FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

大佐倉愛宕神社   (2020年5月20日)(千葉県印旛郡酒々井町) 

5月20日

個人的な連休2日目。

佐倉市内の参拝散歩と称して、上代地区に鎮座する熊野神社まで来ました。
この辺りは、佐倉市と酒々井町との市境になるようで
上代熊野神社から100mほど手前にも神社の鳥居が在りましたが
そちらは、どうやら酒々井町に鎮座する神社のようでした。

実は、最初に熊野神社の鳥居と勘違いをしてしまったと言うオチがありまして.........
鳥居の神額を確認したら、そこには『愛宕神社』こ記されていました。

せっかくだから熊野神社の参拝後に、改めて愛宕神社に立ち寄りました。



大佐倉愛宕神社は、酒々井町大佐倉に鎮座する神社です。


千葉県神社名鑑によれば、文明年間(1469年〜1487年)に
千葉氏十九代当主・千葉輔胤が新たに本佐倉城を築城し、
岩橋城から、本佐倉城に移った頃に創祀したとされています。
明治以前は将軍地蔵と称していたとされています。

御祭神は、火具土命(カグツチノミコト)。


愛宕神社社頭。

     20200520愛宕神社01

表通りからこの鳥居が見えて、てっきりココが上代熊野神社かと思ってしまいました。



鳥居。

     20200520愛宕神社02



鳥居に掲げられた神額。

     20200520愛宕神社03

そこには、しっかりと『愛宕神社』の文字。




参道。

     20200520愛宕神社04

細い参道を200mほど進むと愛宕神社の社殿が現れます。



古びた手水鉢。

     20200520愛宕神社05



こちらが社殿。

     20200520愛宕神社06



社殿正面。

     20200520愛宕神社07



別アングルから。

     20200520愛宕神社08


びいすけ も参拝します。

     20200520愛宕神社09


神社社頭に建つ説明板。

     20200520愛宕神社10

『本佐倉の庚申塔』と記されています。



この庚申塔は、元々は本佐倉南押出の塚上にありましたが、
国道51号線の拡張工事に伴い.昭和49年(1974年)にこの場所に移されたそうです。

     20200520愛宕神社11



銘文には、享保十(1725)年とあり、
庶民信仰の盛行した時代に作られたモノのようです。

     20200520愛宕神社12

時代を感じさせますね。


関連記事
スポンサーサイト



2020/06/23 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit