FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

手作りに挑戦...............犬服作り その130作目 (2020年05月02日) 

5月2日  

世の中は、GW真っ最中の5月2日。
ただ、今年のGWは外出自粛、小池都知事の言葉を借りれば、『STAY HOME WEEK』。

前日の8:30から今朝の8:30間での24時間拘束の夜勤明け。
10時半過ぎに自宅に帰ってきました。

約30時間近い留守番をしていた びいすけ を散歩に連れ出し
散歩から帰ってくれば、すぐさまご飯を与えて.........

やっと落ち着きます。


しかし、外出自粛中。
こんな時は、 びいすけ の犬服を作りましょう。


今回は、こちらのシャツをリメイクして、
びいすけ のラグラン袖の服を作りましょう。

     20200502犬服13001



ラシャバサミで大胆に解体したら、
型紙を当ててチャコでマーキングします。

先ずは、後ろ身頃から。

     20200502犬服13002

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。

     20200502犬服13003

同じように、型紙を当ててチャコでマーキング。
そのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



さらには、両袖用の生地を同じように裁断します。

     20200502犬服13004



各パーツの裁断完了。

     20200502犬服13005



こちらが後ろ身頃。

     20200502犬服13006



前身頃と両袖。

     20200502犬服13007



それでは、ミシン作業に取り掛かりましょう。
先ずは、後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて、身頃にします。


マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13008


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200502犬服13009


続いて、袖を作ります。
袖用の生地の両端を縫い合わせて筒状にします。

直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13010


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200502犬服13011



出来上がった筒状の袖を身頃に縫い付けます。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13012



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200502犬服13013



とりあえず、各パーツの縫い付け完了。

     20200502犬服13014

これで、一応形は出来上がりました。


確認のため、びいすけ の仮試着。

     20200502犬服13015


     20200502犬服13016

特には問題がないようです。



では、リブ作りに入りましょう。
今回、リブ生地は無難なグレーにしましょう。


リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法15.5cm だから
    リブ寸法は14cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法32cm だから
    リブ寸法は29cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200502犬服13017



カットしたリブ生地の両端を縫い付けて輪っかを作ります。

     20200502犬服13018


輪っかも出来上がりました。

     20200502犬服13019


それでは、リブ付けです。
出来上がった輪っかを縫い付けましょう。

先ずは、襟首から。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13020


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200502犬服13021


続いて、両袖口のリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13022


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200502犬服13023



さらには、裾回りのリブ付け。
輪っか状のリブ生地を引っ張って伸ばしながらマチ針で仮固定。
リブ生地を引っ張りながら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13024


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200502犬服13025



最後に裾回りのリブの浮き上がり防止。
表面から裾回りのリブに沿って周りを直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13026



これで、ミシン掛け完了。

     20200502犬服13027

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200502犬服13028


     20200502犬服13029

裾回りのリブがヨレヨレヨレ。
やっぱり、裾回りのリブ付けは難しい。


     20200502犬服13030


びいすけ の試着です。

     20200502犬服13031


     20200502犬服13032


     20200502犬服13033
 

見た感じ問題は無さそうですが、
やっぱり裾回りのリブの処理が上手く出来ていない。
納得のいく出来上がりではない。
裾回りのリブ付け、リブ処理。
これは永遠の課題なのかなぁ...............?




関連記事
スポンサーサイト



2020/06/07 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit