FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

手作りに挑戦...............犬服作り その133作目 (2020年5月7日) 

5月7日   

個人的な連休初日。

新型コロナウイルスの拡散防止の非常事態宣言が発令され
5月6日までの予定が延長され、5月31日までとなりました。

どうやら当分の間、不要不急の外出を自粛しなければならないようです。

『ならば、この機会に!』と、しばらくご無沙汰だった犬服作りに
ここ10日ほど、没頭しております。

その犬服作り、第133作目にチャレンジです。


今回は、こちらのスウェットシャツ(簡単に言えばトレーナー)をリメイクして
びいすけ のラグラン袖の服に仕上げましょう。

     20200507犬服13301


ラシャバサミで大胆に解体して、生地取りをします。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当てて、チャコでマーキング。

     20200507犬服13302

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。
同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。

     20200507犬服13303

チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。



さらに、両袖用の生地も同じように型紙を当てて
チャコでマーキングします。

     20200507犬服13304

そして、チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。


各パーツの裁断完了。

     20200507犬服13305


こちらが、後ろ身頃。

     20200507犬服13306


前身頃と両袖用の生地。

     20200507犬服13307



生地取りが済んだら、ミシン作業に取り掛かります。


先ずは、後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて身頃にします。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200507犬服13308



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200507犬服13309



続いて、両袖作り。

袖用に裁断した生地の両端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200507犬服13310



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200507犬服13311



筒状になった両袖を身頃に縫い合わせマス。

直線縫いでカタカタカタ。

     20200507犬服13312



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200507犬服13313



両袖を身頃に縫い合わせたら、ほぼ形は完成。

     20200507犬服13314



確認のため、びいすけ に仮試着をして貰います。

     20200507犬服13315


     20200507犬服13316

問題は無さそうです。


それでは先に進みましょう。
続いて、リブ作り。


今回、リブはコントラストを配慮して白色を選んでみました。

     20200507犬服13317

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法16cm だから
    リブ寸法は14.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33cm だから
    リブ寸法は30cmに採寸して裁断(カット)しました。



カットしたリブ生地の両端を縫い合わせて輪っかを作ります。

     20200507犬服13318


輪っかも出来上がりました。

     20200507犬服13319



出来上がった輪っかを身頃に縫い付けます。

先ずは襟首から。
輪っかをマチ針で仮固定したら、直接縫いでカタカタカタ。

     20200507犬服13320


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200507犬服13321


続いて両袖口のリブ付け。
襟首と同じようにマチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

     20200507犬服13322


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200507犬服13323


さらに続いて、裾回りのリブ付け。

輪っか状のリブを引っ張りながらマチ針で仮固定。
そして、リブ生地を引っ張りながら伸ばすような感じで直線縫いでカタカタカタ。

     20200507犬服13324



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200507犬服13325

裾回りのリブの浮き上がり防止策として、
表面から裾回りのリブの周囲をぐるっと直線縫いでひとまわり。


これにてミシン作業完了。

     20200507犬服13326

すなわち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200507犬服13327


     20200507犬服13328


     20200507犬服13329



びいすけ の試着。

     20200507犬服13330


     20200507犬服13331


     20200507犬服13332

画面では問題無さそうに見えますが
やはり、裾周りのリブの処理が上手く出来ていない。
相変わらず、リブがヨレているんだよなぁ。

裾周りのリブ付け、やっぱり難しい...............。





関連記事
スポンサーサイト



2020/06/11 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit