FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

松崎神社     (2020年5月28日)(千葉県香取郡多古町) 

5月28日

この日は、多古町に出かけました。

六所大神をあとにして、向かった先は...............松崎神社。


松崎神社は、多古町東松崎に鎮座する神社です。

宝亀3年(772年)の創建とされ、五穀および歌舞音曲の神々として、
古くから人々の信仰を集めています。
延暦16年(797年)に征夷大将軍・坂上田村麻呂が蝦夷征伐の途中に参拝、戦勝を祈願したとされ、
このとき、鏡1面及び征矢を献じ、木鼓1箇を奉納したと伝えられています。
その後の戦乱により、鏡と征矢は失われましたが、木鼓は現在も社宝として保存されているそうです。

弘仁年間(810年〜824年)に諸国行脚の僧空海が参拝し、携えてきた公孫樹の杖を
上下逆さまに地中に挿し「後世まで繁盛せよ」と念じて立ち去ったという伝説があり、
社殿前には周囲約6メートルの古木「空海の逆さ公孫樹」があります。

平忠常の乱(1028年〜1030年)で兵火にかかり、
建久2年(1191年)に再興され、旧号を「坂東稲荷本宮」と称しました。
北条氏や里見氏などの武将の尊敬が篤く、徳川家康も朱印地30石を寄進したそうです。
明治2年(1869年)に社号を「松崎神社」に改号しました。

御祭神は、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
     邇邇芸命(ににぎのみこと)
     大宮比売命(おおみやひめのみこと)



神社社頭。

     20200528松崎神社01



二の鳥居。

     20200528松崎神社02



参道。

     20200528松崎神社03



参道の狛犬。
 
     20200528松崎神社04


     20200528松崎神社05



拝殿。

     20200528松崎神社06



拝殿正面。

     20200528松崎神社07



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200528松崎神社08


     20200528松崎神社09



別アングルからの拝殿。

     20200528松崎神社10



そして、こちらが本殿。

     20200528松崎神社11



別アングルからの拝殿と本殿。

     20200528松崎神社12



びいすけ も参拝します。

     20200528松崎神社13



境内社・白髭神社。

     20200528松崎神社14



境内社・子安神社。

     20200528松崎神社15



境内社・古峰神社。

     20200528松崎神社16



小さな祠も点在します。

     20200528松崎神社17


     20200528松崎神社18


     20200528松崎神社19



境内の板碑。

     20200528松崎神社20



境内には北条塚古墳の説明板も建つ。

     20200528松崎神社21



実は、本殿の背後は北条塚古墳。

     20200528松崎神社22



この土壇が古墳です。

     20200528松崎神社23



古墳頂部から見下ろす、松崎神社の本殿。

     20200528松崎神社24



こちらが、空海の『逆さ公孫樹』の説明板。

     20200528松崎神社25



そして、こちらがその『逆さ公孫樹』。

     20200528松崎神社26     
     20200528松崎神社27



こちらは、社務所。

     20200528松崎神社28

立派は社務所ですが、閉まっています。
どうやら、普段は無人の神社のようです。



境内の御神木。

      20200528松崎神社29
     20200528松崎神社30


       20200528松崎神社31
     20200528松崎神社32


昔は、成田山に肩を並べるほどの信仰を集めたと言われる松崎神社ですが
今は、ひっそりと北総の台地に鎮座している。
稲荷神社の扁額が未だに掲げられているけれど
神使いの狐は見当たらず、『?』と思ってしまう。
祭礼の時に訪れたら、また違った一面が覗けるのかもしれない..................。





関連記事
スポンサーサイト



2020/06/29 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit