FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

佐倉の参拝散歩  《 田町愛宕神社 》  (2020年5月11日) 

5月11日  

個人的な連休初日。


実家の妹から誘われて神奈川県の箱根神社に行って参拝し、
御朱印を拝受してから、御朱印の魅力にハマり早や2年半。
御朱印拝受が主たる目的になってしまってはいますが
拝殿の前で二礼二拍して参拝して一礼一拍すると言う行為が
習慣のように身に付いてしまうと、新型コロナウイルス騒動で外出自粛の中、
時を空けて参拝しない状態が続くと、何か物足りないと言うか、
乾燥した日々を過ごしてしまっているような気がして正直、残念感に浸ってしまいます。

別に信仰心が深いわけでもないし、神頼りの日々を送っているわけでもない。
単純に拝殿の前で手を合わせることによって、自分自身を律しているのかもしれないし
単純に神社で御参りするのが好きなだけかもしれない。

べつに御朱印目的じゃないし、メジャーな神社で無くても良い。
自宅から徒歩圏内、あくまでも散歩の延長で参拝出来る神社。
最近は何日かおきに、そんな神社を参拝しています。

と、言うわけで.........


この日も夕刻に散歩に出かけます。

     20200511愛宕神社01



自宅から、佐倉高校前を通って、京成佐倉駅方面へと向かいます。

     20200511愛宕神社02


     20200511愛宕神社03


     20200511愛宕神社04


     20200511愛宕神社05


     20200511愛宕神社06


     20200511愛宕神社07



今回向かったのは田町愛宕神社。

     20200511愛宕神社08



田町愛宕神社は、佐倉市田町に鎮座する神社です。

佐倉城内 田町門側に位置しており、とりわけ将軍家からの信頼が篤かった土井利勝公をはじめ歴代の武士により祀られたと伝えられており、幕府崩壊後の明治時代初めの廃仏毀釈や兵営建設などにより現在の場所に移転をされ、田町の氏神として祀られています。

御祭神は、火産霊命。



神社社頭。

     20200511愛宕神社09


一の鳥居に掲げられた神額。

     20200511愛宕神社10



参道。

     20200511愛宕神社11



手水舎。

     20200511愛宕神社12



二の鳥居。

     20200511愛宕神社13


鳥居の奥には拝殿。

     20200511愛宕神社14


境内の狛犬。

     20200511愛宕神社15


     20200511愛宕神社16



拝殿。

     20200511愛宕神社17


拝殿正面。

     20200511愛宕神社18



拝殿正面には、扁額の代わりに掲げられている絵馬。

     20200511愛宕神社19



別アングルからの拝殿。

     20200511愛宕神社20


     20200511愛宕神社21



そして、こちらが本殿。

     20200511愛宕神社22



拝殿に貼られた由緒書き。

     20200511愛宕神社23



拝殿の一部は社務所を兼ねているが、閉まっている。

     20200511愛宕神社24

普段は無人の神社で、鏑木町の麻賀多神社(佐倉の麻賀多神社と呼ばれています)の
兼務社の一つです。


びいすけ も参拝します。

     20200511愛宕神社25



境内社・天満宮。

     20200511愛宕神社26



境内社。

     20200511愛宕神社27



左が石仏群、右が境内社の稲荷神社。

     20200511愛宕神社28



近くには、こんな石塔もある。

     20200511愛宕神社29

明治記の遷座と言う割には、神仏習合の名残りも深そうです。


こちらの神社の例祭日は、佐倉の秋祭りと同じ日程。
例祭日にはきっと氏子さん達も集まり、賑やかなことでしょう。



関連記事
スポンサーサイト



2020/06/14 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit