FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

手作りに挑戦...............犬服作り その132作目 (2020年5月4日) 

5月4日

個人的な連休2日目。

新型コロナウイルスの拡散防止の非常事態宣言が発令されて
不要不急の外出を自粛が求められる昨今。
自宅にいても特にする事はないので、最近は犬服作りを復活しました。
2年半ぐらい前までは、結構マメに作ってはいたのですが
最近は、トンとご無沙汰していました。
多分、このコロナ騒ぎが無ければ、犬服作りは忘れていた事でしょう。

この日、2着目の犬服作り。
犬服作り、その第132作目のチャレンジです。

今回は、こちらのTシャツをリメイクして
びいすけ のラグラン袖の服に仕上げましょう。

     20200504犬服132コンバース01



ハサミで大胆に解体して、各パーツの生地取りをします。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当てて、チャコでマーキング。

     20200504犬服132コンバース02

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。
同じように、型紙を当ててチャコでマーキング。

     20200504犬服132コンバース03

チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。



さらには、両袖用の生地も同じように裁断します。

     20200504犬服132コンバース04



各パーツの裁断完了。

     20200504犬服132コンバース05



こちらが後ろ身頃。

     20200504犬服132コンバース06



前身頃と両袖。

     20200504犬服132コンバース07



各パーツの生地取りも済んだから、ミシン作業に取り掛かります。


先ずは、後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて身頃にします。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース08



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース09



今度は、袖用の生地の両端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース10



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース11



出来上がった筒状の両袖を身頃に縫い付けます。


マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース12



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース13



身頃に両袖を縫い付けたら、ほぼ形は完成。

     20200504犬服132コンバース14



確認のため、びいすけ の仮試着。

     20200504犬服132コンバース15


     20200504犬服132コンバース16

特に問題は無さそうです。



続いては、リブ作り。


今回は、同系色のリブ生地を使用してみます。

     20200504犬服132コンバース17

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法17cm だから
    リブ寸法は15.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10.5cm だから
    リブ寸法は9.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法31cm だから
    リブ寸法は28cmに採寸して裁断(カット)しました。



カットしたリブ生地の両端を縫い合わせて輪っかを作ります。

     20200504犬服132コンバース18


輪っかも完成。

     20200504犬服132コンバース19



出来上がった輪っか状のリブを縫い付けていきます。

先ずは、襟首のリブ付けから。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース20



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース21



続いて、両袖口のリブ付け。

同じようにマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース22

ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。



さらには、裾回りのリブも縫い付けます。
リブ生地を伸ばすように引っ張りながらマチ針で仮固定。
そしてリブ生地を引っ張りながら直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース23



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース24

 

最後に表面から、裾周りのリブの浮き上がり防止として
裾周りのリブに沿って直線縫いでぐるっとひと回り縫い付けます。



これでミシン掛けも完了。

     20200504犬服132コンバース25

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200504犬服132コンバース26


     20200504犬服132コンバース27


     20200504犬服132コンバース28



びいすけ の試着。

     20200504犬服132コンバース29


     20200504犬服132コンバース30


     20200504犬服132コンバース31

今回は、裾周りのリブも上手く処理が出来たようで
キュッと締まった仕上がりになっているような気がします。

ただ、リブを敢えて同系色にしたのですが
出来上がりが単調な感じがする。
むしろ、『CONVERSE』の文字と同色の黄色いリブにしたら
また違った感じに仕上がったんじゃないだろうか?
リメイクだと1点モノになって、やり直しが効かないから
センスが問われて難しいですね。




関連記事
スポンサーサイト



2020/06/10 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit