FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

手作りに挑戦...............犬服作り その136作目 (2020年5月15日) 

5月15日   

個人的な連休初日。

前日の14日、安倍総理が39県における緊急事態宣言の解除を発表した。
しかしながら、私と びいすけ の住む千葉県は、
新型コロナウイルス感染拡大の緊急非常事態宣言の解除の対象から外れた8都道府県の一つ。
残念ながら、まだまだ『不要不急の外出の自粛』は続きます。

どうせ自宅にいるのなら、何か形に残るモノを!
と言うことで、先日から びいすけ ようの犬服作りに励んでいます。
犬服作り、その第136作目にチャレンジです。


今回は、こちらのTシャツを びいすけ のラグラン袖の服にリメイクしてみましょう。

     20200515犬服13601



ハサミで大胆に解体したあと、型紙を当てて各パーツを裁断します。
先ずは、後ろ身頃から。

型紙をマチ針で仮固定したら、チャコでマーキング。

     20200515犬服13602

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


続いて、前身頃。
同じように型紙をマチ針で仮固定したら、チャコでマーキング。

     20200515犬服13603

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


そして、両袖の生地も型紙で合わせたらチャコでマーキング。

     20200515犬服13604

チャコのマーキングに合わせて裁断します。



各パーツの裁断完了。

     20200515犬服13605



こちらが、後ろ身頃。


     20200515犬服13606



前身頃と両袖。

     20200515犬服13607



それでは、ミシン作業に入りましょう。


先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200515犬服13608


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200515犬服13609


続いて袖作り。
袖用に裁断した生地の両端を縫い合わせて筒状にします。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200515犬服13610



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200515犬服13611


出来上がった筒状の両袖を身頃に縫い付けます。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200515犬服13612



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200515犬服13613



両袖を縫い付けたら、形はほぼ出来上がり。

     20200515犬服13614



びいすけ の仮試着。

     20200515犬服13615


     20200515犬服13616

問題は無さそうです。



続いて、リブ作り。

今回、リブは水色にしてみましょう。

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法17.5cm だから
    リブ寸法は16cmに
袖口 縫い合わせ寸法10.5cm だから
    リブ寸法は9.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33.5cm だから
    リブ寸法は30.5cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200515犬服13617



カットしたリブ生地の両端を縫い付けて輪っかを作ります。

     20200515犬服13618



輪っかも出来上がりました。

     20200515犬服13619



それでは、リブを縫い付けていきましょう。
先ずは、襟首から。

マチ針で、仮固定したら直線縫いでカタカタカタ。

     20200515犬服13620



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200515犬服13621



続いて両袖口。
同じようにマチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200515犬服13622



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200515犬服13623



そして、裾周りのリブ付けです。
実は、コレが一番の苦手。

リブを引っ張りながら、伸ばすようにマチ針で仮固定。
そして、リブを引っ張りながら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200515犬服13624



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200515犬服13625


いつもは、裾周りのリブの浮き上がり防止のために表面から直線縫いでぐるっとリブの周りをひと回り縫うのですが
今回は敢えてそれを止めてみました。

と言うことで、ミシン作業は完了。

     20200515犬服13626

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200515犬服13627


     20200515犬服13628


     20200515犬服13629



びいすけ の試着。

     20200515犬服13630


     20200515犬服13632


今回使用したリブ生地が張りがあると言うか、弾力性に長けているから
裾周りのリブもシャキッとした感じになっている。
100%ではないけれど、それなりに満足感を感じている。
やっぱり、リブ生地の質にもよるのかなぁ?




関連記事
スポンサーサイト



2020/06/16 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit