FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

古船浅間神社     (2020年5月29日)(千葉県富津市) 

5月29日

この日は、富津市出かけました。

国道127号を移動して木更津市から富津市へと入り
館山市方面へと移動していく時に
坂の途中にある神社が、以前から気になっていました。

そんな訳で、立ち寄った先は...............古船浅間神社。


古船浅間神社は、富津市鶴岡に鎮座する神社です。

霊峰富士山に鎮座する「富士浅間神社」から分霊、分社したものと言い伝えられ、
木花開耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)が祀られています。

かつて神社の背後には大きな山がそびえ、富士山にとてもよく似ていたことから、
富士権現を願い、分霊、分社したものとされています。
浅間山と呼ばれたこの山は、全体が良質の砂に覆われており、
東京湾の埋め立てに使われることとなり、切り崩されてしまいました。
以前は山の頂部に鎮座していましたが、現在地に遷座したそうです。

御祭神は、木花咲耶姫命




社号標。

     20200529古船浅間神社01



神社社頭。

     20200529古船浅間神社02



社号標脇に建つ説明板。

     20200529古船浅間神社03

富津市の指定文化財である『本殿』と『羯鼓舞(かっこまい)』について触れています。



手水舎。

     20200529古船浅間神社04



定番の龍の吐出口。

     20200529古船浅間神社05



境内。

     20200529古船浅間神社06



石段の先には社殿。

     20200529古船浅間神社08



こちらが拝殿。

     20200529古船浅間神社09



別アングルからの拝殿。

     20200529古船浅間神社10



そして、本殿。

     20200529古船浅間神社12



拝殿前の狛犬。

     20200529古船浅間神社13


     20200529古船浅間神社14



びいすけ も参拝します。

     20200529古船浅間神社15



境内社。

     20200529古船浅間神社18


     20200529古船浅間神社17



本殿の背後には残された浅間山の名残りか?
30mほどの高台になっていて、社が点在する。

     20200529古船浅間神社19

     20200529古船浅間神社20


     20200529古船浅間神社21


     20200529古船浅間神社22



浅間神社と言うから、東京湾越しに富士山が見えるかと思ったけど
残念ながら、富士山は見えなかった。

     20200529古船浅間神社23



竪堀のような凹みもあり、いずれかの城址かと勘違いもしてしまう。

     20200529古船浅間神社24


こちらが社務所。

     20200529古船浅間神社25

普段は無人の神社のようです。


君津市の久留里は名水(湧水)で有名だけど
富津市にも名水があり、こちらの浅間神社の神水は有名で
多くの人が水を汲みにくるらしい。
『神水』の幟も国道沿いに立ち、はためいている。

持ち合わせていたペットボトルに神水を汲み、
びいすけ に飲ませる事にしました。


関連記事
スポンサーサイト



2020/07/05 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit