FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............宝田愛宕神社     (2020年2月24日)(千葉県成田市) 

2月24日   

この日は成田市に出かけました。
と言うのも、昨年の10月に訪れた成田市の埴生神社で
毎年2月24日に成田市の宝田愛宕神社で祭礼があり
その日に限り、御朱印を頒布されているという話を聞きました。

ならば、いかなくては!と、この日に公休を取り
訪れたのは................宝田愛宕神社。


宝田愛宕神社は、成田市宝田に鎮座する神社です。


元亀元年(1570年)山城国愛宕神社を奉還し創建したとされ、
社殿が建立されたのは、文禄三年(1594年)との事です。

火伏せの神様として昔から信仰を集め、

第二次世界大戦の空襲による火災が
この神社のお札が貼ってある家の前で鎮火したとの言い伝えがあり、
この神社の祭礼には遠くからも参詣客が訪れるという事です。

また、この地区では祭礼の日(2月24日)は、
一日中『お酒を飲まない、おさけを出さない』という風習があります。
江戸時代初期、隣村の押畑村と土地を巡って争論のあったとき、
愛宕神社に酒断ちをして祈願したことから、この風習が生まれたとされています。


御祭神は、火結神(ホムスビノカミ)。



神社には駐車場は無いので、公民館前の路上の
臨時の仮設駐車場に車を停め、徒歩で神社へと向かいます。

神社の近くには、この日のための幟が立てられている。

     20200224宝田愛宕神社01



この道の奥の台地頂部に愛宕神社は鎮座しています。

     20200224宝田愛宕神社02



お祭りの屋台も数軒、軒を連ねている。

     20200224宝田愛宕神社03



台地へと上っていく参道の途中に建つ石碑。

     20200224宝田愛宕神社04

「戰役記念碑」です。


こちらは手水舎。

     20200224宝田愛宕神社05

既に幾人かの参拝者が訪れています。



鳥居の先には石段。
そして、その石段を上がった先に社殿が鎮座しています。

     20200224宝田愛宕神社06



こちらが拝殿。

     20200224宝田愛宕神社07



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200224宝田愛宕神社08



別アングルからの拝殿。

     20200224宝田愛宕神社10


     20200224宝田愛宕神社11



拝殿正面に飾られた提灯。

     20200224宝田愛宕神社14




御祈祷を依頼される方も多く、氏子さんも対応に追われている。

     20200224宝田愛宕神社12


     20200224宝田愛宕神社13


     20200224宝田愛宕神社09



台地頂部の境内はそんなに広くは無い。
御祈祷に来られる方も多く、犬連れではそんなに長居は出来ない。

     20200224宝田愛宕神社15



びいすけ も邪魔にならないように参拝。

     20200224宝田愛宕神社16



普段は無人の神社。
この日は本務社の埴生神社から宮司さんも来られ
授与所にも氏子さんが集まって対応されています。

     20200224宝田愛宕神社17

御朱印は、こちらで頒布されています。



いただいた御朱印で記念写真。

     20200224宝田愛宕神社18


     20200224宝田愛宕神社19



邪魔になっても申し訳ないので、
台地頂部の境内から一旦離れましょう。



麓の民家の庭先には、梅の花が満開。

     20200224宝田愛宕神社20

春ですねぇ〜。






こちらが、宝田愛宕神社の御朱印。
書体の違いの2種類の中から選べますが
折角だから、両方を頂く事にしました。

     20200224宝田愛宕神社21


     20200224宝田愛宕神社22

年に一度きり頒布される貴重な御朱印。
無事、授与する事が出来ました。


関連記事
スポンサーサイト



2020/04/11 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit