FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

手作りに挑戦...............犬服作り その135作目 (2020年5月日) 

5月10日   

夜勤明けで、昼に帰って来たこの日。
午後からソファーの上で夜まで寝落ちしてしまい
逆に夜中になっても目がパッチリ。

先ほどまで、びいすけ の服を作っていたけれど
勢いはそのまま、この日2着目の犬服作りにチャレンジです。

犬服作り、その第135作目にチャレンジです。


今回は、こちらのスウェットシャツ(トレーナー)を
びいすけ のラグラン袖の服にリメイクいたします。

     20200510犬服13501



バサミで大胆に解体したら、各パーツの型紙を当てて部品取りをします。

先ずは、後ろ身頃。
型紙を当てて、チャコでマーキング。

     20200510犬服13502

チャコのマーキングに合わせて裁断します。



続いて前身頃。
同じように、型紙を当ててチャコでマーキング。

     20200510犬服13503

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


さらには、両袖用の生地取り。

同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。

     20200510犬服13504

チャコのマーキングに合わせて裁断します。



各パーツの生地取り完了。

     20200510犬服13505


こちらが、後ろ身頃。

     20200510犬服13506



前身頃と両袖用の生地。

     20200510犬服13507



それでは、ミシン作業に入りましょう。

先ずは、後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて身頃を作ります。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13508



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13509



続いて袖作り。
袖用の生地の両端を縫い合わせて、筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13510



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13511



筒状にした両袖を身頃に縫い付けます。
マチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13512


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13513



身頃に両袖を縫い付けたら、形はほぼ出来上がり。

     20200510犬服13514


びいすけ の仮試着。

     20200510犬服13515
      20200510犬服13516

どうやら、問題は無さそうです。




では、リブ作りに入りましょう。


今回、リブ生地は『NIKE』の文字色に合わせて
紺色のリブを使いましょう。

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法18.5cm だから
    リブ寸法は16.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法11cm だから
    リブ寸法は10cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33.5cm だから
    リブ寸法は30cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200510犬服13517



カットしたリブ生地の両端を縫い合わせて輪っかを作ります。

     20200510犬服13518



輪っかも出来上がり。

     20200510犬服13519



そうしたら、リブ付けです。
輪っか状のリブを縫い付けていきます。

先ずは、襟首から。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13520



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13521



続いて、両袖口。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13522



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13523



さらには、裾回りにリブを縫い付けます。
リブ生地を伸ばし気味に引っ張りながらマチ針で仮固定。
リブ生地を引っ張りながら直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13524


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13525


最後に裾回りのリブの浮き上がり防止用に
表面から裾回りのリブの周りを直線縫いでぐるっとひと回り。

     20200510犬服13526




これでミシン掛けも終了。

     20200510犬服13527

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200510犬服13528


     20200510犬服13529


     20200510犬服13530



さっそく、びいすけ に試着してもらいましょう。

     20200510犬服13531


     20200510犬服13532


     20200510犬服13533



細かいことを言えばキリがないから
敢えて言うのはよそう。
まあ、画像で見る限りは見た目も悪くないから
これは良しといたしましょう。



関連記事
スポンサーサイト



2020/06/13 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit