FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

夷隅神社   (2020年3月7日)(千葉県夷隅郡) 

3月7日

この日は、大多喜町に行ってきました。

大多喜城址をあとにして、向かった先は...............夷隅神社。


夷隅神社は、大多喜町新丁に鎮座する神社です。

早創は明らかになっていませんが、長久2年(1041年)に再建し天正15年(1587年)に正木大膳亮が再築したと言われています。
 
 その後、天正18年』1590年に本多忠勝が大多喜城に入城、城下町を整備するなかで、祇園院大円寺から牛頭(ごず)天皇を勧進し、牛頭天王社を奉斎したのが始まりです。
 
その後代々大多喜城主に崇敬・加護されてきたという歴史をもつ由緒ある神社です。


御祭神は、素戔嗚尊(すさのおのみこと)
     稲田姫命(いなだひめのみこと)
     大己貴命(おおなむちのみこと) 。



神社社頭。

     20200307夷隅神社01



参道口の狛犬。

     20200307夷隅神社02


     20200307夷隅神社03



社殿に向けて長い石畳の参道が続いています。

     20200307夷隅神社04



参道の神橋。

     20200307夷隅神社06



写真を撮り忘れましたが、神橋の下には水路があり
こんな説明板も立てられています。

     20200307夷隅神社05



手水舎。

     20200307夷隅神社07



定番の龍の吐出口。

     20200307夷隅神社08



参道のニの鳥居。

     20200307夷隅神社09



拝殿。

     20200307夷隅神社10



拝殿正面。

     20200307夷隅神社11


     20200307夷隅神社12


     20200307夷隅神社13



拝殿天井。

     20200307夷隅神社14



別アングルからの拝殿。

     20200307夷隅神社15


     20200307夷隅神16



そして、こちらが本殿。

     20200307夷隅神社17



びいすけ も参拝します。


     20200307夷隅神社23


拝殿前の由緒書き。

     20200307夷隅神社24



境内社・子安大明神。

     20200307夷隅神社18


     20200307夷隅神社19



諏訪神社。

     20200307夷隅神社20



板碑。

     20200307夷隅神社21



忠魂碑。

     20200307夷隅神社22

忠魂碑が在ると言う事は、この場所が古き大多喜町のランドマークでもあったんですね。



御輿庫。

     20200307夷隅神社25



こちらが社務所。

     20200307夷隅神社26


どうやら、普段は無人の神社のようで、
残念ながら、御朱印の対応は行われていないようです。




関連記事
スポンサーサイト



2020/04/19 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit