FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

権現滝    (2020年3月1日)(千葉県東金市) 

3月1日

この日は、毎月恒例の月詣。
富里市の富里香取神社から東金市の東金日吉神社へと
参拝に出かけました。


東金市の八鶴湖から東金日吉神社に通じる
参道を山王坂と言うらしい。
いつもは、表参道の社頭脇の駐車場に車を停めて
参拝後、そのまま駐車場から帰ってしまいますが
今日は山王坂を歩いてみましょう。

     20200301権現滝01



道幅が狭くなり、石段の坂道となり車輌は侵入禁止。

     20200301権現滝02



その山王坂の切り通しに小さな滝がありました。

     20200301権現滝03


ほとんど知れ渡っていないその滝は
『権現滝』と言うようです。

     20200301権現滝04


     20200301権現滝05


水量は少なく、干ばつ期には枯れ滝になってしまうのでは?

     20200301権現滝06


そんな感じの滝です。

     20200301権現滝07



権現滝の先はS字の切り通し。

     20200301権現滝08



切り通しの上方から下方を眺めてみます。

     20200301権現滝09


この道は、家康が鷹狩りと称し江戸から船橋御殿。
そして船橋御殿から東金御殿までの御成街道を造った時に出来た道らしい。
(東金日吉神社が八鶴湖近くから現在地に遷座した際に造られたと言う説もある。)

     20200301権現滝10



そして、S字の切り通しの先に、『道陸神』が鎮座しています。

     20200301権現滝11


     20200301権現滝12

古来よりこの神様は道路の悪霊を防ぎ、
道行く人の安全を願って祀られたとされています。


この『道陸神』の近くにあるから、権現滝と呼ばれたのか?
またまた、八鶴湖から日吉神社へ向かう参道の途中にあるから
権現滝と呼ばれたのでしょうか?

いずれにしても、小さな発見。
そして、余り知れ渡っていない滝をみつけた
小さな喜びの瞬間を感じたひと時でした。




関連記事
スポンサーサイト



2020/04/15 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit