FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

星宮大神     (2020年5月28日)(千葉県香取郡多古町) 

5月28日

この日は、多古町に出かけました。

常盤小学校をあとにして、道の駅 『多古あじさい館』に向かう途中、
ナビに鳥居のマーク。
気になる神社が道沿いに鎮座していた。
ナビには『星宮大神』とある。
かつての妙見神社が星宮神社と改号した例もある、
ひょっとして、妙見神社?
やっぱり気になるから、ちょっぴり覗いていきましょう。


星宮大神は、多古町川島に鎮座する神社です。


旧川島町の鎮守でもある「星宮大神」。
元和2年(1616年)勧請で、もとは七島妙見と呼ばれていたとされています。
社には羽子板に巻子を付けた珍しい奉納物が天井に隙間なく貼り付けられており、
往時の繁栄を物語っています。
これはこの村に生まれ、江戸に住んだ鈴木勘左衛門、及び、東暁と号した絵師による功績と言われています。

と、ここまではあるサイトからの情報です。
一方、千葉県の神社庁のHPを見てみると
由緒どころか御祭神も不明。
おそらく明治以前の神仏習合時には、
妙見菩薩を御本尊とする妙見堂だった筈。
とすれば、天御中主が御祭神となるのでしょうか...............?


神社社頭。

     20200528星宮神社01



鳥居に掲げられた神額。

     20200528星宮神社02



手水舎。

     20200528星宮神社03



こちらも手水鉢?

     20200528星宮神社04

石灯籠の基台のように見えなくもない。




参道。

     20200528星宮神社05



拝殿。

     20200528星宮神社06



拝殿正面。

     20200528星宮神社07



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200528星宮神社08



別アングルからの拝殿。

     20200528星宮神社09


     20200528星宮神社10



そして、こちらが本殿。

     20200528星宮神社11



拝殿前の天水桶。

     20200528星宮神社12



拝殿前の狛犬。

     20200528星宮神社13


     20200528星宮神社14



びいすけ も参拝。

     20200528星宮神社15

    

境内社・天満宮。

     20200528星宮神社16



中には、菅原道真公?

     20200528星宮神社17



境内には、土壇もある。

     20200528星宮神社18

いにしえの古墳跡なのか?


土壇頂部には、古峯神社。

     20200528星宮神社19



適度な日陰で苔生した境内。

     20200528星宮神社20



苔生した参道が味わい深い神社。

      20200528星宮神社21
    20200528星宮神社22
  20200528星宮神社23

千葉宗家終焉の地である多古町にある星宮神社、かつての妙見宮。
残念ながら、千葉氏の家紋である月星紋や九曜紋は見かけられなかったけど
苔生した境内は、それなりのモノを感じました。



関連記事
スポンサーサイト



2020/07/01 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit