神社13



こちらが、その御朱印。

     20200713宝童稲荷神社14

銀座のど真ん中。
そして狭い路地の先に鎮座している宝童稲荷神社。

隠れた銀座の穴場ですね。

近くに来ることがあったら、また立ち寄ってみよう。



関連記事
スポンサーサイト



2020/08/25 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit