FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り   《 宗像神社 》 (2020年6月29日)(静岡県静岡市清水区) 

6月29日

この日は、静岡市に出かけました。

平成の大合併で清水市と合併した静岡市。
その数年後には、蒲原町や由比町を編入し、
広大な広さを有する政令指定都市になりました。

その静岡市には、御朱印を拝受する事ができる神社が多く鎮座しています。
その中の一つである宗像神社に参拝に訪れました。


宗像神社は、静岡市清水区興津中町に鎮座する神社です。

海上航海の守護神である宗像神を祀っています。
明治13年の中宿町の大火により記録類か消失してしまい、
創建年代は不詳ながら、一説には筑前より勧請したとも言われています。

昔よりの国碑に盧原(よばら)神社、俚俗に宗像神社とも言われていました。
興津川の西にあり、女体の森と言って舟人達の灯台代わりとされていたそうです。

弁才天宮・宗形弁才天・興津三女の宮・宗形大明神などと称していたが、
明治元年に現在の社号に改称しているそうです。


御祭神は、市寸島比売命
     多紀理毘売命
     多岐都比売命




表参道口の社号標。

     20200629宗像神社01

社号標にも、『女体の森』と刻まれています。
『女体の森』なんて言うと、何となくエロチックな表現ですね。



一の鳥居。

     20200629宗像神社2



一の鳥居に掲げられた神額。

     20200629宗像神社03


神社社頭、ニの鳥居。

     20200629宗像神社05


神社社頭の社号標。

     20200629宗像神社04



ニの鳥居に掲げられた神額。

     20200629宗像神社06



境内入口には例の『定』の記された掲示板。

     20200629宗像神社07

この掲示板の正式名称は何て言うんだろうか?


参道の由緒書き。

     20200629宗像神社08



三の鳥居。

     20200629宗像神社09



こちらが拝殿。

     20200629宗像神社10



拝殿正面。

     20200629宗像神社11


     20200629宗像神社12



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200629宗像神社13


別アングルからの拝殿。

     20200629宗像神社14


     20200629宗像神社15



そして、こちらが本殿。

     20200629宗像神社16


     20200629宗像神社17



びいすけ も参拝します。

     20200629宗像神社18



拝殿前の狛犬。

     20200629宗像神社19


     20200629宗像神社20



こちらは、境内社。

     20200629宗像神社21


     20200629宗像神社22



同じく境内社。

     20200629宗像神社25



境内には、古い鳥居の残骸も残る。

     20200629宗像神社23



境内の忠霊塔。

     20200629宗像神社24



境内には、別な説明板。

     20200629宗像神社26



鬱蒼とした社叢。
     
     20200629宗像神社28     
     20200629宗像神社29

まさに鎮守の杜。



こちらは、御神木。

     20200629宗像神社30
     20200629宗像神社31
     20200629宗像神社33

ご丁寧にも御神木の脇には、静岡県神社庁が発行した
『御神木指定証』が貼られた説明板が建てられている。

     20200629宗像神社27



さて、『女体の森』の所以ですが
そもそもは宗像神社の三女神を祀っている事に由来するらしい。

海を護る三女神を祀っている宗像神社。
鎮守の森と言う社叢の形態と実際に女神を祀っている事からも
ある意味『女体の森』と言うことも外れてはいない。


こちらが、宗像神社の御朱印。

     20200629宗像神社34

御朱印にも、しっかりと『女体の森』と書かれていました。


関連記事
スポンサーサイト



2020/08/09 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit