FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り  《 園福寺 》 (2020年3月27日)(千葉県四街道市) 

3月27日

この日は、公休日。
今井神社への参拝の帰り道、四街道の園福寺に立ち寄ってみました。

園福寺は、四街道市物井にある寺院です。

長谷寺を総本山とする真言宗豊山派の寺院です。
ます。

山号を霊嶽山、院号を雲獄院と称し、正式名称を『霊嶽山雲獄院圓福寺』。
室町時代に創建されたと考えられております。
本尊には大日如来をお祀りし、真言密教相承の寺として今日に至っています。



この先が園福寺。

     20200327円福寺01



昨今の新型コロナウイルス騒ぎによる自粛ムードの中で、
『火渡り祭り』が中止になったようです。

     20200327円福寺02

円福寺の火渡り祭りは、伝統行事として伝わり、
荒行の火渡り儀式が例年は、3月最後の日曜日13時から行われています。
残念ながら、今年は前述の理由で中止となってしまいました。

住職と導師が火を渡った後、信徒や一般の人が無病息災を祈って渡ります。
渡る者は、護摩壇前の塩で足を清めた後、護摩壇に上がって、進み、
檀を降りたら、もう一箇所の塩で足を冷やして、祭壇に拝礼して終わると言う行事です。



園福寺の門前。

     20200327円福寺03



山門。

     20200327円福寺04


     20200327円福寺05


     20200327円福寺06



山門の左側には十二神将が建ち並ぶ。

     20200327円福寺09


     20200327円福寺10



こちらが本堂のようです。

     20200327円福寺11

一般的な寺院の本堂とはちょっと雰囲気が違う。


離れと言うか、建物がつながっている。

     20200327円福寺07



そして、その一部が鐘楼となっている。

     20200327円福寺08



簡素な手水鉢。

     20200327円福寺12



山門前には板碑が建ち並ぶ。

     20200327円福寺13



交響墓

     20200327円福寺14


     20200327円福寺15

交響墓は、共同の納骨墓地で、
本堂に隣接して建立されている多宝塔の地下に納骨室を設け、
各個の専用棚にお骨を安置する方式の永代供養墓の事らしい。



こちらにも小さなお堂(大師堂)。

     20200327円福寺23



子安観音像。

     20200327円福寺16



墓地前に建ち並ぶ六地蔵。

     20200327円福寺17



六地蔵の脇に一つの石碑。
境内には「南小発祥の碑」があり、明治政府の奨励する学校教育の一環として、学校制度を導入し物井学校として円福寺に置かれたことを示しています。今の南小学校の前身として今日迄その歴史を刻むこととなります。

     20200327円福寺18

よく見ると、『南小学校発祥の地』と記されている。


昭和60年に建立された碑。

     20200327円福寺19


昭和2年まで、この地に小学校が在ったようです。

     20200327円福寺20


『四街道市立南小学校』でググってみると、
南小学校のHPがヒットしました。
南小学校のHPの沿革によれば...............

明治6年    物井村円福寺を仮校舎として発足(物井小学校と称す)
明治21年   物井尋常小学校と改称(学区は物井,亀崎,長岡,栗山)
明治41年   千代田南尋常小学校と改称(3学級)
昭和2年   現在地前に校舎新築移転
昭和22年   学制改革により、千代田町立南小学校と改称する。
昭和30年   町村合併により四街道町立南小学校と改称
昭和56年   市制施行により四街道市立南小学校と改称
    
と言う沿革を経て、現在に至っているようです。     
    
         

隣には一部の碑文が読み取れない碑も建っている。

     20200327円福寺21

学校と言う2文字が何とか判読出来る。
学校関連の碑になるんでしょうね。


境内には土塁跡らしき土壇もあり、城址っぽくも見える。

     20200327円福寺22


     



こちらが、園福寺の御朱印。

     20200327円福寺24

御朱印対応の歴史も浅く、平成31年の1月より頒布されるようになったそうです。




関連記事
スポンサーサイト



2020/05/02 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit